沖縄

大宜味村の笑味の店の長寿ランチが自然にも体にも優しくて最高でした

更新日:

かつて日本一の長寿の村として注目を浴びた"大宜味村"
長寿の里としても有名です。

その大宜味村には、「長寿ランチ」が食べられるお店があるので
ずっと食べてみたかったんですよね。

長寿ランチが食べられるのは「笑味の店」

「季節の食材を使う分だけ収穫して、
楽しみながら料理して提供する」

をコンセプトに、山原の自然・味・人をまるごと味わえるお店なんです。

畑で採れた島野菜を使った
昔ながらのごはんは
身体にとって最高のごちそうでした!

沖縄の大宜味村 長寿の里とは?

大宜味村は沖縄県北部の"やんばる"と呼ばれるところにあります。

"やんばる"は沖縄の言葉で"山原"。
山や森などの自然がたくさん残っている地域のことだそう。

この自然の島野菜を使った伝統的な食文化を受け継いで、
元気な高齢者が多いことから
1993年に「長寿の里日本一」を宣言した村です。

この大宜味村のおじい、おばあたちは皆元気!
やっぱり毎日口にする食事がいいのかも。

そんなわけで健康長寿の秘訣に迫れそうな大宜味村「笑味の店」で長寿ランチいただきました♪

 

大宜味村で長寿ランチが食べられる笑味の店とは?

笑味の店は58号線沿いにあり、
駐車場からは海が見えます。
というか、海目の前!58号線は海岸沿いなんです。


店内一応網戸ついてるけど、入り口は開け放されてて
虫がブンブン入ってきてます。
自然のままですね~( ´ ▽ ` )

入り口横の大きなテレビでは、
笑味の店が放映された時の番組が流れてますね。
海外でも知られているみたいですよ。

私が行った時は
オーストラリアとニュージーランドからきた女性客しかいませんでした。
店員さんが英語で対応されてました。

観光客のまだ多くない時期で平日だったからかもしれません。

店内ではWi-Fiが使えるのも嬉しいところ。
ノマドワーカーには貴重なお店ですね。

笑味の店の長寿ランチはこちら!

おすすめは「まかちくみそぅれランチ¥1,100」

"まかちぃくみそぅれ"は
沖縄ことばで「おまかせください」という意味なのだとか。

お盆にのった色とりどりのおかず。
彩りもきれいで食欲をそそります(*´ω`)
たくさんの種類のおかずを少しずつ食べるってけっこう贅沢ですよね〜。
自分でこれだけの品数作るの大変だし。。

  • やんばる硬ジューシー
  • 玄米おにぎり
  • 笑味の麺
  • ラフテー
  • 味噌汁:ゆし豆腐、季節の野菜
  • 漬物
  • タピオカアンダギー:
  • サーターアンダギー:笑味の店でしか食べられないシークワーサー味か黒糖味
  • カスピ海ヨーグルトのフルーツソースかけ

麺は黄色と緑なんです。
黄色はシークワーサー、緑はサクナとイーチョーバーが混ぜてあります。
麺の上にはもずくがのってますよ。

青パパイヤの炒め物
薄めの味付けでパクパク食べられました。
しんなり柔らかいパパイヤ。

スポンサーリンク

味噌汁
ちょっと濃いめの赤味噌です。
島豆腐とハンダマかな。シンプルな具。

筍みたいなんですけど、
スジがわからないくらい柔らかい。

ラフテー
トロットロに煮込まれた濃いめの味付けのラフテーは玄米ごはんに合います!
付け合せの昆布、大根、おくらも一緒に。

ジューシーは、畑で採れた野菜と昆布、しいたけが混ぜ込んであるそう。

ゴーヤーチャンプルー
ゴーヤーと卵のシンプルなチャンプルー。

にがな(ホソバワダン)と島豆腐の和え物

もちもちしてるタピオカアンダギー
紅芋とタピオカを混ぜて揚げてあるそうで、
おやつ感覚かな。ほんのり甘いです。

モーイドーフ
モーイはイバラノリ科の海藻のこと。
茹でると黄色から緑に変わります。
このモーイと野菜、豚肉などを炒め煮して練り状に。
それを型に入れてかためたものです。

ゼリー寄せにも似てます。
味はパンチがあるわけでもなく、
おいしい???うーん。

大宜味村で採れた食材を使って手間暇かけて作られた食事ですね。
野菜中心で昔ながらの食事です。
体にも優しい(^v^)

そしていろんな食材を少しづつ摂れるから栄養バランスも良さそう。
こんな食事が健康長寿の秘訣かな。

 

《他メニュー》

  • 長寿膳(要予約)

沖縄の郷土料理が詰まったお膳

  • じゅうしぃランチ
  • ひらやーちー
  • 氷ぜんざい
  • サーターアンダギー
  • タピオカアンダギー

サーターアンダギーとじゅうしぃおにぎりは持ち帰りもできるようです。

まとめ

日本一の長寿の秘訣が学べそうな長寿ランチ。

日本は世界一の長寿国でもあるけれど、
"寝たきり"や"介助の必要な"長寿が多く
「健康寿命」はさほど長くもないんですよね。。。

医療健康関係の仕事についてたときにこの事実を知って驚きました。

けれど大宜味村のお年寄りは、自活できて元気な長寿。

私も沖縄で生活して5ヶ月経ちましたが、
ほんとに元気で楽しそうなお年寄りが多いんですよね。
そう、皆楽しそう!

自然に囲まれた生活も心にゆとりを生むのかもしれませんが、
人口調味料、添加物に頼らない昔ながらの食生活も
「元気で楽しい長寿」を支えている理由なのかもしれないです。

【お店情報】
笑味の店
住所:〒905-1395沖縄県国頭郡大宜味村字大兼久61
電話:0980-44-3220
休み:火・水・木
営業時間:金・土・日・月の9:00〜17:00(食事は11:30〜L.O.16:00)
駐車場:有り
HP:http://eminomise.com/

《近くのスポット》
●慶佐次湾のヒルギ林でカヌーやシーカヤックができるやんばるクラブの詳細な地図や口コミはこちら(楽天たびノート)
●地元客も利用するJA直売所。やんばるの産物が手ごろに手に入るファーマーズマーケットやんばるの詳細な地図や口コミはこちら(楽天たびノート)

スポンサーリンク

-沖縄
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.