TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

石垣島・離島

【石垣島プチ移住体験談:お金編】1ヶ月の生活費

更新日:

『石垣島で生活するにあたって、1ヶ月で何にいくらくらい使ってるのか?』

・・と石垣島での生活費をまとめてみました。

私の場合、国内ならどこにいても総合計は同じになるようにやりくりしてるのであまり参考にならないかも?!
と思ったのだけれど

他の地域と大きく変わった項目があるので、そこだけ解説してみようかな~とまとめました。

石垣島へ移住を考えてる人には、一番気になる項目かもしれません・・・。

 

スポンサーリンク

石垣島プチ移住の一ヶ月の生活費

私の場合は大半を貯金や投資に回したいので、生活費総合計を決めてその中でやりくりするようにしています。

なので1ヶ月の生活費総合計は、他地域と大差ないです。

石垣島の前は沖縄本島、その前は横浜、その前は浜松、、でも変わらず。

横浜にいる時は旅の分の金額を服飾費や美容費に充てていたりするので、「お金をかける項目が変わった」んですね。

 

他地域と比べて変化のあった項目

他の地域での生活のときと比べて、変化があった支出項目は以下。

光熱(電気・ガス・水道) 8千
食事(外食も含める)   1.5~2万
日用品 数百円~2千
衣服・美容 5千

 

光熱費は夏のクーラー代が高くなった

夏場のクーラー代が高くなってます。

それでも電気ガス水道あわせて1ヶ月で高くても8000円くらいです。

それに私、内地じゃほぼクーラー使用しなかったので、電気代は石垣島の半分くらいだったんですよ。
長野や北海道の夏はクーラーいらずで快適でしたし(*^^)v

 

石垣島だと部屋にいるときは、ほぼずっとつけっぱなしにしてました。

クーラーの冷風が苦手な私でも「つけないと死ぬ!」ってくらいの蒸し暑さ。

設定温度が28〜30度で1ヶ月過ごすと月に¥3500〜¥4500くらいの電気代。
たまに除湿の為にドライモードも使用してます。

周りに聞いてみたら22度とか24度くらいに設定していると月に¥10,000超える人もいるみたい。

設定温度で料金が変わるだけで、内地にいた時とほぼ同じと考えてOK。

中には電気代2500円って人もいました。
クーラーつけないんだろうか・・。

 

食費は工夫次第

スーパーの食材はちょっと高め。
地元産を選んだり物々交換すべし。

せっかくだし石垣島グルメは堪能したい(>_<)

あまりケチりたくないのが食費。

皆で飲みに行くと1次会・2次会・3次会・・・と1人当たりでも6千~1万くらい使うときもあるので、その分自炊で抑えます。

節約の基本はやっぱり自炊ですね~。

というか、節約考えなくても私は自炊のが好きです。

外食だと「味付けが濃い・量が多い・栄養バランス悪い」で、苦手。

石垣島は観光客も多いし、全体的に外食も安くはないです。

 

日用品は湿気対策費が多め

基本全国どこでも変わらず。

・・・なんですけど、石垣島では除湿対策のためにほとんど使用したかな?

クローゼット内に吊るすタイプの除湿シート、キッチン、洗面所に置いてました。

「3ヶ月はもつ」と書いてあるものも1ヶ月で取り換え時になります(早!)

風呂場にはカビ防止スプレーも使ってました。

 

他にはトイレットペーパー、フローリング用掃除のペーパー、排水溝ネット

最初だけ重曹とかお皿も買うので最初の月にかかるだけで、他の月は千円いかないことがほとんど。

ゴミ袋代は地域によって値段が違いますが、石垣島はゴミ袋10袋で100円~200円と安い方

でも、横浜はゴミ袋指定なかったし無料が一番ですかね、やっぱ。
(北海道の釧路市とか高かった・・。毎回買うのためらうほどだった・・。)

 

衣服・美容費は減った

石垣島では使う金額が減った項目。

服やコスメにお金使ってた人は、石垣島では買う場所がないのでその分節約できるんだと思います。

デパートで買えるコスメが売ってないです。。

化粧品は日焼け止めくらいで、基礎化粧品以外は新たに買ってません。
日々の化粧水・クリームやクレンジングくらいですね。

ファミリーマートが多いので、無印のコスメは手に入りやすいです。
※ファミマから無印撤退しちゃいましたね。。

大型のドラッグストアは真栄里あたりにあるので、場所によっては車がないと行きにくいかも。
生活するにはやっぱり中心市街地が便利です。

 

旅関連費はたっぷりと。

ここは惜しみなくお金をかけたいところ。

移住先でのレジャー代

観光スポット行ったりの費用
遊び行くときのレンタカー代だったり、船代
ダイビング・シュノーケル・SUP・・・などなど。

今は2~3万くらい。
月によっては5~10万とか。(←これはかけすぎ?)

