【鴨川】具琥のランチ口コミレビュー|メニュー・アクセス画像付紹介

千葉

千葉県鴨川市でプチ移住中に見つけた一軒家カフェの具琥(ぐこう)でランチをいただきました。口コミレビューを画像付で紹介。メニュー、アクセス、お店の雰囲気などまとめました。行く人は参考にどうぞ。

kasumi
kasumi

ノマドライフ満喫中。千葉県房総半島にプチ移住しています。

里山風景がきれいな房総半島はカフェものんびり出来ました♪

のどかな田園風景を眺めながら、彩り豊かで目にも楽しい創作料理がいただけました。

モッチモチの水餃子、つけざる坦々麺は一押し!

具琥(ぐこう)へのアクセスは、バスと車と両方紹介しています。車を停める駐車場もあり、バス停からも歩ける距離ですが、車があるなら車で行くのスムーズです。

※具琥(ぐこう)は閉業しています

スポンサーリンク

【千葉】具琥(ぐこう)とは?

具琥(ぐこう)は千葉県鴨川市にある一軒家のカフェです。

周囲には棚田やハスの池があり、古き良き里山の風景が広がっています。

ちなみに店の名前は、古事の「愚公山を移す」(努力をすれば大きな願いも成就する)に由来するそうです。

店内に置かれている「半日村」という絵本の物語がその古事に近いとの事で、料理を待っている間に読んでみました。

「半日村」は、大きな山のせいで半日しか陽の当たらない村のお話です。たった1人の少年が陽の当たらない村を変えるために立ち上がり行動を起こします。1人の少年から始まった行いは徐々に村中に広まり、やがて1日陽のあたる村になった、というお話でした。

この半日村のお話は、お店の成り立ちにも関係あるのでしょうか。

沖縄の歌が流れる店内、沖縄のやちむんの器、そして、つけざる坦々麺は、以前沖縄の「スースースーン」で頂いた「スサ麺」にどこか似ています。

千葉県の田園風景を前にしながら、沖縄の自然を思い出してしまいました。

 

具琥へのアクセス|バス

具琥(ぐこう)のバスでのアクセスは、最寄りの停留所が「河岸坂上(かしさかうえ)」となります。安房鴨川駅からは10〜15分ほど。

バスに乗車するには、安房鴨川駅の東口を出て信号を渡ったところにある日東バスから乗車。金谷線か長狭線の「東京湾フェリー行」「平塚本郷行」に乗ります。

バスは本数がとても少ない為、時間に余裕を持って向かいましょう。

河岸坂上バス停から具琥(ぐこう)までは歩いて15分ほどです。

「古代大河蓮の里」の看板を目印に沿って歩いて行くとわかりやすいかもしれません。

具琥(ぐこう)までの道中、古代大河蓮の里に立ち寄ると、6月頃なら写真のようなハスの池が見られます。

kasumi
kasumi

私が行った時はちょうど6月だったので、きれいなハスの花を見ることが出来ました。

具琥(ぐこう)へのアクセス|車

君津・保田方面から(内房側)だと主基交差点を過ぎて次の信号先の路地を右折。
長狭街道(34号線)を進み古代蓮の池が目印。
蓮池から川を渡ってすぐです。

鴨川駅方面からだと、田原交差点の次の信号先の路地を左折。
下小原集会所を目印に少し先へ進んだところにあります。

お店の前には駐車場があります。
バスの本数は少ないし、辺鄙なとこにあるので車でのアクセスがベターかな。

【具琥(ぐこう)】
住所:千葉県鴨川市下小原795-1
電話:04-7094-5708
時間:11時〜16時(食事L.O14時,カフェL.O15時)
休み:月・金曜(祝日は営業)
WEB:http://www.guko.jp

