健康

風邪のひきはじめの治し方5選 

更新日:

珍しくテレビをつけてみたら、ちょうど「林修の今でしょ!」で、名医もやってる風邪の治し方をやっていました。
気になったので見ていたら、もう早速毎日の生活の中で「今から」でも役立つことがいっぱいでした。

今いる石垣島でも急に寒くなってきたので、これから風邪をひきそうなとき・ひきはじめのときにでもすぐ試せるようにと書き残しておきます。

そして、テレビでは説明のなかった部分も文字だけで記述してみると補足がいるところもあったので、
テレビでは説明されていなかった補足部分や私の体験も※部分に書いておきました。

風邪のひきはじめにする治し方

「名医もやっている」というのがポイント高いですよね。
医者もやってるんだから、間違いないだろう!
テレビでは5位から順に紹介してましたが、ここでは逆順になってます。
でもまあ、全部やればOK。(*´ω`)

1.温めたバナナを食べる

温めたバナナは確かに体に良いって言いますね。
焼きバナナとか一時期流行りましたもんね。
なぜ温めたバナナなのかは以下。

バナナに含まれるフィトケミカルは、温めると体の免疫力をアップさせるサポートになるから。

 

※フィトケミカルとは、
「野菜・果物・豆類・イモ類・海藻・お茶など植物性食品の色素や香り、灰汁などの成分から発見された化学物質」のこと。
免疫力のアップにも良いのではないかと期待されている。
現在はまだ研究中。

 

【バナナの温め方】
バナナの皮をむいて耐熱皿にのせる
電子レンジ600Wで30〜40秒加熱する

さらに効果アップさせるなら
ホットヨーグルトと一緒に温めたバナナを摂ると◎
免疫力アップのカギを握るのは腸内環境でもあるので、ホットヨーグルトで腸内環境をサポート。

 

2.ハッカ飴を舐めながらお風呂に入る

なぜハッカ飴??と思ったら、
ハッカ飴に入っている"メントール"が、咳止めやうがい薬にも使われているものなので、
鼻づまりや喉がイガイガするときにちょうど良いそう。

"お風呂に入りながら"というのがポイント。
喉の奥にある"線毛"という部分は、乾燥してくると菌や微生物をしっかりつかまえられなくなります。

 

※線毛は鼻の中に入ってきた菌や微生物を鼻の奥に運んでいます。
そして健康な状態の時は鼻の中は粘液によって適度に湿気を含み、粘膜へ流れてくる血液によって温められています。
健康な状態の時、鼻の中は適度に温められて湿り気を含んだ空気をのどに送れるようになっています。
風邪などで体調を崩し、”体本来の働きが弱る”とその状態を保てなくなってくるんですね。

 

でもお風呂に入っている時は湯気で乾燥しにくくなります。
なので、お風呂から出たら"すぐに"寝る!
これが大事。
また乾燥しないうちに、湯冷めしてせっかくあげた体温を下げないうちに、さっさと寝る!

ちなみに・・お風呂上がりで汗をかいている時は、汗が蒸発して体を冷やさないようタオルを敷くといいそうですよ。

 

3.おかゆに青ネギを入れて食べる

ネギの青い部分にはアリシンという成分が含まれています。
この成分が風邪菌をやっつけるのに良い。

 

※アリシンとはニンニク由来の強ーい抗菌・抗カビ作用をもつ化合物。
菌をやっつける、という部分においてだけでなく疲労回復や血行促進おいても風邪のときのサポートになりそう。
ちなみに源氏物語にもアリシンを多く含む”ニンニク”が風邪症状の薬として使われていた記述が残っています。

 

4.自分の体格に合わせて漢方薬を飲む

漢方薬は、自分に合うものをきちんと選んで確認することで、この「自分に合うものを見つける」のが1番大事。

《風邪のひきはじめに選びたい体格別の4つの漢方薬》

がっちり体型麻黄湯(まおうとう)【製品番号27番】
中肉中背~ちょいがっちり体型葛根湯(かっこんとう)【製品番号1番】
中肉中背~ちょい細め麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)【製品番号127番】
お年寄り桂枝湯(けいしとう)【製品番号45番】

