健康

汗の種類は運動時とサウナでは違う?ダイエットにいいのはどっち?

更新日:

こんにちは!kasumiです。

よく「汗をかくとダイエットに良い」みたいに言われ、ただでさえ汗をかく運動時にサウナスーツをきてより発汗を促そうとする人もいますよね。

でも汗をかけばダイエットできるなら、運動しなくてもサウナや半身浴で汗をかいてもいいんじゃないでしょうか?
ダイエットをしてるけど汗で痩せるんなら、運動せずサウナで痩せる方が楽だと思いますよね。

同じことを考える人はたくさんいて、全国で女性からたまに受ける質問のひとつでした。
(ダイエット関連の話は全国どこでも女性に大人気です・・(;^_^A)

そこで今回、運動のときかく汗とサウナで暑くてかく汗の種類は同じなのかどうか?
というテーマでまとめてみました。

ダイエットをしたい人は、どんな種類の汗をかいたらいいのか、なども参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

汗の種類 運動した時はどれ?

まずは運動した時の汗。
運動した時にかく汗は”良い汗”と呼ぶ人がいますが、果たして”良い汗”って何でしょうか?
ここで汗の種類をちょっと見てみます。

汗をかく汗腺は2種類ある

アポクリン汗腺

脇に多くあり、乳首・陰部などにもある。思春期に多くなりやすい汗腺。その数は個人差があり、たんぱく質や脂質を含んで粘り気を帯びているため菌が繁殖しやすくて臭いやすい。

 

エクリン汗腺

一般的に「汗をかいた」といわれる時の汗はエクリン汗腺から出ているものです。
エクリン汗腺は、全身に分布しています。
この汗はもともと無色無臭。
本来ならサラサラの汗です。

 

エクリン汗腺から汗が出るきっかけ

温熱性発汗

体温調節の汗。体温が上がりすぎるのを防ぐために、汗で調節するときに体温を下げるためにかく汗。
暑い時に激しい運動をすると、全身から1時間に2ℓほどの汗をかくこともあります。

味覚性発汗,/h4>

カレーなどの辛いものを食べたときに鼻や額に出る汗。
味の刺激によっておこるもの。

 

精神性発汗

緊張した時や驚いた時に出る汗。
緊張したときに手に汗をかいたり、冷や汗をかくときはこの精神性発汗にあたる。
アポクリン線からも出る。

 

運動した時の汗はどれ?

運動をした時にかく汗は、エクリン汗腺から出る温熱性発汗にあたります。
運動すると筋肉を使うために、脂肪をエネルギーにして燃焼させます。
そこで脂肪を燃焼させたときに体温調節のための汗が出るんですね。

 

汗の種類 サウナでかくのはどれ?

一方、サウナでかく汗はどれにあたるのかというと・・・・・

エクリン汗腺から出る温熱性発汗にあたります。
運動の時と同じです。

サウナや半身浴、夏の暑い時にかく汗も同じです。
基本汗は、体温調節のためにかきます

 

ただし運動時と違うのは、脂肪が燃焼するかしないかです。
運動の時にかく汗は、筋肉を使うために脂肪を燃焼させ、その時の体温調節で出る汗です。

スポンサーリンク

長期的に見れば痩せやすい体作りの手助けにはなりますが、サウナや半身浴、夏の暑い時に汗をかいたり、カレーなどの辛いものを食べて汗をかいても脂肪が燃焼して筋肉がつくわけではありません。

汗をかいて減量した(体重が減った)、というのは水を飲めば戻るわけで、脂肪が減って痩せた(体重が減った)のとは違います。

 

汗の種類 ダイエットしたいなら?

ダイエットといえば「脂肪を減らす」ことだと思いますが、
「体重を減らす」ことに気をとられすぎて
「水分が減って(体重が減って)ダイエットできた」と思っていたり、
「筋肉が減って(体重が減って)ダイエットできた」と喜んでいる人も多いです。

サウナや半身浴で汗をかいても脂肪は燃焼しません。
ですが長期的に見れば、汗をかいて新陳代謝が良くなると体温も上がり、痩せやすい体にはなります。
だからサウナや半身浴で汗を流して代謝を促すのはおすすめ。

でもそのとき注意したいのが、かく汗がベタベタしてるかどうか。

体温調節の時に出る汗は、もともと無色無臭でサラサラしています。
汗をかいてもふけばOK。
ふいてもべたつくような汗は、汗腺のろ過機能が弱っている可能性があります。

 

サラサラ汗とべたべた汗の別れ道。汗腺の働きとは?

汗はもともと血液です。
汗腺で血液から”血しょう”という液体を汗としてくみ出してきます。
体の働きが正常であれば、汗腺はこの血しょうから体に必要なミネラルなどの栄養分を再吸収して血液中に戻していきます。
そして、残った水分が汗として出されるんですね。

汗腺のろ過機能がきちんと働いて、必要な栄養分の再吸収ができた汗はサラサラの汗が出ます。よく”良い汗”といわれるものはこれです。

ところが運動不足やクーラーのきいた涼しい部屋ばかりにいてあまり汗をかかないでいると、汗腺の働きが弱ってきます。
すると、栄養分の再吸収がしにくくなり血しょうの成分が汗に混ざってくるのでベタベタした”悪い汗”といわれるものになりやすいんです。

精神性発汗も急にたくさん出るので再吸収がおいつかずにベタベタ汗になります。

ベタベタした”悪い汗”は、余分な成分が含まれてるので嫌な臭いがしやすいし、体内からミネラルが出ていくので疲労や熱中症にもなりやすく美容や健康、ダイエットにも良くありません。

 

適度な運動で汗腺の働きを良くしよう

弱った汗腺は、よく汗をかくようにすることで、ろ過機能を取り戻せます。
サウナや半身浴で汗をかく習慣をつけるのもいいです。

ただ、前述したように脂肪が燃焼するわけではないのと筋肉がつくわけではありません。

筋肉量が多いほど代謝は良くなりやすく、
筋肉増&脂肪減⇒代謝up&体温up⇒さらに痩せやすい良い循環になります。

ダイエットで「脂肪を減らしたい」なら、サウナや半身浴も良いですが、適度な運動も加えるのがおすすめです。

 

まとめ

運動でもサウナでも、汗は体温調節のために出る汗という点で同じです。
ただし汗がベタベタしているのは汗腺の働きが弱っていてろ過機能が十分働いていない証拠。

いっぱい汗をかいて汗腺のろ過機能を鍛え、サラサラの汗で代謝もUP!
痩せやすい体作りができるようになると良いですね。

スポンサーリンク

-健康
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.