自分が心から楽しめるものには惜しみなくお金かけます。
けど、そうでないものにはビタ一文も出さない。
頻繁にコンビニでお菓子買ったり、ちまちました出費はなし。

 

現地で知り合った人と行くことになるとあまりお金もかからなくなります(^v^)

自然の中で遊ぶ分にはお金はあまりかからないですね(*´ω`*)

遊びに行った時の食事はまとめて「食費」の項目の方に入れてます。

 

他地域と大差ない項目

住居費

1人暮らしならだいたい5万~くらい。

とはいえ、ピンキリなので、3万~10万~だってあります。

東京や横浜だって探せばピンキリで3万~10万~など色々見つかりますもんね。

だから住居費は全体的に安いわけでもなくあまり変わらないと思った方がいいかも。

通信費とか書籍の購入だとかそのあたりは変わりません。

 

沖縄プチ移住での収支バランス

私は今も昔も「毎月決まったお給料」ではないです。

会社員時代も一部コミッションで稼ぐタイプの職だったので、コミッションで月によって数百万円の変化がありました。
同年代平均よりはかなり高給。

今も昔も各地を転々としてるから支出のバランスも毎回変わるし・・

毎月収入も支出もバラバラ・・・(;^_^A

心から気に入ったものは惜しみなくお金を使いたいけど、そうじゃないものはとことんケチります。

服を買う時も、人柄に惹かれた販売員さんから買いたくなったりする。

買い物はそんな感じなので総合計を決めておいて、その中で「毎回変化する項目」の中でバランスをとるようにするのが一番やりやすかったです。

 

ただ、「毎月収入も支出もバラバラな人間のじゃ参考にならん!」

という意見もあると思うので、周りの石垣島移住者にも意見を聞いてみました!

 

スポンサーリンク

石垣島移住者の声「生活費どう変わった?」

  • 収入が大幅に減ってるのはやっぱイタイ!
  • 服を買わなくなった分貯金に回せてる
  • ご近所の集まりでのお茶会は意外にお金がかかる
  • 売ってる店がないから通販利用しちゃって送料貧乏
  • 支出自体は東京とあんま変わらない。収入変わるだけで。
  • 東京みたいに物が溢れてないから物欲もなくなった。で、物買わないから東京にいた時より貯金できる!
  • 最初のうちはシュノーケル体験とかにもお金払ってたけど、自然が遊び場だから休日はお金かからなくなった!
  • ガソリン代地味に高い。
  • 近所の人の差入れが多いから食費は少なめ

 

わーーーー・・・・( ゚д゚)

まとまった意見出ると思ったのに、「人それぞれでした☆」って参考になるようなならないような結果になった。。。orz

皆さん収入と支出のバランスみて、自分なりにやりくりしているみたいです。

ただ、意見として1番多かったのが

「内地の生活に比べて」

  • 収入は減った
  • 服や化粧品にお金をかけなくなった

入るものが減ると、一番最初に削るのは「着飾るもの」なんですかね。

・・・・買う店がないのも原因かも。

あとは、着飾らなくても”素のまま・自然のままの美”に目覚めることもあるかも。

 

金銭面において自己管理ができない人は、あっという間に金欠になって内地に帰る・・・人も少なくないみたい。

石垣島移住したら早いとこ自分の収支バランス見つけた方がよさそう

石垣島図書館にやり繰りや貯金の本が色々揃ってたので参考にするといいかも。

 

石垣島プチ移住体験談:お金編まとめ

「お金」の面だけで見ると、石垣島生活もまた違って見えますね~。

やっぱりお店がないからか服飾費はさほどかからない人が多いですね。

でも、服や化粧品などにお金をかけなくなったからといって、それを嘆く人はいなかったです。

移住してきてる人は多くが石垣島の豊かな自然と温かい島の人に魅せられてる人たちなので、趣味に没頭できたり皆とワイワイ楽しんだりがやっぱり石垣島ライフの魅力ですね。

 

石垣島プチ移住体験談をすべてまとめた記事も読まれています
アパートでの生活や、おすすめ居住地区など参考にどうぞ。
関連記事

石垣島プチ移住体験談まとめ

スポンサーリンク

関連

-石垣島・離島
-,

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.