旅生活

冬のヨーロッパ旅行の服装をユニクロ縛りで考えてみた!

更新日:

冬のヨーロッパは旅行のオフシーズンなので
夏に比べてかなり安く旅行できていいですよね(*'ω'*)

12月は本場のクリスマスマーケットを見にヨーロッパへ旅行する人も多いですし
ヨーロッパ旅行の穴場時期と思います。

でも、ヨーロッパって北海道と同じくらいかもう少し上に位置するんですよね。
・・・寒いよね。。

クリスマスマーケットだと夜も歩くわけですよね。

・・・寒いよね。(´-ω-`)

 

完全防寒な寒さ対策したいけど、厚着過ぎてもダサい。
で、寒さ対策しながらもおしゃれも捨てない
冬のヨーロッパ旅行に行くときの服装を”ユニクロ縛り”で考えてみました。

初めはユニクロに限定するつもりなかったんだけど、
ちょうどユニクロ行って来たら
冬の海外旅行で使えるアイテムが豊富だったので思い付き!

最近のファッション誌はユニクロコーデ特集も多いし
機能性のいい服が揃ってるので本当つかえます。

てなわけでしっかり寒さ対策して冬の海外旅行も楽しめる服装は以下!

スポンサーリンク

冬のヨーロッパ旅行は寒さ対策必須!

日本より緯度が高い位置にある国が多いので、冬の寒さはこたえます。。

そして湿度の高い日本と違って空気も乾燥しているので、寒さとのダブルパンチで風邪をひきやすいことも。

せっかくの旅行が台無しにならないように、寒さ対策は万全に!

 

冬のヨーロッパでの服装はシルエットにも気を配る

シルエットのバランスを見る

寒さ対策を重視するあまり、トップスにもボトムスにもボリュームが出過ぎて着ぶくれしてスタイル悪く見えるのも嫌ですよね。
冬の服装で気を付けたいのは全体のシルエット

トップにボリューム出した逆三角シルエットなら

  • 【トップス】:大きめサイズのニット+ダウンジャケット
  • 【ボトムス】:ヒートテックのレギンスパンツ+スニーカーorブーツ

スカートのコーディネートなら、私はざっくりこんな風に考えてます。

  • 【ミニか膝丈】上着はショート丈でボリュームあるダウンかロングコート。
  • 【膝下丈】スカート丈はコートより短いか同じくらいの長さ。

膝下丈のスカート(実漏れスカートやロングスカート)ならコートの長さに注意。
フレアタイプのスカートでダウンだと全体的にボリューム大きくなりがちなので、ウールコートに重ね着用ダウンコート着用がおすすめ。
ダウンジャケットにするならショート丈でも比較的コンパクトなモノの方が良い感じ。

シンプルな方がおしゃれに見える

そしてできるだけシンプルを心がけてます。

ヨーロッパのファッションてシンプルが多いですよね。
そもそも骨格が違うのでシンプルなものが映えるんですが・・。
骨格の違いはどうしようもないとしても、ボリュームの出やすい冬服はシンプルにするとすっきりキレイに見せやすいです。

柄ものはあまり入れず、入れるとしたらアクセント程度。
ちらっと見せるか小物で取り入れるくらい。

服装の色は基本2色

全体の服装で使う色は2色が基本
もしくは3色くらいまで。
黒×白とかグレー×白などモノトーンなら2色でまとめるとスッキリ。
服の素材の違いでメリハリがでるので、2色でもおしゃれに見えます。

例;白のダウンジャケット+白のボリュームニット+黒のスキニータイプのヒートテックレギンス+白スニーカー

3色くらいなら同系色でまとめたりします。
同じ色でも色の濃さや彩度の違うものでまとめます。

例;ベージュコート+ベージュかアイボリーのニット+ベージュと白・茶のフランネルシャツ+ベージュのスカート+白スニーカー
このベージュもミルクティーみたいな色を選ぶと全体的に柔らかい印象になっておすすめ。
ミルクティーカラー+白は個人的に好きな組み合わせ。

スポンサーリンク

冬のヨーロッパへユニクロだけで行ってみる

基本的な服装は

しっかり暖かい上着+コンパクトなインナー

がベスト。

冬のヨーロッパって雪もあるし、確かに寒いんだけど
室内はめちゃ暖かいです。
寒い地域ほど室内は暖かい工夫をしてますよね。

厚手のものばかり着ていくと、モコモコしすぎて見た目もアレなんで
室内では上着を脱いで調節できるような服装がおすすめ。

 

