沖縄

宗像堂の天然酵母パンと人気のバナナコクルレは必食!

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

天然酵母パンで人気の沖縄の宜野湾市にある宗像堂へ行ってきました。
種類豊富なのでかなり迷いましたが、人気商品のバナナコクルレはしっかり選んできました!

以下、

宗像堂への行き方や駐車場
バスでの行き方
天然酵母パンとバナナコクルレの名前の意味
通販

について順番に紹介していきます。

スポンサーリンク

宗像堂の場所と行き方

宗像堂は沖縄本島の宜野湾市にあります。
途中から狭い路地を行くことになるので、運転に注意!

那覇市街から車で30分ほどです(道路状況にもよる)

 

宗像堂の駐車場は停めにくい〜

お店の前に駐車場があるんですが、停められる台数は少なめ。
そして付近は普通の民家で、各家の前に「駐車禁止」の札やポールがあちこち立っていました。
それを見るだけで、お客さんがいっぱいで他の家の前に駐車してクレームになっちゃったんだなー・・・
というのが容易に想像できます(ー ー;)

混んでると駐車も大変になってくるので、なるべくなら空いてる時間に行きたいものですね。
オープンしてすぐなら空いてて停めやすかったです。
あと、きちんと線が引いてあるわけでもないので、止める時に他の車も入れるようなるべく隅から駐車するといいかも。

 

スポンサーリンク

宗像堂にバスで行くなら?

駐車場が少ないので、バスで行く場合も書いておきます。
最寄りのバス停は「広栄団地入口」。このバス停から歩いて10〜15分くらいです。

 

広栄団地入口に停まるバス路線

《那覇バス》
25番系統(普天間空港線)

《琉球バス》
21番系統(新都心具志川線)
25番系統(普天間空港線)
90番系統(知花線)
98番系統(琉大線)

那覇空港からの乗車なら、那覇バスの25番系統へ。

那覇バスターミナルからの乗車なら、琉球バス21,25,90,98番系統のバスへ。

 


こちらが宗像堂。
外人住宅街の一角にある緑に囲まれた白いお店。
階段を下ったちょっと低い位置にありました。


店内は白を基調として明るい雰囲気。
人がすれ違える程度の狭い通路が奥まで伸び、左側と正面奥の棚にズラッと並んだパンが目に飛び込んできます。
お店の広さの割に種類豊富で、約50種類ほどが並ぶそうです。
そんなに種類多いと迷ってしまう〜(>_<)

《この日のメニュー一例》

  • くるみ&カレンズ
  • クッペ(バゲット生地の小さなパン)
  • いちじく&くるみ
  • 山原島豚ソーセージベーグルロール
  • 黒糖あんぱん
  • プレーンあんぱん
  • 黒糖チーズあんぱん
  • ドライトマト&カシューナッツのフォッカチャ
  • 黒糖シナモンロール
  • 読谷小麦ベーグル
  • 全粒くるみベーグル
  • 黒糖ベーグル
  • 全粒黒糖マフィン
  • 黒糖山型食パン

・・・・黒糖率高め(笑)

宗像堂1番人気のバナナコクルレ食べてみました

初めて入ったお店でどれが美味しいかわからないときは
「当店おすすめ」とか「当店人気No.1」とかかれたプレートをチェックしちゃいます。
宗像堂の人気は「バナナコクルレ」というパンらしく、早速これを購入。

コクルレって何だ・・?と思ったら
黒糖、クルミ、レーズンの略語らしいです。
ああ!って普通わからない(ー ー;)


表面は少し固めの生地で、ちぎると中はモチモチ。
石窯で焼いたパンの特徴で外側はパリパリ、中はしっとりモチモチになるんですね。
生地自体に甘みはほとんどなく、バナナとレーズンの甘みがほんのり。
ねっとりしたバナナの食感とクルミの食感がアクセントになって楽しい噛みごこち♪けっこう食べ応えありました。

他にも小ぶりな黒糖あんぱんも甘さ控えめでほんのり黒糖の風味が感じられて美味しかったです。

 

宗像堂のパンへのこだわり

宗像堂は「人と人との繋がりを大事にしたパン作り」を心がけているそうです。
基本的な材料はほとんどが知り合いの元から仕入れていて、全国各地で店主自ら出会ったものを使って、なるべく顔の見える相手の作ったものを揃えているのだそう。

パンを焼く石窯も手作り。
石窯でパンを焼く時は、温度計に頼らず肌や音などでパンの様子を感じ取って自分の感覚で調整していくそうです。
こうやって生きた仕事を心がけていくことでパンも生きてきてエネルギーが注がれていきます。

 

