健康

夏になると汗がすごい出るけど、痩せるとかかないようになる?

更新日:

こんにちは!ようこそ たび@らいふ へ。
管理人のkasumiです。

夏になると大量の汗がだらだら流れて周囲も引くレベル・・・。
たまにそんな人いますよね。

肥満体型だと汗っかきとは言われますが、
果たして痩せたら汗はかかないようになるのでしょうか?

健康アドバイザー時代の話も含めて、
汗がすごい人は痩せたらかかなくなるのか?
をまとめてみました。

スポンサーリンク

夏になると汗がすごい・・のは普通?

人間は体温を保つために、
暑いと汗をかいて体に熱がこもらないようにしています。

体の働きが正常であれば、暑いと汗をかくのは普通です。

 

ただ、健康アドバイザー時代に見てきた今の10代以下の子たちは、
体温が低い子が多く、汗が出にくい子が増えています。
日本人は戦後どんどん平熱が低くなっていて、
37℃だったのが35℃台まで落ちている人が多かったです。
中学生で34℃台と言う子もいました・・・(;´・ω・)

その中にいると、たとえ普通の子でも
「自分は汗がすごい」と思ってしまうかも。

ただし、肥満体型だと普通の体型の人よりは汗の量も多いはずです。

 

夏にかく汗は痩せると少なくなる?

太っている人はよく汗をかき、痩せていると汗もかきにくい。
そういわれますが、
太っている人の方が汗をかきやすいのは事実。

 

皮下脂肪が厚い分、体の外に熱を逃がしにくいんです。
脂肪という毛皮を着ているようなもの。。

体の外に熱を逃がすために汗をいっぱいかきます。
体を守る体温調節の働きなので、普通のことです。

もし、肥満体型の人が痩せれば、汗の量は多少減ると思います。

 

ただし、食事の量を減らして痩せたら汗をほとんどかかなくなった、
という人がいましたが、
それは、基礎代謝が落ちている可能性があります。

誤ったダイエットで基礎代謝を落としてしまうと、
秋になった時により痩せにくく太りやすい体になってしまうので注意。

 

夏に汗をかかない人はちょっと気を付けて

まれに、夏でもほとんど汗をかかない、かきにくい人がいます。

スポンサーリンク

ひどい人になると、夏でも靴下を重ね履きしていたり
長袖のはおり物が手放せなかったり・・・
足先はいつもひんやり冷たい・・・。

極度の冷え性である場合もありますが、皆が汗をかいている中でかかないとなると
体の正常な働きができていないこともあります。

汗をかきにくい状態だと、夏場は熱中症にもなりやすく
体の免疫力も落ちてきます。
まれにですが、病気の場合も考えられます。

自律神経のバランスが崩れて、汗をかかなくなることもありますし、
甲状腺や腎臓の働きが弱っている場合もあります。

 

自分の体が正常に働いているかどうかは、体温で調べることができます。

平熱は36.5℃は最低の最低でもなければいけません。
(平熱は朝起きて寝たままの状態で測ります。
トイレに行ったりご飯を食べる前に測ること)

まずは朝起きてすぐ、自分の平熱を測ってみてください。

寝ている時に人間の身体はその日のダメージを回復させるので、
夜の寝ている時の体温がきちんとあれば、
体が正常に働いている目安にもなります。

それが最低ラインで36.5℃。
欧米だと37℃以上の人が多いですが、昔は日本人もそのくらいあったようです。
(昔の水銀の体温計が37℃に赤い線が引かれているのも、目安を表していたのでしょうね)
日中はその時の環境などでどんどん変化するので、朝起きてすぐがいいです。

まれに、普段の平熱が低い人が病気の影響で上がっていることもありますが、
例外を除いて、体温を測るのは自分の体調管理におすすめです。
夏場でもほとんど汗をかかない人は、気にしてみてください。

そしてきちんと平熱があれば、代謝も良く
太りにくい体を維持することもできます。

 

 

まとめ

暑い時に汗をかくのは普通のことですが、
体の正常な働きができなくなってしまうと、今度は病気になりやすくなります。

たしかに肥満の人が痩せれば多少は汗の量が減りますが、
極端に減っているなら注意してください。

  • 暑いと汗をかくのは体温調節のための身体の正常な働き
  • 肥満体型だと、普通の体型の人より汗は多くなる
  • 肥満の人が痩せると汗の量は減るが、基礎代謝が落ちて汗をかきにくくなっている場合もあるので注意
  • 汗をまったくかかない人は要注意
スポンサーリンク

-健康

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.