【サンカフェパラダイス】海を眺める江の島の隠れ家カフェ

横浜・湘南
kasumi
kasumi

こんにちは! ベンチャー企業の営業から好きな街へ住むノマドワーカーへ転向したkasumiです。

江の島近くに住んでいる方からおすすめされた、江の島の隠れ家カフェ「サンカフェパラダイス」に行ってきました!

地元民おすすめなだけあって、とても雰囲気良かったのでシェアします。

お店の雰囲気やメニューを写真付きでまとめました。

江の島SUNCAFE PARADISE(サンカフェパラダイス)とは?

サンカフェパラダイスは、江の島マリーナ内にあるトレーラーハウスを利用したカフェです。  

海の目の前にありながら場所がちょっと分かりにくく、知る人ぞ知る隠れ家的存在。  

週末のみの限定営業でした。  

サンカフェパラダイス店内はグリーンたっぷりの開放的な空間

  トレーラーハウスを連結した店内は、奥まで陽が入り明るく開放的。

ナチュラルな木のテーブルに明るい色味の椅子やクッションが揃えられ、開放的なビーチサイドインテリアです。

  天井から珍しい植物が吊るされていたり、隣のテーブルと柔らかく仕切るように大きめの鉢植えが置かれていたりと、たくさんの緑が癒しを与えてくれます。

ウッドテラスの先はすぐに海。

外と中の境界線が曖昧になったよう。

ウッドテラスに続くドア近くにあるソファ席。

どの席も絵になるし居心地良い~  

サンカフェパラダイスのドリンクとランチメニュー

  サンカフェパラダイスでは、地元産の食材やオーガニック素材を使うなど安心安全な食事やドリンクにこだわっているのがポイント。  

地産地消やオーガニックの取り組みは増えてきましたが、鎌倉周辺は特に多いような気がします。

 

  • 新じゃがのグラタン
  • 塩豚のキャベツ煮込み
  • 湘南産シラスのパスタ/1300円  
  • サンカフェパラダイスのドリンク

 

私はカフェタイムにお邪魔したので、ドリンクを頂きました。   自家製シロップを使ったドリンクは水割りとソーダ割を選ぶことができます。

  • ベリーベリー
  • ジンジャー
  • 梅 

選んだのはベリーベリー。 果肉がゴロッゴロ入っていてなにこれ美味しい幸せ!

ストローは環境に優しい紙製のものを使っているところにも注目。  

900円という値段設定に、若干おののいたものの(ランチ値段じゃん!!)、ロケーションの良さと食材へのこだわりで満足してしまいました。  

サンカフェパラダイスのアクセス

サンカフェパラダイスは、江の島マリーナ内にあります。 店の裏側に立体駐車場があるので、隠れていてちょっと見つけにくいかもしれません。  

場所:藤沢市江の島1-2
電話:0466-90-4446
休み:火曜日 

江の島サンカフェパラダイスまとめ

江の島のサンカフェパラダイスは、ロケーションの良さとこだわりのオーガニックメニューが楽しめる穴場カフェでした。

結構ガイドブック等でも紹介されていますが、ちょっと見つけにくいのが難点ですね。

江の島マリーナ内を探してみましょう。

横浜・湘南
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント