石垣島

石垣島に来たら早起きして食べたい できたてゆし豆腐の朝食

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

石垣島のガイドブックにも必ずと言っていいほど載っている有名な「とうふの比嘉」で
ゆし豆腐の朝食を体験してきました!

豆腐屋さんとして60年以上地元民にも愛されているお店です。

以前は地元の人しか知らないようなお店だったのが、
今は口コミやネットで人気に火がついたようで、早朝から観光客で賑わうお店になってます。

できたてのゆし豆腐を朝からいただける、ちょっとした贅沢体験(*´ω`)

とうふの比嘉への行き方(タクシー、バス、自転車)まとめの記事はこちら

スポンサーリンク

とうふの比嘉の朝食は大賑わいでした

とうふの比嘉は早朝6:30から開店
早いですよね~。
朝食食べ終わってすぐ遊びにいけば、1日を長ーく満喫もできますね♪

市街地から少し離れたサトウキビ畑の中にひっそりとあって、通りからは見えないんですよね。
だから通りがかりに見つけて行けるような場所じゃなかったです。
八重山病院の前の道から、バンナ公園の方面に農道へ入っていき、しばらく歩くと看板が見えます。

さとうきび畑を歩いていくと赤い看板発見!
左に曲がるとちょっと先に駐車場の看板がありました。
この道がもう、南国情緒漂ってますよね。

 

駐車場は15台くらいは車が停められるようになってました。
私が行った時は全部「わ」ナンバーのレンタカー。
見事に観光客ばかり!

赤い建物が目印!
「豆」って書いてある。

そして到着した時は満席でした・・・!
すぐ空いたから良かった・・。
平日なのにすごいなあ。

お店はトタン屋根に三方をすだれなどで囲ってある半野外。
なので冷房はなく、店内中央天井あたりに2台の扇風機が回っているだけです。
でも日差しが遮られてるからそこまで暑くないかな。

お水はセルフサービス。
店内中央に備え付けられた冷水機から自分で持っていきます。
1番下には蚊取り線香が。
10月にはなってもまだ暑いですもんね〜。

店の奥真ん中にテレビがあって、その下の本棚にはマンガ本がありました。
コンビニでよく見るコンビニマンガとかいうやつかな?

左上に有名人のサインも。
ホンジャマカの石ちゃんと、押切もえさんのサインもありました。

そしてこの年季の入った看板!
手作り60年てすごい。。

 

テーブルに備え付けられた調味料は、コーレーグース、ヒバーチ、みそ、醤油、塩。

店内に、『豆腐を少し美味しく食べる方法があるあるから店員に尋ねてください』って看板があったので、
食事が出された時に聞いてみました。

はじめは醤油をかけて食べて、
その後はお好みでコーレーグースやヒバーチ、味噌をかけて混ぜて食べるといいそうです(^ ^)
味噌も美味しかったですよ。

 

とうふの比嘉で頼んだゆし豆腐セット

頼んだのは「お年寄りゆし豆腐セット」
一緒に行った相手がこのメニュー目当てだったので、私も同じもの注文~。

なぜお年寄り?なんだろう??
おかゆがついてて消化にいいとか歯に優しいイメージがあるからかな?
「若い方もどうぞ!」ってかかれてました(笑)

若い方だけど頼んじゃう(^o^)

スポンサーリンク
  • おかゆ(かつお節がかかってる)
  • ゆし豆腐
  • おから
  • 卵焼き
  • たくあん
  • 豆乳(ほんのり温かい)

このボリュームで¥350は安いですよね。
豆乳、おから、豆腐、とほんと大豆尽くし。
豆乳もおからも、豆腐を作る過程でできたものですね。

 

ガッツリ系のメニューじゃないのに、食べ終わったらけっこうお腹いっぱいで(^_^;)
想像以上に食べ応えありました。
でも変に胃もたれもせず、お昼頃にはちゃんとお腹もすいてきてちょうど良かったです。

