TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

https://kasumi0-0.com

生活

【メルカリの売り方】売れないものを最速&高値で売る3つの方法

更新日:

  • 「メルカリに出品したけどちっとも売れない。どうやったら売れるの?」
  • 「なるべく高値で早く買い手をつけるには何を見直せばいい?」
と、メルカリでの売り方に悩んでる方!
メルカリで売れやすくするポイントをお話しします。

 

こんにちは。kasumiです。
旅生活にシフトする時に私も自宅のものをメルカリで売りまくりました。
長くても1週間ほどでぜんぶ売切れましたよ。

今現在の情報は見つけられなかったけど、メルカリは2018年11月にひと月の利用者が1,100万人を超えてたそうです。でも、毎日たくさん出品されるから、工夫しないと"その他大勢"に埋もれて全然売れなくなっちゃいます。

私は出品も購入もしてますが、いち利用者として日頃感じてた「メルカリで売れない品」を売れやすくする方法をまとめてます。

今回はレディース服を例にして話してますが、他のカテゴリーのものでも同じ要領でいけます。

 

スポンサーリンク

メルカリの売り方で大事なこと

メルカリで早く売りたい時に大事なことは、

  • 買い手に余計な手間をかけさせないこと
  • トップ画像に手をかけること

です。

何度も質問をしなきゃいけないような情報量だと、「そこまでしても欲しいもの」でなければ即購入には至りにくいです。だって新品じゃないしね。

そしてまったく見ず知らずの人と金銭のやり取りが発生するので、ちょっとでも疑問を感じたりしたらこれまた「即購入」には至らない。

それに私は、質問がきてその都度答える手間が面倒なので(;'∀')あまり後から質問されないように、の対策でもあります。(自分のため~(;´▽`A``

 

それから、最初の画像で目立たせること。

”その他大勢”に埋もれちゃ、スタート時点で失敗しちゃってるんです。
そこから挽回するのはけっこう大変です。

 

そんなわけで、”メルカリで売れない理由”を元に見直すポイントを書きました。

すでに出品しちゃったけど売れないってものは、「いいね!」がついてないなら一度削除して新たに出品してみて下さい。

 

1.メルカリで売れないのは情報量が足りないから

最初に書いた通り、情報量の少ないものは売れにくいです。

買い手が質問しなくて良いように、必要な情報は全部載せちゃいます。

「いいな」とは思うけれどちょっと気になることがある場合、その情報が載っていなかったらわざわざ質問しないといけないんですよね。
でも、コメントで聞くのはちょっと面倒。

 

私もメルカリで気になるブラウスを見つけたとき、コメントのやり取りが煩わしかったことがあります。

気になるブラウス発見(*'▽')!

(;´д`)「でも全体像が写ってなくてわからない&サイト画像を転用してるけど実物の写真がない~」

…(-_-;)「どうしても欲しいわけじゃないから、コメントでお願いするのもなあ~。。」

しばらく放置。(そのまま忘れるものもある)

(;´∀`)「やっぱり気になるからコメントしてみようかな。」

『全体像が分からないので、実物写真もあればそれで送ってください』とコメント。
→出品者から実物写真の全体像が届く・・・

(;゚Д゚)「思ったより丈が短い!(最初の写真じゃ写ってないし全然わかんない)」

(;´д`)「手持ちの服の丈と比べないと、着た時どんな感じかわからないなぁ・・」
→今度はまたコメント欄で「着丈を教えてください」と質問。

 

このやりとり、お互いにとってすごく手間なんですよね。

こんなやりとりしている間に、面倒になってきて買いたい気持ちがなくなっちゃう人もいます。

コメントで最後に「検討してみます」とあってそのまま購入されない人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

最初からブラウスの全体画像・実物画像もつけていたら、着丈も記されていたら・・?

自分で丈を測って着た時のイメージができます。
手持ちの服と合うかも考えられます。

「これいいな。」と思った人に、自分が着たときのイメージをさせることができれば、購入率も上がりやすいです

今回の私みたいに質問してまで購入を考える人って多くないんですよね。
私も質問しないまま放置して忘れてることもあります。

だからこそあらかじめ、”買いたい人が欲しい情報”は、書いておいたほうがいいんです。

それじゃ具体的にどんな情報をかくといいか、下に並べました。

服を例に書いてみてます。

 

サイズ、着丈、身幅など

着た時のイメージをしやすいように、サイズ表記は細かくあった方が良いです。

例えばスカート丈がわかれば、実際に手持ちのものと比べてみてはいた時のイメージもしやすいですよね。
モデルさん着用画像を載せてる人もいます。
これ、色違い画像を載せちゃうのは要注意なんですが(後述します)、着た時のイメージをしやすいです。

