横浜

横浜の花火の日程 場所取りのポイントと有料席

更新日:

こんにちは!
ようこそ たび@らいふ へ。
管理人のkasumiです。

横浜で開催される花火をまとめてみました。
観覧するのにはベストポジションを確保したいところ。

今回は、横浜花火大会の場所取りのポイントや、有料席についてまとめました。

スポンサーリンク

横浜で開かれる花火の日程は?

横浜市といっても広いです。
それぞれの区で開かれる花火大会があります。
順番にどんな花火大会があるかあげていきますね。

 

横浜開港祭
神奈川県横浜市みなとみらい地区・臨港パーク
2017年6月3日
開港祭は1981年から始まった横浜港の開港記念日である6/2を祝い、港に感謝する市民祭りです。
約4000発の花火があがり、
人出は約75万人。
開港記念なので、まだ夏休みでもないちょっと早い時期から楽しめる花火大会です。

 

横浜スパークリングトワイライト
神奈川県横浜市中区/横浜港(山下公園前海上)
2日間両日とも花火が打ちあがります。
主な会場は山下公園、公園前海上。
約3000発の花火があがり、
人出は役に41万人

だいたい7月中旬から下旬にかけて行われる花火大会です。

 

神奈川新聞花火大会
神奈川県横浜市西区/横浜みなとみらい21 前面海上
打ち上げ数は1万5千発。
人出は19万人

ですが残念なことに2017年からは休止のお知らせが出ています。
マナーの悪い人が増え、勝手に立入禁止区域内に入ってしまっていたり、
路上に座り込む人が通行人の迷惑になっていたことで、警察側から再三注意を受けていたことも大きな原因のようです。

ほんとに残念です。
でも「自分たちくらいいいだろう」でマナー違反する人達は中止になった原因について気づいていないんだろうなー。

再開は今の所"未定"

 

鶴見川サマーフェスティバル 鶴見川花火大会
神奈川県横浜市鶴見区/横浜市北部第一水再生センター
2017年8月19日(土) 19:00~19:45 開催決定
打ち上げ数1700発
人出は5万7千人

スポンサーリンク

 

金沢まつり花火大会
神奈川県横浜市金沢区/海の公園沖
2017年8月26日(土)19:00~20:00予定
毎年恒例の特大スターマインが見どころ
荒天時は中止
打ち上げ数約3500発
前年の人出約25万人

沖の方で打ち上げられるため、広範囲で花火が見れます。

 

横浜の花火の場所取りのポイント

ただでさえ全国の市の中で1番人口が多い横浜市。
花火大会当日の人出は多く、場所取りをするために早くから皆訪れています。

特にみなとみらい地区で行われる横浜開港祭の花火大会と、
横浜スパークリングトワイライトは午前中早めの場所取りが吉。

芝生のある公園や花火大会会場は
昼には場所取りが始まります。
人気の場所は朝から場所取りしないと取れません。

 

車で行く場合は、駐車場も当日朝から混雑するため、
昼前には必ずついていた方がいいですね。

場所取りはレジャーシートなどを置いておき、必ず誰か1人が座っているといいです。
場所によっては人がいないシートは撤去されることもあるため、最低2人でいくといいですね。
横浜開港祭では、臨港パーク・赤れんがパークでの無人シートは撤去されてしまいます。

 

  • 近くにトイレはあるか確認
  • 水は持っておく
  • 日傘か日除け(時間帯によって日陰が変わるので)
  • 夜は海風で冷えるかもしれないので上着持参するといいかも。

 

横浜の花火のベストスポットは?

有料席がある花火大会もあります。
ちょっと費用がかかりますが、
場所取りのための時間ロスや暑さ、
疲労からくるストレスとは無縁です。

有料席のある花火大会

横浜開港祭

会場:臨港パーク特設会場

有料席:メイン会場芝生席 6000円 ※1名分

 

3歳以下は保護者1名につき1名まで膝上無料。
3歳以下のお子様2名なら保護者2名ってことですね。

エアクッションを渡されますが、小さいので座布団持参でもいいかも。
汚れないように小さなシートも持って。

有料席の購入は、チケットぴあ、セブンイレブン、電話でできます。

 

鶴見川花火大会

会場:佃野公園
有料席:1口5000円(2名席、先着150口)

購入は公式HPでできますよ。

 

まとめ

横浜の花火、早くから場所取りをするか、有料席を取るか・・
ベストポジション確保して
豪華な花火を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

-横浜

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.