https://kasumi0-0.com

美容

夏に汗のベタつきが残る時の化粧直しや日焼け止めの塗り直し方

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

夏の暑い時期、汗をかくとメイクが崩れやすくなって困りますよね。
前回、前々回と、
汗をかいても「メイクを崩れにくくするスキンケア
崩れにくくするベースメイク」を紹介しました。

それでもやっぱり崩れてしまう時、化粧直しするしかないですよね。

私は元美容部員ですが、もちろん休憩時間や帰宅前に化粧直ししていました。

夏は汗をかくので、冬よりも化粧直しが必要です。

そこで今回は、汗で崩れた化粧直しのやり方についてまとめました。

汗でベタつく時でも化粧直ししやすい工夫や、
日焼け止めの塗り直し方もまとめています。

 

スポンサーリンク

夏の汗のベタつき を少なくする工夫

汗でベタついてると化粧直しもしづらいので、
ベタつきを少なくする工夫をしてみてください。

 

首元を冷やす

専用の首に巻く冷却タオルが売られていますが、
なければハンカチを水に濡らしたものでもOK。
首元を冷やすと首から上の汗がひきやすくなります。

 

ベビーパウダーで汗止め

朝のメイク時に髪の生え際にも
ベビーパウダーをポンポンとはたいておくと汗を吸収してくれます。
ファンデーション代わりにベビーパウダーで作るメイクも試してみてください。

 

生活習慣から見直す

本来なら体温調節のための汗はサラサラで、
ふけばべたつかないものです。
(詳しくはこちらの記事読んでみてください)

 

クーラーに慣れていたり、運動不足で汗腺の働きが弱っていると
ろ過機能が衰えベタベタ汗になりやすいです。
日頃から運動などで汗を流し、
代謝のいい生活を送るよう心がけると良いです。

 

夏の汗で崩れた時の化粧直しはどうやる?

化粧直しは、落とす⇒潤い補給⇒なじませる⇒塗る⇒パウダーで再度崩れ防止
の順番でやっていきます。

本当は、崩れる前にティッシュなどで
浮いてきた皮脂を押さえるなどして、こまめに直すのが一番です。
トイレ休憩の際にティッシュで押さえるくらいはできるはず。

それでも時間と共に崩れてきたら、
特に崩れているとこだけ部分的に直すようにします。

 

化粧直しの方法

始める前に、首の後ろに濡らしたタオルを巻いておくと
汗が引いて化粧直ししやすくなります。

1、まずは余分な汗や皮脂をティッシュで軽く押さえてオフ
汗がダラダラ流れる状態のまま化粧直しすると、すぐ崩れてしまいます。

2、乳液などで化粧が崩れた部分を取り去ります

スポンサーリンク

3、簡単に潤い補給して保湿します
化粧直し用のミストでもいいのですが、中にはかえって乾燥し、化粧崩れを招くものもあります。
乳液で潤い補給もできるので、私は乳液使用がおすすめ。
2番で崩れた化粧をオフするときに乳液を使えば、保湿もできて一石二鳥です。

4、なじませる
軽くハンドプレスして肌に密着させます。
その後、ティッシュ1枚を軽くあてて余分な油分をとります。

5、ファンデーションを塗ります
部分的にならコンシーラーの方がおすすめ。
新しく塗った部分がうまく周囲となじまないのは、
はじめに厚く塗りすぎてるか、うまく密着させられていないかも。

6、仕上げにパウダーを忘れずに。
パウダーを仕上げにはたくことで、再度化粧の持ちをよくします。

 

 

夏に汗をかいたときの日焼け止めの塗り直し方

夏に困るのが日焼け止めの塗りなおし方ですよね。

日焼け止めは朝塗っても、
こまめに塗りなおさなければ効果はありません。
でも、化粧した上から日焼け止めをまた塗ってもいいものか??
悩みどころです。

ここは状況に応じて使う日焼け止めのタイプを変えたり、
化粧直しの時一緒に塗りなおします。

 

1、化粧直しで一緒に塗りなおす

一番いいのは、化粧直しの時にファンデーションと一緒に塗り直すこと。
ファンデーションごと落とし、また全顔に塗ります。

会社勤めの人は、外に出る前にやるといいです。
帰宅が夜の人はこれにあてはまらないので、次の方法を試してみてください。

 

2、化粧直し用の日焼け止めを持つ

日焼け止めも、パウダータイプのものやスプレータイプのもの、ファンデーションに日焼け止め効果のあるものもあります。

ファンデーションに日焼け止め効果が入っているなら、
化粧直しの時に塗り直すだけでOKです。
ただし、全顔ふき取って塗り直さないと部分的に厚塗りになってしまいます。

パウダータイプも同様ですが、
化粧直しした後に最後に日焼け止め効果のあるパウダーを使う事で、
崩れにくくもなるし一石二鳥です。

便利なのはスプレー。
化粧直しした後に上から吹き付ければ完成です。

 

あとはもうはじめっからUVカットできるファンデーションを塗っておいて、
化粧直しでも同じものをつける。
これが一番楽。
VINTORTE
のファンデーションは石けんで落とせてノンケミカル処方なので敏感肌の人にもいいかも。


 

まとめ

化粧直しにかけられる時間と使うアイテムをよく選んで、
自分に合った化粧直しをしてみてください。

スポンサーリンク

-美容
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.