半端な長さの袖の服なら、袖の長さを知りたい人もいるかもしれない。
「下に着るものの袖がはみ出ないようにしたい。」人とか。

着丈や身幅はどこで測るのかは、検索すると出てくるので調べてみてください。

 

素材

素材までは気にしない人もいるけれど、これで判断する人もたまにいます。

でも、そんな「たまにいる人」のためにも書いておくといいです。
”買い手になりそうな人”はできるだけ多い方が購入率アップします。

「レーヨンが入ってるしちょっと光沢あるかも。」
「シワになりにくい素材だな~」

とか。

私も素材は気になります。

 

洗濯表示

実は私、服を買う時洗濯表示は毎回見てます。

ドライクリーニングに出すとなると結構面倒なので、手洗いできるのかどうかを見てます。

これも気にしない人は気にしないけれど、気にする人は欲しい情報。

 

着用回数

汚れ等がなくても、何回ぐらい着たのかなどを目安にしている人もいます。

特に古着は写真だけじゃ判断しにくいので、着用回数は結構重要です。

あまりにたくさん着たものは書かなくてもいいかもしれませんが(というか覚えてないかもしれませんが)ほつれや毛羽立ち等がある場合は、そういった状態も書いておくと良いです。

 

タイトルに入れる言葉は工夫する

行事やイベントで着用するような服の場合は、「入学式」や「(結婚式の) 二次会」などタイトル欄に入れておきます。
すると、そういう服を探している人が「入学式」などの語句で検索してヒットします。

他にも例えばタンクトップやキャミソールでカップ付きのものを探している人は「カップ付き」をキーワードに入れて探します。

 

たまに見かけるのが、タイトル部分に「ロングスカート」とか「ニット 白」とだけ書いてあるもの。

素っ気ない!

そしてカテゴリー欄の表示とかぶってる!

情報は重複しない方がいいです。
(ブランド名は別。)

 

ハッシュタグをつけるときは注意

出品したブランドに類似のテイストのブランド名を#(ハッシュタグ)をつけて商品説明欄に入れる方法も見かけます。

検索される回数が増えるので、多くの人の目に留まりやすくなります。

 

ただ、あまり関係ないブランド名まで入れたり、#(ハッシュタグ)をつけすぎると出品者個人の悪印象にもつながるので注意。

取引以外でも印象も良い出品者なら、他の出品物にも興味を持って見てもらえるかもしれません。

長期的に売れやすいです。

 

スポンサーリンク

2.メルカリで売れないのは"見栄えがしない"から

メルカリのアプリを開くと、出品されたものの画像がずらっと並んでますよね。
写真と値段しか表示されてません。

だいたい皆、その中から「いいな」と思ったものをクリックしてます。
だから写真が魅力的でなければ、既にその時点で詳細を読んでももらえないんです。

 

たまに人気ブランドの新品同様の服が格安になってたりするんですけど、「いいね」もついてないことあります。
(別の出品者のものは即売れてるのに。)

でも、写真が残念すぎるので、納得。
写真が薄暗くて(どうやって撮影したんだろ)背景もカーテンの柄が邪魔でごちゃごちゃしてる。

魅せ方がもったいない・・・。
けっこうそういうものあります。

 

魅せ方に工夫がないと、まず最初の興味すら持ってもらえないんです。

ここからはまず最初の興味を引く売れる商品画像の取り方を紹介します。

 

背景をすっきりさせる。

私がやっているのは壁にピンをさしてそこにハンガーをかけて服を撮る方法。
もしくは白い布を置いた上で撮影したり床に平置きして撮影しています。

 

カーテンレールにハンガーをかけてカーテンをバックに撮影したものも見かけますが、ちょっと商品が見にくいですね。

商品と背景のコントラストがハッキリしていると見やすいです。

例えば白いシャツなら白い壁をバックにせず、フローリングの床に平置きしたほうがわかりやすいですよね。
壁の色が白で無ければ、その場合は壁をバックにしてもいいかも。

 

着用イメージを載せるときは注意

着たときのイメージがしやすいので、着用画はありがたいです。
が、撮り方によってはすごく見づらくなってしまいます。

購入先の通販サイトの写真をあげている人もいるので、それに比べると見劣りします。

着用画の自撮り画像はけっこうハイレベル。

 

それよりは、小物をつけたりすると見てもらいやすいです。

例えばトップスには眼鏡やバックなどをつけて一緒に撮影します。

また、他の出品物と一緒にコーディネート例として撮影すると、目に留まりやすいです。

柄のある服は、その柄部分を拡大して撮影したものもつけるとわかりやすいですね。

 

通販サイトや雑誌掲載写真を載せるのは注意!

