TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

https://kasumi0-0.com

沖縄

【沖縄日帰り旅行のモデルコース】おすすめビーチやカフェ紹介

更新日:

  • 「沖縄日帰り旅行でおすすめの観光コースや所要時間を知りたい」
  • 「沖縄に日帰り旅行するならおすすめのビーチやランチのお店は?」
という沖縄日帰り旅行に必須の情報をまとめました。
各観光ポイントからの目安の移動時間ものせたので、沖縄日帰り旅行のルートを組むときの参考にどうぞ!

 

こんにちは、旅生活してましたkasumiです。

先日セントレア発の沖縄行きLCCの広告が出ていて名古屋からも日帰りで沖縄に行けて便利になったな〜。
私だったらこんなルートにするな〜と先に計画だけ立ててみました。

せっかくなのでモデルコースとして載せちゃいます。

モデルコースだけサクッと知りたい方は「沖縄日帰り旅行コース」の章まで飛ばしてください。

 

スポンサーリンク

沖縄への日帰り旅行がしやすくなってきてる

LCCのおかげで沖縄への日帰り旅行が行きやすくなりました。
私、地元にいるときはセントレア(名古屋)から乗るんですが、現地滞在時間が10時間以上!
もう神プランかと。

羽田空港から沖縄へ行く

羽田空港から那覇空港への就航

6時30分発→9時15分着
20時30分発→22時55分着

成田からだと滞在時間が短いので東京からなら羽田空港で行くほうが良いですね。

 

中部国際空港から沖縄へ行く

名古屋ー那覇間だと滞在時間がもっと長い!
でも中部国際空港への到着時刻が遅いから、終電で帰るか名古屋に1泊するかですね。

6時5分発→8時15分着
21時50分発→23時55分着

 

沖縄日帰り旅行で注意したいこと

これは、レンタカーを借りて移動する人への注意点。
今回のモデルコースはバスでの移動の場合も書いてますが、レンタカー利用する人だけこの章チェックしてください。

帰りの那覇渋滞に注意!!

日帰り旅行だと、那覇空港から飛行機に乗るのは夜。
夕方〜夜にかけての那覇周辺の渋滞に巻き込まれると、大幅な時間ロスになっちゃいます。

国際通り付近~那覇空港は特に混雑しやすいです。
国際通り周辺は駐車場探しも大変なので、ゆいレールを利用して移動するのが個人的におすすめ。

今回のせたモデルコースは、渋滞に極力まきこまれないよう組んでみました。

 

北部へ行く人は帰りの渋滞に注意

美ら海水族館は人気の観光スポットだけれど、沖縄北部にあるのが難点です。

日帰り旅行で行こうとすると、移動の時間がかかります。
那覇空港から美ら海水族館までは高速で片道1時間半。
それも渋滞なしの場合。
レンタカー返却が空港より遠い側だと、さらに大変。

 

どうしても美ら海水族館に行きたいなら、観光ポイントは絞って早めに那覇方面に移動しておいた方が賢明。
運良く渋滞に会わなければラッキー。

 

スポンサーリンク

沖縄日帰り旅行のモデルコース

名古屋(セントレア)からいった場合で時間かいてます。
現地滞在時間は10時間以上!

  • 那覇空港
  • 8時半:レンタカーを借りる
    (移動:空港からは車で約55分)
  • 9時半:斎場御嶽
    (移動:徒歩約15分)
  • 10時:知念岬公園
    (移動:車で約15分)
  • 10時半:新原ビーチ
  • 11時半:海カフェ
    (移動:目安として新原ビーチから空港まで車で約50分)
  • 13時半:レンタカー返却
    (移動:ゆいレールで空港~首里まで約30分)
  • 14時:首里城
    (移動:ゆいレールで首里~牧志まで約10分)
  • 16時:国際通り
    (移動:無料シャトルバスで約30分)
  • 18時瀬長島ウミカジテラス
    (移動:無料シャトルバスで約30分)
  • 19時半:那覇空港

 

けっこう観光ポイント詰め込みました(^^;)
スムーズにいけばこんな感じで回れるんだけど、余裕見ておいた方がいいです。

バスでまわる場合は、沖縄南部周遊はもっと時間かかります。
(バス移動は各観光ポイントの下にのせてます)

時間が無くなったら私なら「国際通り」か「瀬長島ウミカジテラス」は省くかな。
沖縄の自然に癒されれば買い物は後回し。

好みでポイント省いたりして組み合わせてみてください。

ここからは各観光ポイントや見どころを順番に紹介していきます!

 

まずは空港でレンタカーをかりる

沖縄南部はアクセスがあまりよくないので、免許を持ってるならレンタカー利用がおすすめ。
バスで行きたい!って人はもう少し観光スポットを絞ればいけます。

最初にレンタカーをかります。
後述するけど、返却のことを考えて今回のルートでは空港店がおすすめです。

オンシーズン中はレンタカーをかりる手続きだけで1時間近くかかることもあるから要注意。

 

 

斎場御嶽で沖縄の聖地を知る。

世界遺産に登録されている沖縄本島の聖地。
厳かな空気が漂う「神様の場所」
騒がず静かに~。
石1つでも持ち帰るのは禁止。

 

【バス移動の場合】「那覇空港」から38番系統で「斎場御嶽入口」下車(約1時間半)

 

知念岬公園で沖縄の海を見下ろす

眺め抜群の絶景ポイントです!
ぐるりと青い海が見渡せます。
斎場御嶽から歩いていける距離なのでついでに立ち寄るのがおすすめ。

 