天然酵母のパン

宗像堂のパンは、ご飯・りんご・人参・長芋で作った自家製の酵母を使っています。
天然酵母のパンはかーなーり、手間暇かかるので気軽にできるものではありません。
(面倒臭がりの私はまずやらないですね!(`・ω・´))

パンはもともと酵母によって発酵させて作られていますが、今はパンの大量生産のために工業的に純粋培養したイースト菌を使ったものが主流なんですよね。
天然酵母は作る人によって違うパンが出来上がるところが面白いです。
「作り手の人間性が出てくる」とでもいいますか。
だから作り手は心身ともにベストコンディションを保っておかないと、酵母にもそれが表れてしまうんです。
酸味がキツすぎたり固いものは発酵の失敗であることがほとんど。

 

天然酵母のパンは固くて酸味があることが特徴で、スーパーでよく売られているようなフワフワした甘いパンに慣れている人には食べづらいこともあるかもしれません。
でも、今は自然食品ブームも高まってきているので、天然酵母のパンは見直されてきています。

工業的に生産された「いつもどんな時も同じ味を楽しめる」ものも良いですが、
作り手の気持ちやこだわり、パン作りに対する理念が感じられる「個性の出る」天然酵母のパンも私は大好きなんです。
パンから人柄が見え隠れするって面白い(^.^)

 

宗像堂のパンのおいしい食べ方

宗像堂では「パンは、冷め立てがおいしい」

「冷め立て?!」初めて聞きました、そんな単語(・・;)
焼きたての熱々のうちが1番美味しいと思っていたのでちょっと衝撃。
どうやら"パンの中のおいしい成分が落ち着いてきた頃合い=冷め立て、がおいしいそうなんです。

ちょうどお店に並んでいたパンが「冷め立て」みたいだったのでそのまま購入してきました。
宗像堂では、トレーの代わりにカゴ。
トングはなく、ビニールを手袋代わりにはめてパンをつかみます。
"パンの温度も直接感じて欲しいから"とビニール越しの手づかみでとるスタイルみたい。
あちこちに感じるお店の"こだわり"・・。
こういうの好きだなあ。。

もしパンが乾燥したら、霧吹きですこし湿らせてから焼くとおいしさが復活!
保存するときはスライスしてラップで包み、冷凍庫へ入れておけばOKです。
食べるときは自然解凍。
って学びましたが、私結局その日のうちに全部食べちゃいました(^-^;

 

宗像堂まで行けない人には通販もあります

宗像堂のパンを食べたいけど、買いに行けないって場合でも、通信販売もあるのでありがたいですね。
ファックスだけでなく、宗像堂の公式ホームページからも注文できます。

《おまかせ便》
3000円パンセット
5000円パンセット
どちらも箱代込み。
送料は沖縄本島内なら500円。
沖縄県外だと1000円です。

さすがに県外だと空輸になるので送料は高くつきますが、どうしても食べてみたい!って人には通販もいいかも。

 

まとめ

どんな企業でも「理念」がしっかりあって、苦しい時でもその理念を大事にコツコツやってきたところは長く続くそうです。
理念は、自分なりのルールというか哲学にも似たものだと思っています。
そのお店の"軸"や"芯"となるもの。

宗像堂はパンを通じて人との絆や繋がりをすごく大事にしているお店でした。
種類が豊富だけど全種類食べてみたいですね。

ホームページにこだわりが載っているので、読んでからお店に行くことをオススメします٩( 'ω' )و

【お店情報】
宗像堂
住所:沖縄県宜野湾市嘉数1-20-2(おきなわけんぎのわんしかかず)
電話:098-898-1529
FAX:098-898-1529
休み:水曜日
営業時間:10:00〜18:00
HP:www.munakatado.com

《近くの観光スポット》
ぎのわんトロピカルビーチの地図や詳細はこちら(楽天たびノート)
●宜野湾市や浦添市を見渡せる展望台浦添大公園の地図や詳細はこちら(楽天たびノート)
●結びの神様として有名。奥の洞窟は名勝にもなっている普天満宮の地図や詳細はこちら(楽天旅ノート)

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

こんにちは! 旅生活中のkasumiです。 沖縄にプチ移住している間に私が行ってみたヘルシーランチのお店をまとめました。 野菜もちゃんと摂れて、健康に良く、からだに優しいランチが味わえる(*´ω`) ...

2

私の今回のプチ移住生活先の神戸はカフェ天国でした♪ おしゃれな洋館のカフェから、アパートの1室にひっそりあるような落ち着く隠れ家カフェまでよりどりみどり♪ そんなおしゃれカフェの中で、特に私が気に入っ ...

-沖縄
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.