そして、ネット上の通販サイト等の写真を載せている人は要注意

色違いの写真をトップに載せると、絞りこみ検索でその色を探している人に見つけてもらえなくなったりします。

 

例えば白色のトップスを探している人は、絞りこみ検索でカラー「白」を選択して探します。

ところがトップ画像に色違いのものの写真を使ってしまうと、検索にヒットしにくくなるんです。
(機械なので完璧じゃなくて、たまに別の色の混ざってますけどね)

それに、「これいいなぁ」と思ってクリックして写真を数枚見た後に、実物の別の色の画像が出てくるとがっかり感が増します・・・。

 

ネット上の画像をつけるときは、自分で撮った実物画像も添付したほうがいいです。

タグ付きの新品ならまだ良いですが、そうでないなら「購入ボタン」を押すのにちょっと躊躇します。

「コメントして実物写真を添付してもらう」そのひと手間が購入のハードルを上げてるんです。

購入までに手間がかかればかかるほど売れなくなります。

 

3.メルカリで売れないのは"値段が釣り合ってない"から

メルカリアプリを開くとトップに出てくるのは「商品画像と値段」

その第一印象の商品の魅力と値段がつりあっていれば、詳細までクリックしてくれる人が増えます。

「これ、欲しかったやつ」と思っても、「この値段は高いよ!」と思えばクリックしないし、
逆に安ければ「え?なんでこんなに安いの?もしかしてけっこう傷んでるのかな。と詳細を見ます。

そこで思ったより状態も良かったら買ってもらえるかもしれないし、「状態が悪くてもこの値段なら」と思えば買う人もいます。

 

相場を確認する

値段のつけ方が相場に合ってないと見てもらいにくいです。

というわけで、相場を調べよう!

メルカリで出品するものを検索してみて、

  • どれくらいの値段がついているのか
  • どの価格帯のものが売れてるのか

状態の良さと値段を見ていきます。

『どの状態のものがいくらくらいで売れるのか?』を調べていって相場の感覚を掴みます!

╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

"出品時間”も重要。

最後に。

メルカリで出品するとき、その商品を買うであろう人・買いそうな層が見ない時間帯に出品していないでしょうか?

購入層が見そうな日にち・時間帯を狙って出品します。

 

出品時間を工夫する

次々と新しい品物が出品されていくので、あまり人が見ていない日にち・時間帯に出品すると売れる確率も下がってしまいます。

自分が出品するものを買いたい人はどんな人か?どんな層か?
主婦?サラリーマン?

それによって出品時間や日時を変えてみます。

 

  • 例えば、働き盛りのサラリーマン層が買ってくれるような品なら、朝の通勤時間帯にスマホを見ることを考えて通勤時間帯より少し早めに出品します。
  • 学生や若い独身女性なら?
    週末は家でネットを見て過ごす人も多いです。金曜日の夜や土曜日の午前中に出品。
  • 主婦なら平日の昼間。
    小さなお子さんのいるお母さんなら送り迎えが終わって午前中の家事を終えて一息つく昼前や午後早い時間帯。

 

など、どんな人が買いそうか?を考えると、どの時間帯に出品するといいのかが見えてきます。

 

追記:期限を決めて出品する

もうひとつ。

ものによっては私は期限を決めて出品しています。

タイトル欄と商品紹介欄に「いつまでの出品か」の期限を書いて期間限定の出品にしてしまうんです。

といっても、ふつうのときに期間限定にするのではなく、GWだとかお盆だとか世間でもSALEが開催されている時にあわせてやってみます。あまり頻繁にやると信用度も落ちるので。

購入者側は「いつでも買える」と思っていると「いいね」をつけたまま忘れて放置します。そして日にちが経つほど次々出品されるたくさんの商品の中に埋もれてしまい、ますます購入されるチャンスは減ってしまうんです。

なので期間限定にして、買えるチャンスのカウントダウンを意識させる。

期間を過ぎても売れない場合は、もちろん出品を削除します。そして次に出品するときは、売れなかった原因を考えて画像や説明文を変更してから出品します。前回より少し値下げしてみます。

すべての商品で期間限定はやりませんが、あまり売れにくそうなものはこの方法をとることもあります。

 

メルカリの売り方まとめ

商品を出品して目立たせて売る~

っていうのは、商売やってる人ならけっこう売りやすいと思います。

私も全然知らない土地に店たててチラシ作って0から集客して、3ヶ月くらいで数千万円売上上げて~というのをやってたので、要領としては同じ。

ものを売るのは規模の大きさこそ違えど、根っこの部分は変わらないです。

でもメルカリは誰でも気軽に参加できちゃうので、メルカリを通して物の売り方を学べそうだな~と思います。

アプリ1つでやり取りできちゃうなんて、いい時代になったな~(年寄り発言w)

スポンサーリンク

関連

-生活
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.