【鎌倉ワンダーキッチン】まるで秘密基地!世界中の料理を味わえるカフェ

横浜・湘南
kasumi
kasumi

こんにちは!
ベンチャー企業の営業後、好きな街に住むノマドワーカーへ転向したkasumiです。

 

たまに鎌倉までサイクリングするのですが、今回は気になっていた隠れ家カフェの「WanderKitchen(ワンダーキッチン)」に行ってきました。

お店の雰囲気やランチメニュー等まとめてご紹介します。

鎌倉のワンダーキッチンへ行く前の参考にして下さい。

鎌倉のワンダーキッチンとは?

鎌倉にあるWanderKitchen(ワンダーキッチン)は、世界各国の料理が食べられる、隠れ家のような古民家カフェです。

アメリカやフランス、アフリカ、アジア、オーストラリア・・様々な国のメニューが並び、鎌倉に居ながら世界旅行をしている気分になれそう。

旅先の懐かしさを味わいたい時も、行ったことのない国の料理を食べてみたいという人も、是非行ってみて欲しいのです。

  • 店内フリーWiFiあり
  • クレジットカード利用可能

鎌倉のワンダーキッチンの場所・アクセス

鎌倉のワンダーキッチンへ行くには電車利用が便利です。

JR横須賀線、江ノ島電鉄「鎌倉駅」西口から徒歩3分。

住宅街の中にあり、道路沿いの小さな看板を目印に細い砂利道を進んでいくと、突き当りに秘密基地のような古民家が見えてきます。

通り沿いのブロック塀下にさりげなく看板アリ。

そのまま細い路地を突き当りまで進みましょう。

【鎌倉】ワンダーキッチンの雰囲気

ワンダーキッチンのお店は、築40年の民家を改装していて秘密基地のような雰囲気のカフェです。

1階は半屋外のオープンキッチンでテラス席とテーブル席が並びます。

1階の奥にはもう一つ、こじんまりとした部屋があります。

北欧っぽい模様の壁紙にアンティークのソファやテーブルなど、レトロなヨーロッパのインテリアでまとめられた部屋でした。

・・・・・ふと視線を下に移したら、ワンちゃんが寝ている・・!

奥の部屋の反対側へ進むと、お手洗いの向かいに2階へと続く階段があります。

狭くて傾斜が急な階段の壁面は、色もサイズもバラバラな廃材がパッチワークのように並べられていました。

二階は壁も床も天井もこげ茶色。

暗く塗りつぶされた室内から見ると、外の景色と赤色の柵のベランダが、より一層色鮮やかに映りますね。

そして・・・個人的にイチオシなのが、

 

この木馬!!

窓辺に置かれた木馬・・・

ノスタルジーな雰囲気。

 

なんか・・・好き(語彙力)

木馬が気に入りすぎて、iPhoneのアルバムが木馬だらけになりました。

さて、木馬をひとしきり撮影したところで、後ろを振り返ると、これまたいい感じに秘密基地感のあるテーブル席が並んでいます。

椅子やテーブルは、壁や床とのコントラストに負けない赤、青、緑・・の原色合わせ。

芝生みたいな色のラグにちゃぶ台とオレンジのクッションを合わせた”お座敷席”。

昭和っぽい!

視線を上に移すと・・・鹿’(⁈)の頭部の照明。

鹿の頭部が点灯してるの初めて見た・・・。

木馬や鹿の頭部の照明がメルヘンちっくなのだけれど、全体的に薄暗い部屋のせいか、ちょっと毒気をはらんだグリム童話のような”ダークファンタジー”っぽさを感じます。

鎌倉のワンダーキッチンでランチを頼んでみた

お目当てのランチは、どれにするか迷いました。

なにせ、世界中の料理が並んでいるのだもの。

結局、私が頼んだランチメニューは、「ケーンキャオワーンカイ」

(舌噛みそう)

