TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

https://kasumi0-0.com

石垣島・離島

【石垣島の穴場ビーチ】プチ移住中のお気に入り隠れビーチ

更新日:

プチ移住中にお気に入りだった石垣島の穴場ビーチを紹介します。「石垣島 ビーチ」で探してもまず出てこなかった場所です。
場所と穴場ビーチのポイントをまとめました。石垣島で穴場のビーチを探している人は参考にどうぞ。

 

こんにちは。
石垣島にも半年ほど暮らしてたkasumiです。

今回紹介するビーチの場所は、普通に思い描いてるビーチとはちょっと違うかもしれません。

限られた時間帯にしか行けないってのもポイントです。場所はわかりにくいですが、時間が合えば行ってみてください。

 

石垣島の穴場ビーチの場所

私が気に入っていた石垣島の穴場ビーチの場所は、石垣島離島ターミナルから車で40分ほどの距離。

西表石垣国立公園内の吹通川マングローブ群落の河口付近にあります。「ヒルギ群落」としてアクティビティツアーで有名な場所の近くですね。

ちなみに「ヒルギ」とは?
熱帯や亜熱帯地域の河口付近に分布する植物の総称を”マングローブ”と呼び、”ヒルギ”はそのマングローブのうちの1つだそうです。

 

レンタカーで行く場合は、「ヒルギ群落」でナビをセットしてもピンポイントで出てきにくいです。ナビを「吹通橋」にセットするといいです。(吹通橋もヒットしなければ、地図を見ながら吹通川を目指して探してみてください。)
この橋のたもとに駐車場があるので、そこに車を停めて下に降ります。

この「吹通川マングローブ群落」の看板横にある階段を降りていきます。

降りるとマングローブの木が川沿いにたくさん!カヤックができるアクティビティツアーもたくさんありますよ。このあたりの砂地にはカニがいっぱい。

今回の「ビーチ」は、このマングローブが続く川とは反対側。振り返ると橋があり、橋の向こうに海が広がってます。
この海の方へ向かっていきます。

観光スポットとして注目されてるのは川方面のマングローブ群なので、あまり海側へ歩いていく人は少ないです。
人も多くなく(夏以外だといつも他の人がいない)穴場です。

 

干潮時に行くのがポイント

このとき橋の下を歩いていくことになるんですが、干潮時を狙っていくのがポイント。

満潮時には橋の下も水で埋まっちゃうんです。歩いて行けるのは干潮時だけ
河口付近の場所なので、潮が満ちてきたら早めに戻るようにしてください。水位が上がると水の力も大きくなるので要注意。

行くときはあらかじめ干潮・満潮時間を調べておくといいです。(毎日変わります。)

橋の下をくぐって歩いていくと、だんだん水の色が青い色に変わってきます。

上の写真の場所あたりも、もっと潮が引くとここまで砂浜になります。

この向こう側には海が広がってます。

けっこう遠浅

潮の引き加減で水位も変わるけど、干潮時はひざ下くらい。
その上けっこう遠浅なので、私達は裸足でザブザブ歩き回ってました。

浅すぎてシュノーケルしたり本格的に泳いだりにはちょっと適していません。

そしてビーチとして整備されているわけでもなく、自然のままなのでそこは注意。

でも、潮が引くときにできた砂模様が水底に見えて、それがずっと沖の方まで続いていてとってもキレイなんです。(この写真は別のスマホで画像粗くてスミマセン)

ちなみに駐車場にトイレはないので注意!

今回の石垣島の穴場ビーチ注意喚起

石垣島には手つかずの自然のビーチがけっこうたくさんありました。
海へと続く道を進むとけっこうそんなビーチが見つかります。

ただ、自然のままのビーチって泳いで何かあっても自己責任になるので、遠浅でもあまり沖には行かないほうが賢明です。どこに対岸流(※沖に戻る潮の流れ。)ができるかもわからないので、私もあまり深い場所には行かないようにしています。

安全に注意しながら行ってみてください。

スポンサーリンク

関連

-石垣島・離島
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.