ご縁は自分で作るもの

コロナ禍の出会い

沖縄の駄菓子いかべえ|旅先のローカルおやつ発掘・感想

沖縄

”スーパーで買える沖縄のお菓子”をご紹介します。

いか味いかべえ

だいたい沖縄県内のローカルなスーパーだと売っていました。

最初見た時に「すごく昭和の香り漂うパッケージとネーミングだな」と目が釘付けになりまして、即お買い上げですよ。

kasumi
kasumi

たまに沖縄物産展で売られていることもあるけれど、現地で買った方が安いし、旅先でローカルなおやつを楽しむのも良いよね。

スポンサーリンク

沖縄のお菓子いか味いかべえ

お値段も100円ほどで、駄菓子っぽい見た目とネーミング。

全部で6枚入りです。
作っているのは沖縄県うるま市にある会社『玉木製菓』さん。

 

 

【原材料】
小麦粉、澱粉、植物油、いか、食塩、膨張剤、甘味料(甘草)、調味料(アミノ酸等)

甘味料には甘草が使われており、昔ながらの体にも優しい味わい。

 

1枚の大きさは、手のひらサイズくらい。

厚さはちょっと厚めです。
1cmちょっとありますね。だいたい1.5cmくらいかな。
そのままかじるのは食べにくかったので、手で少しずつ割っていただきました。

かじった時のサクサク感にハマります。

パッケージにも「ふわふわサクサクおいしいよ」と書いてある(笑)
厚みがあるので、ただ柔らかいだけのサクサク感とは違ってちょっと噛みごたえあり。

いかべえの味

味はほんのり感じるくらいですが、かじればかじるほど旨みが出てくるというか・・

「やめられないとまらない」(笑)
有名な某お菓子と似てますが、そちらより味は濃くなくて、もっと滲み出る旨味とでも言いますか。

追記「こわれ塩せんべい」も食べてみました

いかべえの隣にあった『こわれ塩せんべい』も試してみました。
塩味:北谷(ちゃたん)の塩を使ってるようです。

沖縄県中頭郡にある「株式会社 サンシオ」さんが作っています。

原材料:小麦粉、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、パーム油、食塩
1袋あたり299kcal

いかべえより厚さは薄い・・
と思いきや一番下に入っていたものは厚みがあり、どうやら厚さはまちまち。

味は・・・普通の塩味。

いかべえよりふわふわ感は強いです。

ちょっと固めの麩菓子に塩味、という感じ。
いかべえと比べると旨みはなく、正直そんなに・・(;^_^Aでした。

沖縄のコンビニの塩せんべいも試してみました。

Deli POPの塩せんべい

パッケージ左上に「石垣の塩」表記ありますが、石垣島の塩を使っているようです。
7枚入り。

これは「こわれ塩せんべい」より味が濃い目で、コンビニ特有のスナック菓子みたいな味。

 

製造者 有限会社 全喜堂
沖縄県南城市大里大城910-1
原材料 小麦粉、とうもろこし粉、植物油、食塩、たんぱく加水分解物、梅パウダー、昆布エキスパウダー、砂糖、酸味料、しそエキス、調味料(アミノ酸)、甘味料(アステパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ステビア、アセスルファムK、酸化防止剤(ビタミンE)

 

沖縄
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント