健康

夏バテ防止の食べ物で必要な栄養素を加えたおすすめ食事内容

更新日:

こんにちは!kasumiです。

暑くなってくると対策しておきたいのが、夏バテの防止策!

暑いと食欲落ちてついつい冷たいものとか、のどごし良いあっさりしたものが食べたくなりますけど、そうやって楽な方、楽な方へと向かえば体はどんどん抵抗力を失います。

今回は、夏バテ防止にとるといい栄養素と、それを含む食べ物を使った食事を紹介します。

夏の暑さを乗り切って、元気な体を維持しよう!

スポンサーリンク

夏バテ防止するための食べ物

夏バテとは

夏の暑さからくる心身の不調ですね。暑気中り(しょきあたり)とも言います。
本来は夏の暑さで体が弱り、秋口に体調を崩したときのことを言います。
夏真っ盛りの時に体調を崩した時に”夏バテ”というのは誤り。

ただ、現代においては夏の暑さだけではなく、冷房と外気温との温度差で交感神経と副交感神経のバランスが崩れて自律神経が乱れることも問題になっています。
自律神経失調症からの症状は多岐にわたるので、予めならないように注意したいですね。

 

暑くて食欲が落ち、体を正常に働かせるのに必要な栄養素がとれていないことも不調に拍車がかかります。

暑いからといって、さっぱりしていてのどごしが良く冷たいものばかり食べていては、どんどん暑さに対する抵抗力もなくなっていきます。
夏バテを防止するために、日ごろから食事に気を配りましょう。

 

こんな食事をしてないですか??

こんな食事をしていたら要注意!
夏バテまっしぐらな危険な食生活です。
1つでも当てはまったら、早速今日から見直していきましょう。

  • お菓子をよく食べる
  • 朝から甘いものを食べる
  • インスタントや冷凍食品の食事が多い
  • 野菜はほとんど食べない
  • ペットボトル飲料やジュースばかり飲む
  • 冷たいものばかり口にする
  • お酒をよく飲む
  • 食事は揚げ物や脂っこいものが多い

 

夏バテ防止になる栄養素はなに?

では夏バテにならないようにするには、どんな栄養素が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

必要な栄養素と食べ物

たんぱく質

血液や筋肉などをつくる主な成分。
体の一部のたんぱく質の一部は、食べたたんぱく質とあわせて日々作り直されています。
体内で作ることができないものもあるため、毎日食べ物からたんぱく質を補給しないといけません。

  • 豆、豆製品
  • 乳、乳製品

 

 

ビタミンB1

ビタミンB1は炭水化物の代謝に必要です。
炭水化物からエネルギーのもとであるブドウ糖を作るときにビタミンB1が手助けします。
水溶性で体にためておけないので、日々意識して摂ること。

  • 玄米
  • うなぎ
  • いわし
  • かつお
  • 豚肉
  • レバー
  • 豆腐
  • 大豆
  • 納豆

ビタミンA

体の抵抗力を高めるためにも必要

  • うなぎ
  • レバー
  • かぼちゃ
  • ニンジン
  • 赤ピーマン
  • にら

ミネラル

汗と一緒に失われやすいのできちんと補給しておきましょう。
ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム

  • 海藻類
  • キノコ類

 

ちなみに上記は、夏バテ防止の時の栄養素。
夏バテになっちゃった後の疲労回復用とは少し違います。

3夏バテ防止できるおすすめの食事

夏バテ防止の食事は、上記の栄養素を含む食べ物を使って献立を考えればOKですね。

おすすめの食事メニュー

豚肉の冷しゃぶ温野菜サラダ

豚肉冷しゃぶに、人参・かぼちゃ・玉ねぎ・じゃがいもの蒸したものをのせて、ドレッシングで合える。
時間のない時は、野菜はレンジでチンすると早く加熱できます。
お好みでレタスを添えたりネギを散らしてもいいですね。

 

具だくさん味噌汁

豆腐にわかめ、しいたけ、玉ねぎ、人参、具を大きめに切ってボリュームを持たせればしっかりしたおかずになります。
主食が玄米ご飯なら、味噌汁だけでOK。

 

レバニラ

夏バテ防止の定番メニューですね。
卵を混ぜてもおいしいですよ。

まとめ

食事でしっかり夏バテ防止して、元気に過ごせるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

-健康
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.