暮らし

お彼岸のお供えにのしは必要?書き方と渡し方もおさらい

更新日:


こんにちは!
ようこそ たび@らいふ へ。
旅生活中のkasumiです。

お彼岸にお供えを持って行くとき
悩むのが「のし」ですよね。

滅多にないことって1度聞いてもあまり覚えていられないものです。

そこでのしの書き方、お供えの渡し方を
備忘録としてまとめてみました。

スポンサーリンク

お彼岸のお供えにはのし無しの掛け紙を使う

お供え用にお菓子を購入して、
店員さんに「"のし"つけてください」と伝える人、多いのではないでしょうか?
そもそも"のし"って何だか知っていますか?
品物にかける"紙"自体のことではないんです。
のしは元々、縁起物としてお祝い事の贈り物にそえていたアワビのことです。
アワビを干してうすーく伸ばして使うんですね。

アワビは昔も今も高級品で貴重。
途中から昆布や紙で"のし"代わりにし、
今では紙に印刷されたものを使っています。
現代では、品物にかける"掛け紙(かけがみ)"自体を"のし"としている人もいますが、
掛け紙の右上に印刷されている菱形っぽいものを"のし"と言います。

お祝い事にはこの右上に"のし"のついた掛け紙を使い、(「のし紙」「のし袋」と呼びます。)
弔事には"のし"無しの「掛け紙」を使うのが正しいやり方です。

掛け紙は慶弔両方で使うので、
「結婚祝いの掛け紙」という言い方はOK

もともとアワビ=生ものは仏前ではタブーですし、
アワビを意味する"のし"付き掛け紙は仏事には使わない方がいいですね。

スポンサーリンク

水引はどれがいい?

掛け紙の真ん中に紐を結んだような印刷がされていますよね。
(きちんとしたものは印刷ではありません)
お彼岸のときは結び切りの水引を使います。
繰り返したくないお悔やみ事などは結び切りです。
"のし"もめでたい時のものなので無しです。
何度も繰り返したいおめでたい事、お中元やお歳暮などは、
簡単に結び直せるちょうちょ結びの水引を使います。

一回きり、重ねて起きて欲しくない事、結婚式や快気祝いなどは、
結び切りの水引を使います。
結婚の時は「夫婦は2人でひとつ」という意味で
奇数でなく5×2の10本の偶数の水引を使います。

お彼岸のお供えにつけるのしの書き方

正確には「のし」ではないですが、
のしで一般化してるのでこのまま書き方を説明していきます。

のしに書く表書きは、「その品物が何なのか」「持ってきた人の名前」です。

昔は贈り物には目録をつけていたのですが、
今は簡略化されて
「お祝い」「お供え」など中身が何かわかるように、表書きに書いています。

お彼岸のお供えなら仏様にお供えするものなので

  • 御供
  • 御供物
  • 御仏前(神式なら御神前)

などを毛筆で記入します。
最近はサインペンで記入している人もいますが、
その家庭によって気にするとことそうでないところとあるので、
筆ペンで記入するのが1番です。

お彼岸のお供えの渡し方

お供え物を持参した時は、自分で仏壇に供えちゃいけません。

施主の方に手渡すのがマナー。

その際に一言
「御仏前(ごぶつぜん)にお供えして下さい」
と伝えれば大丈夫です。

まとめ

お彼岸のお供え物の正しい渡し方を知って
おけば、いざという時も慌てません。

のしの意味や掛け紙の書き方、使い方
知っておけば恥をかかずにすむので
1度覚えておきましょう。

スポンサーリンク

-暮らし
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.