沖ノ島

https://kasumi0-0.com

千葉

千葉の沖ノ島でフォトジェニックスポット巡り|東京日帰り癒しの旅

投稿日:

東京都から約2時間で行ける無人島として人気の
千葉県館山市の「沖ノ島」に遊びに行ってきました。

島内のあちこちに絵になるスポットがあって、カメラ必須!!
海はほんっっっとキレイだし、植物も多くて自然を満喫できます。
景色がきれいなので、癒されること間違いなし!

週末にでもカメラ片手に行ってみてください♪
フォトジェニックな絵が撮れるかも^_^

スポンサーリンク

 

沖ノ島のフォトジェニックスポット巡り

着いた〜!沖ノ島!
砂浜の上を歩いて"上陸"。
なんか変な感じ。
香川県にある小豆島のエンジェルロードを思い出したけど、
小豆島のは干潮で道ができるわけだから、普段は海で隔てられた"島"なんですよね。
沖ノ島は元々は海に囲まれていたけれど、1923年の関東大震災で地盤が隆起して本土と陸続きになったそう。
正確には"元"島??なのかな。

透明度の高いきれいな海!

去年は1年沖縄本島と石垣島で生活していたのですが、もう青い海が恋しい…。
でも島国日本には、沖縄以外でもキレイな海に出会える場所がまだまだありますね。

沖ノ島周辺は自然環境保護区になっていて、
海水浴場水質調査ではAAランクの最高レベルのきれいな海らしい。
この透明度!

沖ノ島

【青い色の癒し効果】
ちなみに「青」色には、副交感神経を優位にし、
呼吸がゆっくりになったり心身の落ち着きに作用する色。
ハワイや沖縄などの青い海は見ているだけでも本当に癒されますよね~。

もちろん沖縄などとは違って海の底の「砂の色」が黒っぽいので海の色も多少違って見えますが、
でも、飛行機に乗らなくても「東京から日帰り」でもキレイな青い海には出会えます。
日々の疲れを癒す場所としても最適♪

 

岩場の天然プール

 

沖ノ島の周囲はゴツゴツした岩板が隆起していて、潮が引くと天然のプールが其処彼処にできています。
岩のくぼみに取り残された生き物を観察するにもいい場所。
イソギンチャクに小魚、ヤドカリ、ウミウシなんかが見つかることもあります。
すぐ足元で魚が泳いでるのが見られるのはちょっと嬉しい(*'▽')
この付近は裸足じゃ危ないので、足首までホールドするタイプのサンダルや濡れてもいい靴があるといいかも。
ビーチサンダルだと脱げやすいかな。

スポンサーリンク

島内は木々が生い茂っていて、ちょっとしたジャングル。
真夏は日差しが遮られていいわ~♪
島の中心にある「宇賀明神」のご神木(タブノキ)は、推定樹齢300年といわれる巨木。
(この木の写真データ消してしまったので、ぜひその目で見てみてください(;´Д`)

沖ノ島

島内から海辺へと続く道があちこちにあるので、好きな道を通って海へ出られます。
こういう「海へ続く道」って大好き(*´ω`*)

 

洞穴から見る海

沖ノ島

沖ノ島には戦時中の洞穴が残っていて、一部は中へ入ることができるんですよね。
戦争遺跡ですね。
中はちょっとひんやりしてる。。
夏は涼しくていいかも(*´ω`*)

でも、光の届かないところはまっっっっくら!
何も・・・見えない・・( ;∀;)
足元もだけど、頭上も気を付けてー。

沖ノ島

真っ暗な洞穴に切り取られた海は、青色が際立ってきれい。

沖ノ島フォトジェニックスポット巡りを終えて

こんな素敵な景色に出会うたびに「iPhoneのカメラじゃなあ…」と思ってしまう。。
ちゃんとしたカメラを買おうかなと思いつつ、荷物を増やしたくなくて未だiPhoneで撮ってます。
iPhoneでも割とステキに撮れるので、本格的なカメラなら尚更と思います・・。

沖ノ島は世界有数のシュノーケリングスポットでもあって、黒潮(暖流)の影響で南の海で見られる生き物を見ることもできる場所。
真っ青なソラスズメダイ、オレンジの縞々模様が可愛いクマノミ、…とか、結構カラフルなのがいます。
シュノーケルの体験ツアーもあったので、興味ある人はおすすめ♪

そして、貴重な貝が見つかるのでビーチコーミングにも人気の場所だそうですよ。
とっても貴重なイルカの耳の骨も。
なぜか沖ノ島や館山あたりの海岸に打ち上げられやすく、「お宝」なのだとか。
なんにせよ、遊ぶには困らない場所。

人気の海水浴場でもあるので、ゴールデンウィークや夏休みは家族連れも多く混雑します。
午前中に駐車場がいっぱいになることもあるので、早い時間帯の到着がおすすめ。
静かに癒されたい人は、平日を狙うのがおすすめ。

スポンサーリンク

-千葉
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.