上着

コートやジャケットは一枚でしっかり暖かいものがおすすめ。
厚手のダウンコートなど。
すっきりシルエットのウールコートなら、
中に重ね着用の薄手のダウンを仕込んでおくといいかも。
コートやジャケットの下に重ねる用の襟無しダウンジャケットやコートは便利。

ちなみにユニクロのウルトラライトダウンは、
外出時用にそれ1枚だとちょっと頼りないことも。
暖かい日中ならいいんですけどねー(^^;)
ウルトラライトダウンも重ね着として考ええた方がいいかも。

 

トップス

コートをしっかり暖かいものにしておけば、
中はすっきりコンパクトにまとめられますよね。
活躍するのは、保温効果のある機能性肌着
ユニクロのヒートテックの中でも「極暖シリーズ」は最強
※個人的意見

薄手で上に着る服にひびかないので合わせやすいです。
ただ、首元が開いた服だと見えちゃうのが難点。
私は自分が着やすいように手持ちのトップスに合わせて
首回りをカットしてきてます。(リメイク?)

ヒートテックのブラトップは
ブラを別に持っていかなくてもいい分荷物もまとめやすいです。
これまた旅行時におすすめ。

ちなみにヒートテックの重ね着はやめたほうがいいです。
もたついて着ぶくれしやすいので見た目にもイマイチ。
室内だと暑いし、ヒートテックの構造上重ねてもあまり意味ないです。
それなら極暖1枚のほうがいい。

 

ニットはシンプルな無地かケーブル編みのもの。
シンプルなものを用意してます。

シンプル過ぎて地味に感じたら、
フランネルシャツを1枚重ねるとアクセントになる♪
ユニクロのフランネルシャツは起毛タイプで、空気を含むから暖かいんですよ~。

私、旅先にはボタンダウンシャツを1枚持ってくんですけど
はおりにしたり、中に重ねて襟や裾から柄をのぞかせたり、
暑い時は腰に巻いてもシンプルな着こなしのアクセントになるのでほんと重宝してます。

上着の下の服装はこんな感じ。
私は2枚か3枚です。

保温効果ある機能性インナー+ニット(+フランネルシャツなど)

ボトムス

スカート+厚手タイツorレギンス+靴下など二重にすると温かい!
タイツやレギンス、ソックスも、ヒートテックの保温効果のあるものが出ているので
活用しない手はありません(。-`ω-)

腰回りは2重にするといいです。
スカートに靴下だけだと太ももあたりが冷えやすい。

男性だと二重にすると室内じゃ暑くて気持ち悪いって人が多いので
1枚で暖かい機能性ボトムスがおすすめ。
ヒートテックのジーンズやヒートテックのストレッチパンツなどが◎
今、本当に便利なのが出てますね~。

 

くつ

くつはユニクロ以外で用意した方がいいかも。
なぜってすべり止めないから。

石畳だったり雪が積もってたりするので、
靴の裏に滑り止めがあるものが理想です。

市販のすべり止めシートを靴の裏に貼るという意見もあったけど
あまり凹凸がないので意味ないです。

ヒールの高い靴は避けたほうが良いです。
石畳だとヒールは歩きにくいし、
何かあった時走りやすい靴の方が安全。
それに、ヒール部分はすべり止めの凹凸があまりないから
かかとから滑ることもあります。

ぺたんこ靴でもバレエシューズみたいなものだと、
冬は冷えやすいので個人的におすすめしないです。

個人的におすすめはスニーカー+厚手靴下、ブーツ+タイツ
ブーツも中がボアタイプのものがあったかくておすすめ。
ムートンブーツをはくなら全身のバランスに気を付けたいところ。

厚手のタイツや靴下をはくなら靴のサイズは大きいものを。
厚手の靴下で靴がきつくて足が痛くなると困りますもんね。
1度旅に出る前に日本で履いてみてチェックするのがおすすめ。

 

 

まとめ

ユニクロだけでも真冬のヨーロッパ旅行行けますね。
(靴は違うけど)

寒さ対策ってついつい厚着して着ぶくれしちゃうので
ユニクロのヒートテックみたいに機能性のあるものを賢く利用して
すっきりしたシルエットでおしゃれに旅行を楽しみたいですね♪

スポンサーリンク

関連

-旅生活
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.