上記から自分の体格に合った漢方薬を選んで飲むといいです。
麻黄湯・麻黄附子細辛湯・桂枝湯には麻黄が入っている為、心臓がドキドキする作用がある。
他には副作用として、食用がなくなる・ムカムカする・血圧が上がる・・など。
副作用が心配な時は、1番弱い桂枝湯から試すと良い。

ちなみに市販の西洋薬は「風邪だとわかったら飲む」
漢方薬は「風邪かもしれないって状態で飲む」

西洋医学は基本、病気や疾病に"なった後"対処するものです。

 

※この時コメントしてた医師の方が「漢方薬にも当然副作用あります。」って答えてましたが、
アドバイザーの頃、「漢方薬にも副作用ありますよ。」と話すと毎回「えぇっっ?!」と声が上がりました。
なぜか「漢方薬は薬草だから、自然のものだし、副作用は無い」って思うらしいです。
自然の植物も身を守るために毒を持ちます。
その毒が人間に良くない作用をすることもあります。
すると今度は決まって
「化学薬品よりは副作用は弱いでしょ?」と聞かれますが、漢方薬だって効果が強いものなら、副作用も強いです。
猛毒を持つ植物もいっぱいありますし、毒と薬は紙一重です。
その点では”化学薬品"よりは"ってのは無いですよね。
・・・それに、現在の大半の漢方薬は薬草を煎じたものではなくなっています。

5.20分ウォーキングする

ウォーキングすることで体温を上げ、免疫細胞活性化→風邪を撃退

「風邪を引きそうだから・・」と動かずじっとしているよりも、筋トレやストレッチなどでもいいので体を動かして熱を上げる。

 

一瞬、「え?!風邪ひいてもウォーキング?!」と思いましたが
これは「風邪のひきはじめ」にやることでした。(;'∀')
風邪のひきはじめは熱を上げて菌を弱らせて風邪を長引かせず「本格的に風邪をひく前にさっさと治す」

名医がポイントをズバッと言ってくれてました。

『大事なのは熱を上げること。
下げたらダメ。
熱を下げるようなことをするともっとひどくなる。
ひどくなったら病院に行った方が良い』

 

はい。(*´ω`)
病院は「なってから」行くところ。
風邪になる前は自前の免疫力で、これ以上風邪を悪化させないようにさっさと治しちゃいましょう♪

まとめ

5つのポイントを見ても、お風呂でハッカ飴と漢方薬以外は普段からもやっておいた方が断然良さそうですね。

風邪をひきそうな秋冬にかけて、普段から免疫力を維持しておきたいところです(/ω\)

私は”予防医療”を広める立場にいたので、ちょっと違う視点からもテレビを見てました。
西洋医学のように病気になってから治す、という考え方ではなく、病気にならないように生活する(普段から予防する)というのが”予防”ですね。
当たり前といえば当たり前なのに、広めようとすれば広めようとするほど、「なってから対処」の意識が深く深~く根付いていてどの地域でも悩まされました。
テレビで健康系の番組をやっていても、若い人で熱心に見てる人はあまりいなかったですしね・・。
今は年配の方よりも若い人の方が年齢に比べて免疫力も落ちている人が多く、「今から」が大事なのに・・(>_<)

でも、風邪なら若い人でも”自分にも関係あること”として興味を持ちやすいし、テレビを見た人も多いかも・・と思いました。
人気の林修先生のテレビだしね!(笑)

ダイエットなんてわざわざ意識しなくても良くなるし、アレルギーやアトピー、冷え性だって悩む人も減ると思うのになあ。
風邪でもダイエットでも、入り口はなんでもいいから、もっと体に関心を、健康に関心を持つ人が増えると良いな・・。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

こんにちは! 旅生活中のkasumiです。 沖縄にプチ移住している間に私が行ってみたヘルシーランチのお店をまとめました。 野菜もちゃんと摂れて、健康に良く、からだに優しいランチが味わえる(*´ω`) ...

2

私の今回のプチ移住生活先の神戸はカフェ天国でした♪ おしゃれな洋館のカフェから、アパートの1室にひっそりあるような落ち着く隠れ家カフェまでよりどりみどり♪ そんなおしゃれカフェの中で、特に私が気に入っ ...

-健康

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.