ご縁は自分で作るもの

コロナ禍の出会い

寒さ対策できる営業女性向けの冬の服装

生活
kasumi
kasumi

こんにちは!
ベンチャー企業の営業女子だったkasumiです。

冬・・・外回りの多い営業にとっては、辛い季節ですよね。

あったか~い暖房の効いたオフィスで座っている他部署の社員が、どれだけ羨ましいか。。

私も営業時代は、東京はもちろん、福岡や新潟の豪雪地帯、マイナス20度近くの北海道など、全国とびまわりました。

この記事では、自分自身の経験を元に、「女性営業の為の寒さ対策、服装編」をまとめてみました。

女性は「寒さに負けるな!」なんて根性論で立ち向かうより、賢く寒さ対策して笑顔キープした方が、絶対良いですよ♪

▼スーツとパンプスの寒さ対策の詳細はこちらから▼
冬の寒さ対策|女性のスーツとパンプススタイル
https://kasumi0-0.com/3332.html
スポンサーリンク

営業女子の寒さ対策ポイント

営業女性の寒さ対策は、外と室内の気温差を考えた工夫が必要です。

営業といっても色々ですが、特に外回りの営業では、外と室内の行き来が多くなり、頻繁に上着を脱いでは着て・・・と、やっているのではないでしょうか。

kasumi
kasumi

取引先では上着の着脱もスマートに見せたいな。

 

だからこそ、コートの着脱がすぐできるように、できるだけシンプルにまとめるのがポイントです。

 

コートの着脱が面倒だから、コートを着ずに最初から厚着していくという方法もありますが、そうすると、室内に入った時に暑い上、着ぶくれしてしまいます。

オススメはこの順番。

  1. ヒートテックなどの機能性肌着
  2. シャツなどのトップス(無くてもOK)
  3. 薄手のニットorカーディガン
  4. コート(上着)

 

寒さ対策できる服の着こなし

冬の寒さ対策は、風避けと保温が大事なキーワードです。

  • 外気の冷たい空気が入ってこないこと
  • 服の内側の熱を逃がさない(=保温)こと

コート下の保温対策

コートの下は、シンプルな保温対策をしていきます。

あまり何枚も重ねずに、機能性のあるアイテムを利用したほうが着ぶくれもしません。

 

機能性肌着

トップスは、薄手の機能性肌着をチョイス。

定番のブランドではユニクロなど。

シンプルで機能性の高いものが充実していて重宝します。

ヒートテックは汗をかくと発熱する優れものアイテムで、冬には欠かせません。

長袖だけでなく半袖やレギンスまで、色々揃っているので、毎年買い替えをしています。

寒さ対策には、ヒートテックの極暖シリーズがおすすめです。

kasumi
kasumi

ただのヒートテックではなく、極暖ですよ。極暖。
“暖”さを”極”める、っていう名前からして凄いんですが、
一度極暖を着ると、もう普通のヒートテックには戻れなくなります。
それくらい優秀な寒さ対策服です。

・・・手放せない。

薄手なのに普通のヒートテックよりも温かく、着ぶくれもしないので、すっきりコンパクトに寒さ対策ができるようになりました。

ちなみに、いくら薄手でも、機能性肌着を2枚重ねするのはおすすめしません。

上半身がもたつく上、シルエットも崩れがちになります。

薄手のニットorカーディガン

肌着の上の薄手ニットやカーディガンは、好みで足します。

私はスーツの上着を着るときは、ニットまでは着ませんでした。

ただ、寒がりな方は、ニットがあると保温効果が増して心強いです。

シャツの上に薄手のニットかカーディガンを着るのも〇

カーディガンを選ぶと、途中で暑くなったら脱ぎやすいので便利です。

ニットを選ぶポイントは、素材と厚みです。

カシミヤやウール、アンゴラなどの天然素材を選ぶと、生地が薄手でも保温性が高くなります。

逆に、アクリルやポリエステルなど化学繊維のものだと、ボリュームはあっても保温性は高くありません。

 

上着で風除け

上着の中は、保温性の高いもので温かさをキープし、上着で外気をシャットアウトします。

上着は、冷たい外気が入ってこない素材のものをチョイス。

コートには1番投資する

他は節約しても、コートには一番投資し、良いものを選ぶようにしています。

コートがしっかりした作りのものだと、あれこれ厚着しなくて良く、丁寧に手入れすれば長く袖を通せます。

安いものを毎年買い替えるよりも、結果的にお値打ちです。

経験談ですが、安いものをあれこれ買っていると、”安物買いの銭失い”で、結果的に高価なコートを買うよりも出費しています。

帰宅したら簡単にブラッシングをして、丁寧に扱えば長持ちするアイテムなのです。

kasumi
kasumi

良いものを手入れしながら丁寧に扱う事。
持ち物を丁寧に扱うと、人との付き合い方も同じように変わってくる気がしています。

コート(上着)の選び方ですが、生地の目がつまっていてしっかり風を防げるものを選びます。

冬なら素材はウール(毛)がおすすめ。

仕込みダウンジャケット

ユニクロなどのウルトラライトダウンをコートの下に仕込むのがオススメです。

私は、仕事の時はダウンは着ませんでした。

理由は、走り回っていると、蒸されてかなり汗をかいてしまうから。

サウナスーツ状態でとても暑かったので、私はダウンジャケットまでは着こみませんでしたが、積雪地域やかなりの寒がりの人は、上着の下にダウンジャケットを仕込むと隙がありません。

自分の寒がり度によって調節してみてください。

寒さ対策の小物

寒い時は首回り(首・手首・足首)を温めると効果的なので、マフラーや手袋があると、より保温性が増します。

とは言え、営業女性の冬の寒さ対策としては、マフラーや手袋をつけていると、さらに着脱が面倒になり時間がかかってしまうのが難点です。

kasumi
kasumi

ちなみに私は、マフラーも手袋もあまり使いませんでした。
さすがにマイナス10度以下にもなる地では、手袋を用意しましたけど・・

手袋はさすがに気温によってはあった方がいいですが、マフラーは、首元まであるトップスを選ぶことで、持ち歩かずに済みます。

営業女性の寒さ対策まとめ

営業女性の冬の寒さ対策のポイントは以下

  1. 着脱を考えてシンプルにまとめる
  2. 風よけと保温を意識
  3. コートには投資
  4. 素材は薄手でも保温性のあるものを選ぶ

寒いと気持ちまでショボンとしてしまったり、逆にトゲトゲしくなったりしてしまいます。

けれど、しっかり寒さ対策して「空気は冷たいけれど身体は温かい状態」ってそれだけでとても幸せに感じます。

そんな気持ちの時は、商談も上手くいく事が多いのです。

気持ちの余裕は商談相手にも伝わるのですね。

営業の皆さま、寒さも味方につけてがんばって下さいね٩( ‘ω’ )و

生活
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント