美容

日焼け止めだけでもクレンジングは必要?ウォータープルーフなら?

更新日:

こんにちは!旅生活中のkasumiです。

私は20代半ばくらいまでは常にフルメイクで過ごしてました。
今はたまにはメイクをせず、日焼け止めだけで過ごすこともあります。

 

で、以前疑問だったのが

日焼け止めだけでもクレンジングって必要なの??ってこと。

下地もファンデも塗ってないのにクレンジングまでしたら肌に負担になりそうだし
肌荒れのもとになるんじゃないかと心配だったんですよね。

 

同じような疑問を持っている人が多いと知り、

日焼け止めだけで過ごすときはクレンジングはどうしたらいいのか

 

についてまとめました。

 

※追記 クレンジング不要の日焼け止めファンデーションが最強かも

今はクレンジング不要で石けんで落とせるSPF50+PA++++
なんていうファンデーションもあります。
ノンケミカル処方なので敏感肌の人にも優しい。。
科学の進歩ってすごい(; ・`д・´)



 

 

日焼け止めだけの日もクレンジングは必要なのか?

日焼け止めだけでもクレンジングが必要なものもあるし、クレンジングは必要ないものもあります。

 

これは基本的には、日焼け止めのパッケージにクレンジングがいるかどうかが記載されているので
それを参考にするのがまず正解。

 

 

 

日焼け止めにクレンジングが必要かどうかは表示を見よう

ちょっとドラッグストアへ行って
日焼け止めのパッケージを見てみたのですが・・・

 

全部表記が違う(>_<)

 

 

例としていくつか挙げてみます。

 

スーパーウォータープルーフ
「落とすときは顔はメイク落としなどで身体は泡立てた全身洗浄料などでよく洗ってください」

 

スーパーウォータープルーフ
「落とすときは洗浄料で洗い流すこと」

 

ウォータープルーフタイプではありません
「いつもお使いの石鹸や洗顔料・全身洗浄料などで落とせます」

 

スプレータイプの日焼け止め
スーパーウォータープルーフ
「せっけんで落とせます」

 

子供用としても使える日焼け止め
ウォータープルーフ
「いつもの洗浄料・ボディウォッシュで落とせます」

 

同じメーカーのものでもSPF値で違ったり、ウォータープルーフかそうでないかでも違いました。

 

「せっけんで落とせます」「洗浄料、ボディウォッシュで落とせます」と書いてあるものなら
クレンジング料もいらないですね。

スポンサーリンク

 

日焼け止めクレンジング ウォータープルーフ

日焼け止めの表示をいくつか見てみて、気になったのが”ウォータープルーフかどうか”

ウォータープルーフの日焼け止めと言うと、落ちにくくて専用のクレンジング剤が必要なものもありました。
普通のメイク落としでも落ちないって相当強力だなと思った記憶があります。

 

絶対焼かない強力な日焼け止めで有名な
アネッサはどちらもウォータープルーフで

  • 金のアネッサは普通のメイク落としでも落ちにくいから専用のクレンジングが必要
  • 銀のアネッサは普通のメイク落としでも落ちる

と聞いたことがあります。

絶対焼けないということは相当落ちにくく、肌への密着度が高いということ。
落ちにくいから、落とすときもそれなりのものを使わないとダメなんですね・・。

ちなみにアネッサの日焼け止めは、
今は金も銀もウォータープルーフなのは変わらずですが、せっけんで落とせるようになってました。( ゚Д゚)!

どんどん進化してるなあ。
(でも私アリーの方が好きだ。)

 

”ウォータープルーフタイプのものは専用のクレンジングで落とすもの”と思ってましたが、
あっという間に進化して普通のクレンジング料で落とせるようになりましたね。

 

 

 

そして、ウォータープルーフタイプのものでも
せっけんで落ちたり、普通の洗浄料で落ちるってことは、それだけ落ちやすいってことで・・・。

つまりちゃんと日焼け止めの効果を発揮させるには
こまめな塗り直しが必須!
てことでもありますよね。

 

日焼け止めを使った時のクレンジングと洗顔方法

「専用クレンジング不要」と書いてあるものでもせっけんだけで洗顔した場合、
まだ”落ちきってない感じ”が残ってる時

そういう場合は肌の状態を見ながら
メイク落とし用のクレンジングを使ったりした方がいいみたい。

 

また、「専用クレンジング不要」という表記でも、
さらに上からフェイスパウダー(せっけんで落とせる)をのせた場合は、
日焼け止めとパウダーが混じって落ちにくくなります。

自分の肌状態を見ながら適度に調節してけばいいようですね。

 

 

日焼け止めの中でもクレンジング料で落とすものと石鹸や洗浄料で落とすものがあります。
どちらを使えばいいのか?

 

メイク落とし用のクレンジング料と石鹸などの洗浄料では
「落ちるもの」が違います。

 

  • メイク落とし用のクレンジングはメイク汚れなどの油汚れを落とすもの
  • 洗顔料は、肌の古くなった角層や肌表面のよごれ(皮脂、汗やほこりなど)を落とすもの

汚れの種類によって使うものも変わってくるんですね。

 

メイク落としを使用した方がいいと書いてあるならメイク落としを使用。
これはいつものでいいみたい。

せっけんや洗浄料を使用する場合は

  • しっかり泡立てて
  • 肌をこすらず
  • 泡を揺らすように洗う
  • お湯はぬるま湯で。

 

 

まとめ

ということで、日焼け止めのみ塗ってる場合でも
各日焼け止めの表示に従ってクレンジングをすればいい
ことがわかりました。

そして、ウォータープルーフタイプはやっぱり
落ちにくくなってはいるので
肌状態を見てメイク落とし用のクレンジングを加えてもよさそうですね。

スポンサーリンク

-美容
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.