健康

手の乾燥にクリームを塗ると痛い時の改善法と繰り返さない為の予防

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

行く場所によってはものすごく乾燥する地域もあるわけなんですが、そんな時に乾燥対策ってすごく大事です。

 

で、しばらくは、
元美容部員&健康アドバイザーとして、いろんな乾燥の対策を少しづつまとめていこうと思います。

 

今回は、
クリームを塗ると痛いくらい手の乾燥がひどい人

クリームがしみたりかゆみが出る人もいますが、
こうなった場合の改善法。

そして、来年も繰り返さない!(これが一番大事)ための予防についてまとめました。

 

スポンサーリンク

手の乾燥にクリームを塗ると痛いのはなぜ ?

手先が乾燥した時、手にクリームを塗る人って多いと思います。
手が乾燥してカサカサしたら、クリームを塗って乾燥した肌に油分を与えて落ち着かせる・・・
ほとんどの人はこれでなんとかなっていると思います。

 

ところが、手が乾燥した時クリームを塗ったら、よけい痛くなってしまう人もいるんです。

 

それは、乾燥して手の皮膚が炎症を起こしてしまっている場合。
荒れているとクリームに配合されている成分が刺激になることもあります。

 

配合されている香料や着色料だったり、防腐剤に反応する場合も。
健康な状態の皮膚ならなんともなくても、
弱っている皮膚には刺激となりかゆみや痛みを招くこともあります。

また、ハンドクリームによく配合されている「尿酸」が刺激になる場合もあります。

尿酸には硬くこわばった皮膚を剥がれ落ちやすくする役目もあります。
皮膚の代謝がうまく行われず、古い角質がたまって硬くなっている時にはいいかもしれませんが、
皮膚のバリア機能が弱っている時にさらに皮膚をはがしてしまうと逆効果です。

 

手の乾燥の改善法

すでにクリームを塗ると痛みがでたりかゆくなったりしてしまう状態を少しでも改善するためには、

できる限り外的刺激を防ぐのがまず第一。

 

洗剤、シャンプー、消毒液などを直接触れないようにゴム手袋を使用するといいです。

 

そして同時に保湿

刺激の少ない成分が配合されたものを使用するといいです。

スポンサーリンク

 

おすすめは、ワセリン+ゴム手袋+お湯

ワセリンを薄く塗った手にゴム手袋をはめてお湯にしばらく浸けておきます。

ワセリン自体は保湿するものではなく、塗ったものの表面に油分の膜を張り、”保護”するものです。
ゴム手袋で濡れないようにしてお湯で温めて血行をよくしていきます。
(ゴム手袋はあまり厚手のものだとお湯の温かさも感じられないので、適度な厚さのものを選んでください。)

乾燥は手先の血行不良によるものでもあります。
温めて本来のバリア機能を取り戻せるようにするといいですよ。

 

手の乾燥を繰り返さない為の予防

本来なら、そこまで手の乾燥がひどくなる前に対策をしておくのが一番なんですよね。

そもそも、手の乾燥にクリームを塗るのは、あくまでも”その場しのぎ”にすぎません。
”乾燥しやすい手”が治ったわけではなく、クリームによって誤魔化されてるとも言えるんです。

 

一番は、元から乾燥しにくい手にすること

 

主婦は水仕事で手が乾燥しやすいとか、
手先をよく使う仕事をしているから乾燥しやすいとか

色々自分の手の乾燥の理由・原因はあると思います。

 

でも、同じ環境下でも全員が全員同じように乾燥してますか?
そして、もし全員乾燥していたとしても、程度の”差”があるんじゃないでしょうか?

 

乾燥や刺激などに対する反応の違いは、
普段の生活習慣を整えることで変わっていきます。

  • きちんと質の良い睡眠をとり
  • 適度な運動を心がけ
  • 量に注目するのではなく質・バランスに気を付けた食事をとること。

そうした生活習慣でしっかりと中から整えていく事が大事です。

逆に言えば、不規則な生活習慣をしながら、その場しのぎの対策ばかり続けても、
年と共に体の機能はさらに衰えてその場しのぎがどんどん通用しなくなってきます。

 

 

かといって、いきなり全部完璧にやろうとするのもストレスになってしまうので、
できる範囲からはじめて、徐々に変えていくことです。

いつもより1時間早く寝るようにしたり、
添加物や砂糖の多い食べ物を減らす・・などなど。
できることから始めてみてください♪

 

まとめ

クリームを塗っても痛いほど乾燥がひどくなったら、できる限り血行をよくして本来のバリア機能を少しでも回復させられるように努めてみてください。

-健康
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.