https://kasumi0-0.com

健康

痩せると汗はかかないようになる?|知ると得する汗の話

更新日:

夏になると大量の汗がだらだら流れて周囲も引くレベル・・・。
たまにそんな人いますよね。
女性に限らず男性でも、汗っかきなのは気にされる方が多いと思います。

肥満体型だと汗っかきとはよく言われますが、
果たして痩せたら汗はかかないようになるのでしょうか?

健康アドバイザー時代の話も含めて、
痩せたら汗はかかなくなるのか?をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

汗をかくのは普通

人間は体温を保つために、
暑いと汗をかいて体に熱がこもらないようにしています。

体の働きが正常であれば、暑いと汗をかくのは普通です。

ちゃんと体温調節してる証拠ですね。

ただ、健康アドバイザー時代に見てきた今の10代以下の子たちは、
体温が低い子が多く、汗が出にくい子も多かったです。
体温調節がしにくいので、暑さに弱く、寒さに弱くなりやすい。
欧米人は日本人が長袖の時期も、涼しい恰好をしていますよね。
もちろん体のつくりも違いますが、平均的な体温は37℃以上ということも関係していると思います。

日本人は食生活や環境の急激な変化で、戦後どんどん平熱が低くなっています。
戦前37℃前後だったのが、35℃台まで落ちている人が多かったです。
中学生で34℃台と言う子もいました・・・(;´・ω・)

その中にいると、たとえ本来は普通の子でも
「自分は汗がすごい」と思ってしまうかも。

大事なのは、なぜ汗をかくのか?をきちんと理解していること

でなければ「汗をかかないようにするために痩せたい」
などと、より体をおかしくさせてしまうからです。

 

痩せると汗はかかなくなる?

「太っている人はよく汗をかき、痩せていると汗もかきにくい。」
そういわれますが、
太っている人の方が汗をかきやすいのは事実。

 

皮下脂肪が厚い分、体の外に熱を逃がしにくいんです。
脂肪という毛皮を着ているようなもの。。

体の外に熱を逃がすために汗をいっぱいかきます。
体を守る体温調節の働きなので、普通のことです。

もし、肥満体型の人が痩せれば、汗の量は多少減ると思います。

 

「痩せたら汗をかかなくなるなら、ダイエットしよう!」

 

と、勢い込みたくなりそうですが、ちょっと落とし穴があります。

食事制限してダイエットして痩せて汗をほとんどかかなくなった場合、

基礎代謝が落ちている可能性があります。

 

「汗をかかないように」という目的でダイエットをして基礎代謝を落としてしまうと、
秋になった時に、より痩せにくく太りやすい体になりやすいので注意。

 

ただし、日頃から添加物多めの食事や甘いもの、脂っこいものを食べていれば
体型は痩せていたって汗の臭いがきつくなりやすいので、これはまた別の問題。

 

なので、やみくもに「汗をかかない為に痩せよう」とするのはおすすめできません。

 

「じゃあ、どうしたらいいんだよっ щ(゚Д゚щ)」

スポンサーリンク

 

と途方に暮れるかもしれませんが、

一番良いのは

代謝も良く体温調節のための汗もきちんとかけて、けど汗の臭いはほとんどない状態。

じゃないかなと私は思ってます。
正常な体の働きができている状態ですね。
汗をまったくかかなくなることはありません。
暑ければ汗はかきます。

けれど、特に10代の子だと「汗自体をかきたくない」
という子もいますよね。

けれど、”汗をかかない”こと自体が、何をもたらすのか、
そこを知らないまま「汗をかかない体」を手に入れようとするのは、リスクが大きすぎると思います。

痩せていて汗をかかない人はちょっと危険なこともあるからです。

 

痩せていて汗をかかない人は注意。

「汗をかかないこと自体が羨ましい」
という人がいましたが、私からすれば
”汗をかかない”のではなく、”汗をかけない”状態は羨ましくもなんともありません。

皆が汗をかいている中でかかないとなると
体の正常な働きができていないこともあります。

汗をかきにくい状態だと、夏場は熱中症にもなりやすく体の免疫力も落ちてきます。
代謝が落ちると老化も早い。
まれにですが、病気の場合も考えられます。

自律神経のバランスが崩れて、汗をかかなくなることもありますし、甲状腺や腎臓の働きが弱っている場合もあります。
女性なら婦人科系の症状に気をつけたいところ。
今の若い人ほど生理痛や生理不順が多いようです。
全国回って若い人のガンが増えていることも目の当たりにしましたが、冷えも関係あるかもしれませんね。

自分でできる体温チェック

自分の体が正常に働いているかどうかは、体温で調べることができます。
まずは朝起きてすぐ、自分の平熱を測ってみてください。
多くの人が、風邪の時に計ったくらいで、自分の平熱を正確に知らないことが多いです。
37℃ちょっとで微熱と言っているようなら、平熱はもっと低いはずです。

平熱は最低でも36.5℃

朝起きて布団の上に寝たままの状態で測るといいです。
トイレに行ったりご飯を食べる前に測ること。

寝ている時に人間の身体はその日のダメージを回復させるので、
夜の寝ている時の体温がきちんとあれば、
体が正常に働いている目安にもなります。(あくまでも目安)

まれに、普段の平熱が低い人が病気の影響で上がっていることもありますが、
例外を除いて、体温を測るのは自分の体調管理におすすめです。
夏場でもほとんど汗をかかない人は、気にしてみてください。

そしてきちんと平熱があれば、代謝も良く太りにくい体を維持しやすいです。

 

まとめ

暑い時に汗をかくのは普通ですが、
体の正常な働きができなくなってしまうと、今度は病気になりやすくなります。

たしかに肥満の人が痩せれば多少は汗の量が減りますが、
極端に減っているなら注意が必要かも。

何にせよ、「汗をかきたくないがために痩せたい」なんてのはやめた方がいいんじゃないかなと思います。

ある程度汗をかくのは普通。

スポンサーリンク

-健康

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.