沖縄

沖縄の移動手段をすべて比較してまとめました

更新日:

沖縄を旅行する際、特に初めての場合迷うのが移動手段。
鉄道のない沖縄では、レンタカー、路線バス、タクシーの移動手段がありますが、どれが1番便利なのか迷うところでもあります。

それぞれの移動手段のメリットとデメリットをまとめてみました。
沖縄(本島)旅行時の参考になれば♪( ´▽`)

スポンサーリンク

沖縄での移動手段

沖縄旅行が初めての人が口にするのは「意外と広かった。」ってこと。
沖縄本島の面積は1201平方㎞。
北から南までの長さは135㎞。
と、言われてもピンとこないですが、135㎞というと東京から軽井沢くらいの距離。

沖縄の移動手段にレンタカーを選ぶ場合

沖縄へ旅行にくるほとんどの人が選ぶのが、レンタカーでの移動じゃないでしょうか。
車社会と言われる沖縄では、地元民の車の所有率が高いです。

沖縄には鉄道もなく、那覇の一部にしかモノレールはないので、他の場所へ行こうと思ったら長距離移動が多くなります。
そんなとき頼りになるのが車!
那覇空港に着いたらすぐ、レンタカー会社の無料送迎もあるので利用しやすいです。

レンタカー移動のメリット

レンタカーで移動するときは、あっちこっち寄り道しながら欲張りな旅がしやすいところがメリット。
沖縄は県全体が観光地なので、歴史スポットや景勝地、テーマパークがあちこちにあります。
それだけでなく、地元の人にも人気のおしゃれなカフェやこだわりのパン屋もいっぱいで行かなきゃ損!
お土産をいっぱい買ってもレンタカーのトランクに入れればいいから、楽々移動できちゃいます。

他の人に気兼ねしなくてもいいところもメリットです。
運転の話ではなく。
レンタカー車内は自分(達)の空間なので、バスの他の乗客に配慮したりしなくても大丈夫。
疲れて眠たい時にしゃべりかけてくるタクシーの運転手さん(笑)に遭遇することもないですし。(眠らせてー)
私はドライブが好きなので、旅先でもレンタカーで遊びに行きます。
沖縄は海沿いの道をドライブするのが最高に気持ちいいですよ!
勤めてた時は毎日車通勤でしたし、休みの日もドライブするのが好きでした。
10年以上ゴールド免許維持してます( ̄^ ̄)ゞ

レンタカー移動のデメリット

デメリットは、「駐車場」問題と、「渋滞」ですね。

特に国際通り付近では駐車場を探すのに苦労します。
あと、港川外人住宅街に行った時も駐車場が少なくて混雑していました。
ゴールデンウィークから夏休みまでのオンシーズンは駐車場はどこも混雑するので早めの行動が吉です。

渋滞は通勤・帰宅時間帯になると那覇付近からずーっと続きます。
車社会&観光客のレンタカーと、車の交通量が多いのと、メインとなる通りがそんなにたくさんないのも原因かなと思われます。
夕方、北部の名護まで移動しようと思ったら58号線の渋滞は避けて通れません。
または朝の名護から那覇までも同様。
旅行者は皆空港目指して進みますが、渋滞に巻き込まれて飛行機を逃す人もたまーにいるそうです。

あと、レンタカーの1番のデメリットは「交通事故」
全国まわってきた私でも、沖縄の道路を走るのは辟易しました。
特に那覇から中部あたりですね。
車線も多く、次々車線変更して前へ前へと進もうとする車は他地域に比べて多いです。
ウインカーも出さない。
自分はほんな荒っぽい運転をしなくても、巻き込まれることの方が怖いです。

「スピード出す車が多い」とは聞きましたが、それに関しては「そんなに早くはないんしゃない?」と思ってました。
が、制限速度が厳しいんですね。
内地と同じ感覚で走らない方が良さそうです。