甘くて辛いタイのグリーンカレーです。

タイ料理は、日本のように食べやすい薄味のものも多いのですが、辛×甘の刺激的な味付けのものあって、たまに食べたくなります。

香辛料の効いためちゃくちゃ辛いものに、たっぷり甘味を投入・・・“強い味のものにさらに強い味を重ねる“料理は、パンチが効いていてクセになります。

素材本来の味を引き出す和食は、「毎日食べたいホッとする味」なのですが、タイ料理は「たまに恋しくなる刺激的な味」なんですよね。

このグリーンカレーは、こってりクリーミーな薄緑色のカレーにタケノコ、マッシュルーム、鶏肉、上にはパクチーが乗っていました。

たっぷりココナッツが使われているからか、辛さは中和されて控えめ。

でもちゃんと”グリーンカレー”の辛みが感じられて、奥行きのある味わいです。

母親が以前口にしていた「辛くないグリーンカレーが良い」が、本当にあるとは・・・

当時は「グリーンカレーは基本辛いよ!」とか言って、ごめん母。

ここにあったよ。

【鎌倉】ワンダーキッチンのメニュー

カレー以外のワンダーキッチンのメニューをご紹介します。

食事のメニュー名横には、国名とどんな料理かの説明がありました。
・・・が、説明を読んでも想像できないものもあるので、直感で選ぶといいかもしれません。

私はこの日、1年前に訪れたばかりのタイ料理が懐かしくなって↑のタイのグリーンカレーを注文しました。

※メニューは私が訪れた際のメニュー表や口コミを参考にしています。変更等ある場合があります。

ランチメニュー

  • (アメリカ)ヨーグルトハニーローストチキン
  • (アメリカ)フライドチキンレッグ(丸鶏粉ロースト)
  • (ボリビア)シルパンチョ(パン粉と一緒にたたきのばした牛ステーキ)
  • (オーストラリア)オーストラリアンポークチョップ(にんにくのきいた甘味の強いケチャップでまぶしたポークソテー)
  • (アメリカ)ポークソテーレモンジンジャーハニーソース
  • (フランス)サーモンのムニエル
  • (アメリカ)ベーコンバルサミックチキン
  • (エジプト)ビーフコフタ(スパイス入り牛肉団子にヨーグルトソース、キノコ添え)
  • (タイ)ハニースリラチャチキン(ピリ辛チキン)
  • (南インド)チキンコリバタカレー(鶏手羽のココナッツカレー)
  • (インド)チキンカラヒ(トマトベースのチキンカレー)
  • (タイ)ケーンキャオワーンカイ(鶏肉のグリーンカレー)
  • (インド)キーマカレー(とりひき肉のカレー)
  • (カンボジア)とりとさつまいものカンボジアカレー
  • (タイ)ポークジンジャーレッドカレー(ゆで豚三枚肉入りしょうがたっぷりカレー)
  • (ウガンダ)カトーゴ(鶏肉・グリーンバナナ・ピーナッツや野菜のごった煮)
  • ビーフ ソス コンボ(おくらのソースにビーフ、玉ねぎ入り鶏肉とプラムの三段重ね)
  • (アフリカ)ア ロコ(焼いたバナナとたらのコーンフリット・トマトソース)

スイーツメニュー

  • アフォガート
  • ココナッツミルクチーズケーキ
  • チョコミントケーキ
  • キャロットケーキ

ドリンクメニュー

  • 珈琲
  • 紅茶
  • マテ茶
  • ルイボスティー
  • コーラ
  • マンゴージュース
  • ジンジャーエール
  • オレンジジュース
  • リンゴジュース
  • ハマイカ(メキシコのハイビスカスティー)

鎌倉ワンダーキッチンまとめ

秘密基地のような“おこもり感“ある店内の雰囲気が居心地良く、世界中の料理に刺激をもらえるカフェでした。

行ったことがない国の料理も気になります・・・。

鎌倉にいながら世界中の料理を味わえるなんて、これはまた来たくなりますね。

【WanderKitchen】
住所:鎌倉市御成町10‐15
電話:0467-61-4751
時間:12:00~20:00(L.o.19:30)
休み:年中無休

コメント