【名古屋駅前】料亭ランチが1,000円!おばんざい割烹茂治

中部
kasumi
kasumi

こんにちは!
ベンチャー企業の営業から好きな街へ住むノマドワーカーへ転向したkasumiです。

夏に愛知に帰った際に、名古屋駅前でお得な料亭ランチをいただいたのでご紹介!

名古屋には子供の頃から遊びに行っていましたが、駅前で食事ができる店をいつも探しています。

今回紹介する「おばんざい割烹 茂治」は、女友達同士でもビジネスマンでも主婦でも、カウンターがあるので1人でも利用できるランチにおすすめのお店。

名古屋駅から徒歩5分の場所にあり、アクセス良好。

以前は別の場所にあったのですが、名古屋駅開発時期にいつのまにか移転していました。

名古屋駅前でランチのお店を探しているなら是非行ってみて欲しいです。

【名古屋】おばんざい割烹茂治とは?

「おばんざい割烹 茂治」は、”カウンターに常時35種類以上のおばんざいが用意され、食材にも調理方法にもこだわった、その時に一番美味しい食べ方で提供される”お店です。

割烹…というと、高級な日本料理を食べられるお店を指しますね。(もとは料理方法らしいですが)

 

つまり高級料亭!!

 

…なのですが、平日の昼間はなんと1,000円!のコスパ抜群なお得ランチが登場するのです。

普段は6,000円〜1万円以上のコース料理を提供するお店の味が1,000円でいただけるとあって、周辺のビジネスマンやOL、主婦に口コミで広がり大人気。

たまにテレビでも紹介されています。

お昼時にはすぐ満席になってしまうので早めの来店がおすすめです。

私も12時前に到着した時には個室と1つのテーブル席以外空いていましたが、12時半を過ぎるとカウンターまで埋まって満席になりました。

「高級で質が良くお得」、名古屋の人は特に大好きですよね。

おばんざい割烹茂治の店内

店内は照明を落とした落ち着いた空間。

重厚感ある1人がけソファに身を落ち着けていると、平日の昼間だということを忘れてしまいそうです。

カウンターの奥では料理長(あの方が中村茂治さん?)手際良く食材をさばく姿が見えます。

カウンター上に並ぶ墨書のお品書きを眺めると「飛騨牛の朴葉味噌焼き」(口コミ評価いいやつ!)や鱧の南蛮漬け、夏鴨のオレンジ煮など気になるメニューがいっぱい。

(夏に行ったので夏のメニューです。)

 

しば漬け風サラダってそれは何…?

トマトと湯葉のカプレーゼ⁈イタリアン?

一瞬日本料理のお品書きでカプレーゼとは?と頭をひねったけれど、イタリアのトマト・モッツァレラチーズ・バジルのサラダの事なので、おそらくモッツァレラチーズの代わりに湯葉を使って日本風に仕上げてあるのではないかと思います。

(違ったらごめんなさい。単なる推測です。)

おばんざい割烹茂治のランチメニュー

私はこの日は定番?の「茂治の昼定食」を頼みました。

名古屋人に人気の茂治ランチメニューはこちら。

1,000円〜。

【限定10食】季節の十二単御膳

湯葉あんかけ丼
おばんざい12品
赤出汁

茂治の昼定食

日替わりおばんざい7品
ご飯(白米or五穀米)
本日の汁物
香物

 

飛騨牛定食

本日の飛騨牛料理
おばんざい2品
ご飯(白米or五穀米)
本日の汁物
香物

 

うな丼定食

うな丼
本日の小鉢
ご飯(白米or五穀米)
本日の汁物
香物

定番の「茂治の昼定食」が人気だけれど、あれば限定10食の季節の十二単御膳を頼みたいですね。

飛騨牛も口コミ見たら好評でした。

その他にお昼の特別コースもあります。3,000〜15,000円など予算に合わせて接待や女子会、集まりに利用できるコース料理です。

特別な日に頼んでみては。

【名古屋】おばんざい割烹茂治へのアクセス

名古屋駅を桜通口側(新幹線出口と反対側)へ出て、大通り「名駅通り(68号線)」を左折(ノリタケの森方面へ)。

牛島の交差点を名古屋城方面へ右折。

一本脇道を通り過ぎてじき、左側のビル5階にあります。

住所:名古屋市中村区名駅2丁目36-8,5階
電話:052-414-7668
休み:不定休
【月〜金】ランチ11:30〜14:00(L.O.13:30)/ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)
【土日祝】ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)

クレジットカード決済可

コメント