美容

肌の乾燥は雑なクレンジングのせいかも。正しい方法で今度こそ美肌に!

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

 

昔は脂性肌だったのに、最近じゃ乾燥の方が気になるようになってきました・・・。

肌の乾燥の原因というと色々あると思いますが、その1つにクレンジングのやり方の間違いがあると思います。

クレンジングのやり方が間違い、というより
クレンジングのやり方が雑、って場合も。

メイクをしたらクレンジングできちんと汚れを落とさなければ、
その汚れが毛穴に詰まってニキビやブツブツ、かゆみの原因になります。

今回、クレンジングの種類ごとに注意すべきポイントをまとめました。
高価で良いクレンジング剤に頼る前に、今一度自分のクレンジングの方法を見直してみましょう。

スポンサーリンク

肌が乾燥するのはクレンジングのやり方が雑なのかも

間違ったクレンジングの方法で、肌の乾燥を起こしている場合もあります。
クレンジングの正しい方法を知って、肌の乾燥を軽減させてみましょう。

肌が乾燥している時のクレンジングは、

  • できるだけ摩擦による刺激を少なくする
  • 潤いを落としすぎないようにする
ことがポイントです。

クレンジングの種類は色々あり、
オイルクレンジング、リキッドクレンジング、ジェルクレンジング、クリームクレンジング、ミルククレンジング等です。

一般的に洗浄力の強さは

オイル>リキッド>ジェル>クリーム>ミルク

の順です。

 

肌が乾燥している時は、クリームやミルクがおすすめ。
しっかりめのメイクや落ちにくいメイクをしている場合は洗浄力のあるオイルやリキッドでないと肌に汚れが残りやすくなります。

そしてどのクレンジング剤を使ってもクレンジング方法に注意が必要です。
正しいクレンジングの仕方をしないと、かえってニキビなどの肌荒れを招くことになってしまいます。

ここで1度、正しいクレンジングの方法を覚えてみてください。

 

肌が乾燥している時のミルククレンジングの使い方

洗浄力は弱いけれど、余分な皮脂も奪いすぎず必要以上に潤いを奪いません。
肌が乾燥している時にはミルククレンジングがやりやすくておすすめです。

 

基本のミルククレンジングの方法

①ミルクタイプのクレンジングを手にとって、額・両頬・鼻・あご
の5点におきます。

②力を入れすぎないように手でミルククレンジングを顔全体にのばしていきます。
指の腹でクルクルと円を描くように内側から外側に向かってのばします。
このとき決して力を入れないように。

③メイクとなじむとミルククレンジングの感触が軽くなります。

④最後に水で洗い流すか、ふき取り化粧水などをたっぷり含ませたコットンで優しくふき取ります。

 

ミルククレンジングのポイント

クレンジングで汚れを落としきれていないと
汚れが毛穴に残って酸化し、小鼻や頬のあたりに角栓が溜まりやすくなります。

ミルククレンジングは洗浄力が弱いぶん、
しっかりメイクだと汚れが落ちきらなかったり、汚れを落とそうと強く擦って刺激になりやすかったりします。

 

ミルククレンジングで特に注意すべき点は2つ。

  • 摩擦による刺激
  • 肌に汚れが残りやすい

摩擦を少なくするために、ミルククレンジングの量はケチらずたっぷり使うこと!
この量は本当に重要です。
少なすぎると肌に伸ばす時に指の摩擦刺激を受けやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

そして、摩擦による刺激を少なくするためにこすらないように丁寧にクレンジングすること。
・・・とはいっても意外とぐりぐり肌を強く動かしてしまっていることが多いようです。
顔の肌は極力動かさず、クレンジングをしながら肌のマッサージをしないようにすること。

 

もう一つ。洗浄力が弱い分、肌に汚れが残りやすいのでポイントメイクは先に落としておくのも良い手です。

ティントリップや落ちにくい口紅など、"簡単に落ちないメイク"も出てきました。
化粧直しが少なくて済むような"便利"なものは、落とす時は落ちにくくて厄介です。
良い加減なクレンジングをしていると肌にメイク汚れが残り、肌荒れの原因になってきます。

しっかりめのメイクや落ちにくい口紅やマスカラなどをしている場合、
ミルククレンジングを使う前にポイントメイクだけ「ポイントメイクリムーバー」などで落としておきます。

後でミルククレンジングを使用するので、この段階できっちり落とす必要はありません。

 

肌が乾燥している時のオイルクレンジングの使い方

基本のオイルクレンジングの方法

①オイルクレンジングを手に取り、顔全体に広げます。
500円玉大くらいが目安。

②力を入れずメイクとよくなじませます。

③すぐに洗い流さず、まずはオイルを乳化させます。
手を軽く濡らし、オイルと水をなじませて白いミルク状にします。
それを顔につけて肌のオイルが白いミルク状に変わったら、普通にぬるま湯で洗い流します。

 

 

乳化させることでオイルが落ちやすくなり、洗い残しや落とすときの摩擦刺激を少なくできます。

  • メイクとなじませた後、オイルを乳化させる

がポイントです。

 

肌が乾燥しにくいオイルクレンジングの選び方

一般的にオイルクレンジングは洗浄力が高く、必要な皮脂も奪うので肌の乾燥を招きやすいです。
ただ、洗浄成分によっては肌の潤いを必要以上に奪いません。

 

ドラッグストアなどで目にするオイルクレンジングは、「ミネラルオイル」を使ったものが主流です。
洗浄力も高く、一番「メイクがすっきり落ちた」という感覚を味わいやすいクレンジング料です。

このミネラルオイルは石油からできているもので、洗浄力が強く、さらに元々の皮脂も奪いやすいんです。
ミルクやクリームタイプのクレンジング料と比べると特に、クレンジング後に肌がつっぱったように感じることも多いですね。

 

油性のメイクは、同じ油性のオイルクレンジングで落とすのが一番なんです。

特に人の皮脂成分「油脂」を主成分にしているものならきちんと汚れを落としながらも必要以上に皮脂を奪いません。

油脂は「オリーブオイル」「アルガンオイル」「コメヌカ油」「馬油」「トウモロコシ胚芽油」

などです。

これらの油脂が、成分表示の最初の方に表示されているものを選びましょう。
成分表示は、その成分の割合の多い順に表示されています。
一番目か二番目くらいに油脂が表示されているものがおすすめ。
それより先に「ミネラルオイル」の表示がきているものは、「ミネラルオイルを主成分」にしているので除外します。

 

まとめ

私は石垣島で生活し始めてから、水の違いから今までのクレンジング方法ができなくなり、クレンジングの方法を見直しました。

毛穴汚れがしっかり取りやすい気がして元々オイルクレンジングを使っていましたが、
(私が使っている油脂が主成分のオイルクレンジング→「アルガンオイルクレンジングを使ってみた感想」)
硬水寄りの水では洗浄成分が落ち切らないため、水を使わないクレンジング方法に変えました。

今はミルククレンジングを拭き取りしています。
クレンジング方法を変えたことで石垣島に来て人生最大の肌荒れからやっと解放されました。

大事なのはクレンジング選びもですが、選んだクレンジング剤に合った"正しく丁寧な使い方"ですね。

スポンサーリンク

-美容
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.