9時くらいにお年寄り豆腐頼んだ隣の席の人は、すでに売り切れになってました。
おかゆが無くなったのかな。
「絶対食べたい!」って人は早めの来店のが良さそうですね。

とうふの比嘉のメニュー

「とうふの比嘉」さんのメニューは、ざっとこんな感じ。

ゆし豆腐セット小 \350
大 \450
得 \550
超 \650
ゆし豆腐そば大 \550
中 \450
ゆし豆腐(味噌・豆乳)入りセット\550
ぶっかけゆし豆腐(ライス・とろろ・黄卵)\650
お年寄りゆし豆腐セット(おかゆ・おから・玉子焼き)\350
ざくざく豆腐\500

9時以降のメニュー

豆腐ちゃんぷるー定食\550
豆腐丼(スープ付)\550
焼きそば(スープ付)\500
ライス\100

《付け合わせメニュー》

  • イカの塩辛
  • 肉炒め
  • 目玉焼き
  • 食べるラー油
  • あぶら味噌
  • おからの味噌炒め
  • やさい炒め
  • アーサー(のり)
  • 玉子焼き
  • タコ明太

豆腐にあわせて食べるとおいしそうな付け合わせは全品\100

 

とうふの比嘉はランチより朝食で行くのがおすすめな理由

「とうふの比嘉」さんは朝食からランチの時間帯までの営業してますが(6時半~15時)、
個人的にはランチよりも朝食で行くのがおすすめかなと思いました。

 

1.早朝の方が暑くない

まず、「とうふの比嘉」のお店に行くまで、できるだけ早朝の方が気温も上がりきってなくて行きやすいと思います。
タクシーやレンタカー利用するなら道中の日差しによる暑さは関係ないですね。
問題は、徒歩やバス、自転車利用の方ですよ。

冬場に行くなら大丈夫と思います。
私は10月初めに行きましたが、行きも帰りも暑かったです(;´Д`)
さとうきび畑が広がる農道に入ると、ほとんど日陰がないんです。。

そしてお店も半野外だから、冷房の効いた”店内”というわけではないです。
屋根があって上からの直射日光が遮られてる分、風が吹くと涼しくて良かったですけど。

なので、気温が上がりきる昼近くよりは、早朝の方が暑さが”マシ”なのでおすすめ。

 

2.消化の良い豆腐はランチより朝食で

豆腐は肉類に比べて消化もいいです。
普通、食べ物が消化されるまでの時間は3~5時間程度ですが、肉類は12時間以上かかるんです。
それに比べて豆腐は2時間くらい。

豆腐のもと「大豆」は”畑の肉”といわれるくらいタンパク質が豊富です。
だから同じタンパク源を摂るにしても、朝食にベーコンやソーセージを食べるよりは、豆腐はおススメなんです。

もちろん腹持ちがいいわけではないので、途中で空腹が気になりそうなら「おから」が入っているメニューを選ぶと良いですよ。
豆腐よりは大豆の比率が良いので腹持ち良し、です。

「お年寄りゆし豆腐セット」には、おからが入っていましたよ~。

腹持ちはあまり・・という点でもランチよりは朝食のほうが良いかなと思います。

 

とうふの比嘉の体験まとめ

早朝から出来立てのゆし豆腐を求めて観光客で賑わう「とうふの比嘉」
優しい味わいの朝食が楽しめました。

外で食事というと1番多いのは「ランチ」で、
早朝から開店して朝食が食べられるところなんてそうそう無いですよね。
でも旅先だからこそ、朝の時間は普段できないことを体験してみてもいいんじゃないかな。

いつもより早起きしてサトウキビ畑の真ん中でゆっくり朝食を摂るのもいい体験になると思います。
少なくとも私は、一日の始まりに出来立てのゆし豆腐を食べられたことですごーく心もお腹も満たされました(*^^*)

 

調理場の入り口の所にあった看板に
『健康は第一の富である』
という文字が。

普段ジャンクフードばかりな人も、胃腸を休めるいい機会になるかも(^^)v

 

【お店情報】
とうふの比嘉
住所:〒907-0023 沖縄県石垣市石垣570
電話:0980-82-4806
休み:日曜日
営業時間:6:30~15:00

《関連記事》
とうふの比嘉への行き方まとめ(タクシー、バス、自転車)

スポンサーリンク

-石垣島
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.