具琥(ぐこう)の店内の様子

田園風景に佇むこちらの一軒家が具琥(ぐこう)です。

後ろにものどかな風景が広がっていますね。

入り口に入ると、靴を脱いでスリッパに履き替えます。

kasumi
kasumi

足元がスリッパに変わると、「人の家にお邪魔している感覚」になりますよね。

天然木のテーブルやイスと白い壁のナチュラルな空間です。大きめの窓が切り取る緑の景色は、まるで絵画のようでした。

4〜5人がけの長テーブル席とお座敷の席も用意されています。お座敷席では、子供連れのママさん達がランチ会をしていました。

子供用メニューはもちろん、子供用の椅子や絵本も用意されているので、小さいお子さんのいる家族連れも安心して来る事が出来ますね。

左奥の壁際にはカウンター席が5つ並び、目の前の窓からは裏庭のブランコや家庭菜園、その向こうにはゆるやかな棚田が見えます。

水はセルフサービス。

kasumi
kasumi

店内に流れているBGMは沖縄の音楽でした。

去年は沖縄で生活していたので懐かしく感じました。

具琥(ぐこう)ランチセットを注文

ランチには、店名を冠した「具琥(ぐこう)ランチセット」を頼みました。

プラス100円で「ご飯」を「ミニざるつけ担々麵」に変更できるというので、担々麵にしてみました。

お皿は沖縄の焼き物、“やちむん“を中心に揃えられています。

個人的に、外側の衣がサクサクどころかカリッカリ!な唐揚げが気に入りました。

右上の素揚げされ、とろっとした食感のズッキーニとナスは、醤油ベースのさっぱりしたタレにからめていただきます。
彩りがカラフルなポテトサラダは、赤と黄色のトマトに赤玉ねぎ、きゅうり、一口大のポテト・・と具沢山で満足感あり。
水餃子はつるんとした少し厚みのある皮に少し酸味のあるゴマだれのかかってます。皮がもっちもち!

ご飯から変更したつけざる担々麺は、濃厚なゴマだれにくぐらせていただきます。

kasumi
kasumi

辛さ控えめにしたのだけれど、ゴマのコクが強くて甘みがあるので、普通の辛さでも良かったかも。。

具琥(ぐこう)他のメニュー

参考までに、具琥のメニューを紹介します。

※メニュー内容は変更等ある場合があります。

  • 具琥(ぐこう)ランチセット
    国産鶏の唐揚げと米粉の薄衣野菜天+ゴマダレ水餃子+サラダ
    長狭米ごはん+味噌汁
    または、ミニざるつけ担々麵
  • まんぷくランチセット
    特大まんぷく餃子3個+照り唐丼ハーフ+冷ざるつけ担々麵2/3+サラダ
  • Aランチ
    照り唐丼ハーフ+冷ざるつけ担々麺2/3+サラダ
  • Bランチ
    焼き餃子3個+温至福の担々麺2/3+サラダ
  • Cランチ
    焼き餃子3コ+冷ざるつけ担々麺並盛+サラダ
  • まんぷく餃子定食
    餃子5コがつく定食
  • 照り唐丼
    国産鶏の唐揚げを特製ダレにくぐらせてご飯の上に。
  • 至福の担々麺
    房総のムロアジ、宗田ガツオ、サバ節で作るダシが香る温かい担々麺。
    国産香味野菜や胡麻油で作った辛さだけでなく香りも美味しい自家製辣醤
  • 焼き餃子・ゴマだれ水餃子
    もっちり、パリッとした国産豚肉と国産野菜のシンプル餃子。
    焙煎にんにくオイルを使っています
  • まんぷく餃子
    見た目も楽しい特大餃子。
  • 長狭米ごはん
    大・中・小

 

・麺の量は追加料金で増やす事ができます。
・担々麺は控えめ・中辛・大辛を選べます。

《スイーツ》

  • ベイクドチーズケーキ
  • ガトーショコラ
  • 焼きっぱなしのタルト(季節により変わる。)
  • やわらか杏仁豆腐

《ドリンク》

  • コーヒー
  • カフェオレ
  • 紅茶
  • カフェインレスホットティー
  • リンゴジュース
  • ピーチミックスジュース
  • ウィルキンソンジンジャーエール
  • ノンアルコールビール
  • アサヒスーパードライ

まとめ

具琥で食事をいただく間、鳥や虫の鳴き声が店内の静かなBGMに混じって聞こえてきて、耳にも心地良い空間でした。

絵本や雑誌を読みながら、のんびりと過ごせて満足です。

 

大山千枚田の詳細な地図と口コミはこちら【楽天たびノート】

千葉
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント