美容

手の乾燥にクリームが痛いのは傷になってるから!正しいケアと予防

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

行く場所によってはものすごく乾燥する地域もあるわけなんですが、そんな時に乾燥対策ってすごく大事です。

元美容部員&健康アドバイザーとしても、
いろんな乾燥の対策を備忘録的に少しづつまとめています。

乾燥がひどくなってくると、
手にクリームを塗ってもしみて痛い人もいると思います。
手が乾燥して不快だからクリームを塗ったのに、かえって痛みが出たらもう何をすればいいのか・・・
泣きたくなる人もいると思います。

でも大丈夫です。
手の乾燥でクリームを塗ってみて痛い人も、対応の仕方を間違ってしまっただけかもしれません。

きちんとしたケアと予防をしていけばクリームで痛くなることもなく、手の乾燥も和らいできますので安心してくださいね。

なぜ乾燥した手にうりーむを塗ると痛いのか、そんな時のケアの仕方と繰り返さない為の予防をまとめました。

スポンサーリンク

手の乾燥にクリームを塗ると痛いのはなぜ ?

なぜ手の乾燥にクリームを塗ると痛い場合があるのでしょうか?

ほとんどの場合、手の乾燥はクリームで落ち着きますが
あまりにひどくなり炎症や傷になってしまっている場合は、クリームを塗るとしみて痛いことがあります。

傷といってもひび割れや赤切れのように
目に見えて切れてるとわかりやすいものだけでなく、細か〜い傷になっているものもあります。

ハンドクリームの注意書きを見てみてください。

「傷口や粘膜には使用しないでください」

小さくてもすでに傷ができていたらクリーム使用は控える事。

 

 

そして、クリームに配合されている成分が刺激になることもあります。

配合されている香料や着色料だったり、防腐剤に反応する場合も。
健康な状態の皮膚ならなんともなくても、
弱っている皮膚には刺激となりかゆみや痛みを招くこともあります。

 

また、ハンドクリームによく配合されている「尿素」が刺激になる場合もあります。

尿素には硬くこわばった皮膚を剥がれ落ちやすくする役目もあります。
皮膚の代謝がうまく行われず、古い角質がたまって硬くなっている時にはいいかもしれませんが、
皮膚のバリア機能が弱っている時にさらに皮膚をはがしてしまうと逆効果ですよね。

 

クリームを手に塗ってしみて痛かったりする場合は使用をやめてください。
痛みやかゆみは肌からの黄色信号の合図です。

 

手の乾燥より傷を落ち着かせるケアが先

すでにクリームを塗ると痛みがでたりかゆくなったりしてしまう状態を少しでも改善するためには、
できる限り外的刺激を防ぐのがまず第一。

スポンサーリンク

合成洗剤は荒れやすいので、洗剤、シャンプーには自然素材のものを使うか手袋をつかうといいです。
できる限り濡らさないようにするのがいいですね。

 

それから市販のワセリンを積極的に活用しましょう。

ワセリンは保湿用ではなく、表面をおおって保護する役割のものです。
お風呂上りや手を洗った後、すぐに塗ることで自らの手の潤いを逃げないようにします。

これで自分自身の手の潤いを閉じ込めておけますし、外からの刺激を受けにくいようにして
自分の治癒力で傷口を落ち着かせやすくなります。

手の乾燥を繰り返さないための予防習慣とは?

ひどい乾燥からの傷が落ち着いてきたら、その後は繰り返さないようにします。
乾燥しない時期でも行い、習慣づけます。

 

ハンドクリームは手の乾燥がひどくなる前に、予防でこまめに塗っていきましょう。

特に乾燥しやすい人は、手が水で濡れた後は必ずハンドクリームを塗ること。
このひと手間が大事です。

 

そして、顔に化粧水とクリームを塗るように、手にも水分を補給してからクリームをぬると良いです。
クリームは保湿より表面を覆う”保護”の役割なので、きちんと保湿を心がけましょう。

 

ただ、いくら保湿を心がけても手の乾燥がひどい人は手の”保湿力”自体が弱っているので、
化粧水+クリームで保護をし続けても一時的に過ぎません。
潤いをとどめておけないんですね。

こうした保湿力は整った生活習慣の積み重ねで回復していきます。

質の良い睡眠をとり、
適度な運動を心がけ、
量に注目するのではなく質・バランスに気を付けた食事をとること。

そうした生活習慣でしっかりと中から整えていく事が大事です。

逆に言えば、不規則な生活習慣をしながら、その場しのぎの対策ばかり続けても、
年と共に体の機能はさらに衰えてその場しのぎは通用しなくなってきます。

《こんな生活習慣があったら要注意》

  • 夜更かしをする
  • 甘いものやお菓子をよく食べている
  • インスタント食品やコンビニ弁当をよく食べる
  • コーヒーやジュースをお茶や水の代わりに飲む
  • あまり体を動かすことが少ない
  • 汗をかくような運動をしない
  • ストレスがあってもうまく発散できていない

 

クリームで保護しながらも、普段の生活を見なおしてみてください。

まとめ

手の乾燥に効く特効薬や高価なクリームももちろんいいですが、自分自身の保湿力をキープする努力が一番です。

「年のせいだ」「体質だ」と諦めずにやってみてください。

スポンサーリンク

-美容
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.