米軍関係のYナンバーの車も荒っぽいことが多いですね。

旅行者の増える季節、交通事故件数も増えますのでご注意を。

スポンサーリンク

沖縄の移動手段に路線バスを選ぶ場合

レンタカーが人気といっても、ペーパードライバーで運転経験が浅い人には辛いところ。
そんな時は路線バスという移動手段もあります。
沖縄には鉄道がないぶん、路線バスが割と充実しています。
地元の人も利用していきますし、北部から南部までバスは通っているので(本数は少ないですが)バスだけで観光ももちろん可能。
ただ、沖縄ならではのバスの特徴(?)があるので、それだけ対策をしておくといいです。

路線バス移動のメリット

路線バス移動のメリットは、

「自分で運転しなくていい」ところ。

あちこち歩いて観光して、疲れても自分で運転してホテルまで帰らなくて済みます。
家族の誰かが運転するのであれば、運転手は一番辛いところですもんね。
(;´д`)
そして、車窓からの景色を思う存分楽しめます。
海沿いの道を走るときはキレイな海をずーっと眺めていられます。
運転中だとよそ見運転怖いですもんね。

地元の人も利用するので、ローカルな雰囲気も楽しめますよ。

路線バス移動のデメリット

路線バスで移動するときのデメリットは、「自分で調べる手間」
行き先近くのバス停名、乗車する路線名、バスの発車・到着時刻・・・etc
けっこう時間を使うし面倒臭いんですよね。
(こういうことが好きな人にとってはこの手間もメリットですね。羨ましい・・)
あと、路線バス内は飲食禁止なので、買ったものを食べる事はできないです。

行きたい場所の近くにバス停がないときは、歩く距離が長くなるのも大変。
行きたいスポット周辺にバス停がないこともあります。
歩き疲れて夜にぐったりしないように、事前に調べてルートも調整しておいた方が良いです。
(他は歩き回らないように行くスポットを絞るなど。)

お土産を買うと移動の時荷物が重いのも路線バス移動のデメリット。
琉球ガラスややちむんと呼ばれる器をお土産に買うときは持って帰れる重さにとどめます。

私は沖縄本島に住んだときはほぼ路線バスを利用していました。

 

沖縄の移動手段にタクシーを選ぶ場合

全行程をタクシーにしなくても、一部だけ利用かおすすめです。
那覇から北部までタクシーで移動するとなると、いくら初乗り料金の安い沖縄でも乗車料はすごいことになります。

タクシー移動のメリット

タクシー移動のメリットは、やっぱり「楽」なこと。
運転もお任せだし、道順調べや時刻表を見てどの路線に乗るか確認もしなくていい。
しかも、お土産をたくさん買ってもタクシーのトランクに積んでもらえて目的地まで一緒に運んでもらえます。

運転手さんからおすすめのお店や観光ポイントも聴けちゃいます。
ガイドブックには載っていないお店もあるかもしれないですよ。
(ただし、タクシーの運転手さんは地元のガイドブックなど見ないかもしれないので「ガイドブックにのってない店」と聞いてもうまくいかないことが多いです(・・;)
地元の人ならではの沖縄の生活を聞いてみても面白いです。

タクシー移動のデメリット

楽なぶん、「料金が高い」
お値段がデメリットですね。
とはいえ、沖縄のタクシーは内地に比べて割安。
初乗りも550円です。※2017年11月
1人で乗ると割高だけど、3人、4人旅なら割安です。
複数人での利用時におすすめ!

全行程をタクシーにしなくても、一部のルートだけ利用したりすると便利です。
●お土産をいっぱい買ったあとホテル・空港までの帰りに乗る
●夜飲みに出かけて、帰りはホテルまでタクシーで帰る。
(飲酒運転できないので、これはやむを得ないですね。)

内地よりも料金が安いので気楽に利用できちゃうのが嬉しいです。

まとめ

それぞれのメリットやデメリットがあります。
自分の旅行スタイルに合わせて選んでみてください。

スポンサーリンク

-沖縄
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.