【バス移動の場合】「斎場御嶽入口」から「志喜屋」までしかないので、「新原ビーチ」バス停までは乗継。だけど、本数が少ないので時間がかかります。
この区間はタクシー利用の方がおすすめ。

 

 

新原ビーチで沖縄の海を楽しむ


参照:http://www.kankou-nanjo.okinawa/

百名ビーチとあわせると白い砂浜が2kmも続く天然ビーチです。

年中グラスボートができるので、時間があったら挑戦したいところ。
グラスボートは船の底が透明になってるやつです。
服着たまま沖縄の海を堪能できるのがイイ。

 

 

海カフェでまったり

沖縄の海を眺めながらのランチは最高ですよね~♪
おすすめのカフェやレストランをピックアップしてみました。

新原ビーチ付近にはステキな海カフェがいっぱいなので、直感で店選びしちゃっても。

 

浜辺の茶屋


参照:http://www.kankou-nanjo.okinawa/

インスタで人気のカフェです。
大きな窓から海を眺められる絶景海カフェ♪
窓の下の砂浜にもテラス席があります。

 

住所:南城市玉城玉城2-1
時間:10時~19時半(月曜は14時~)
休み:無休

 

 

食堂かりか


参照:http://www.kankou-nanjo.okinawa/

新原ビーチ(というか百名ビーチ)にあるカフェ。
砂浜に白いテーブルとイスが並べられた全席オープンエアのカフェ。
すぐ目の前に青い海が広がってます。

ネパール出身シェフの無添加手作り料理のおいしさが人気。
カレーやサモサなどがあります。

 

住所:南城市玉城百名1360
時間:10時~21時
休み:火曜の夜

 

カフェくるくま


参照:http://www.kankou-nanjo.okinawa/

小高い場所にあるオーシャンビューレストランです。
ここも絶景~。

アジアンハーブを使った体に優しいタイ料理が味わえます。

 

住所:南城市知念知念1190
時間:10時~20時(10~3月は~19時まで)
休み:無休

 

 

【バス移動の場合】百名線で「新原ビーチ」から「県庁南口」下車。
「県庁南口」バス停から徒歩約10分でゆいレール「県庁前駅」~「首里駅」

 

レンタカー返却はこのタイミングで

首里城方面へ向かう前にレンタカーを返却しちゃいます。
理由は3つ。

  1. 夕方からは国際通り付近の渋滞が激化する
  2. 国際通り周辺では駐車場探しが大変
  3. レンタカー空港店を経由して首里城方面へ向かう方がルート上、スムーズ

那覇空港~国際通り~首里城まではゆいレールを利用した方が便利です。
渋滞とも無縁だし、駐車場探しにも困りません。

それから、各レンタカー会社の「空港店」なら空港の手前にあるので、渋滞にも巻き込まれにくい。
那覇店でもいいけれど、時間帯によっては国際通り方面~那覇空港への道路が渋滞しやすいので時間がかかる場合があります。

 

レンタカー営業所の場所は予約前にチェックしておくといいです。

空港より南側にあるレンタカー営業所は「スカイレンタカー」「スピードレンタカー」「ゴーヤレンタカー」「アクアレンタカー」など。
次いで「トヨタレンタリース」「空港レンタカー」「那覇レンタカー」「オキナワレンタカー」「オリックスレンタカー」あたり。

 

首里城はテッパン観光ポイント

首里城は沖縄一の観光スポットですね!
世界遺産に登録された琉球王国時代のお城は、やっぱり日本の城とは違う色遣いやデザインで見どころも多いです。

私が初めて首里城に行ったのは8月の暑いときでした。
晴れわたった青い空に朱い色が映えてすごく印象的で、何度見てもイイ!

 

【ゆいレール移動】首里駅~牧志駅

 

 

国際通りでグルメとお土産探し

観光客でいつも賑わってる国際通りは、軽くお土産探し。
ブルーシールのアイスやサーターアンダギー、マンゴースイーツも堪能(´▽`)
牧志公設市場で選んだ魚をその場でさばいて調理してもらうのもおすすめ。

 

 

瀬長島ウミカジテラスでぶらぶらショッピング

オシャレなお店や飲食店が集まる空港近くの離島スポットです。

海はもちろん空港から飛び立つ飛行機が見える絶景ポイントでもあるんです。
夕日もきれいに見えるし、夜になったらライトアップされてこれまたステキ。

国際通り(パレットくもじ前)から出ている無料シャトルバスに乗っていけば楽。
帰りも空港まで無料シャトルバスが出ているので、そのまま空港へ向かえます。

 

 

那覇空港でお土産探しと食べ納め

LCCだけどちょっと余裕みて1時間前くらいに空港入りしてお土産チェック。

那覇空港のお土産売り場はひと通り揃ってるから、定番のお菓子などのお土産でいい人は最後空港で買うと楽。

私も「とりあえずちんすこう買っとく!」って場合は空港で買っちゃいます。
時間があれば食事も済ませちゃいます。

 

まとめ

沖縄暮らしが懐かしい・・。
日帰りでもサッと行けるようになったのは嬉しいですね。

JR東海のCMじゃないけど「そうだ、京都いこう」のノリで「そうだ、沖縄いこう」って言える(笑)

 

沖縄日帰り旅行の【航空券と宿のセット予約】はエクスペディアで探すことができます。

エクスペディア公式サイト

 

 

スポンサーリンク

関連

-沖縄
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.