ご縁は自分で作るもの

コロナ禍の出会い

【鎌倉】茶房雲母の白玉あんみつ食べてきた♪待ち時間・アクセスなど

雲母のあんみつ 横浜・湘南

こんにちは。kasumiです。

天気が良かったのでちょっと鎌倉へ出かけてきました。

今回は、「次鎌倉に来たときは、ぜっったいに食べに来よう!」

と決めていた 「茶房雲母の白玉あんみつ」がお目当て♡

もっちもちで大きな白玉のあんみつを食べる為”だけ”に鎌倉にやってきましたー(笑)

さっそく堪能します。

スポンサーリンク

鎌倉の茶房雲母とは?

茶房雲母は、鎌倉のガイドブックに必ず載っている、いつも行列が絶えない人気店です。

茶房雲母といえば・・有名なのは、白玉あんみつ!

この白玉あんみつの白玉の大きさが特大で、ゴルフボールサイズなのです。

普通の大きさの白玉の4倍はあるそうですよ。

しかもこの白玉は注文を受けてから茹で上げる為、出来立てをいただけます。

この特大白玉のあんみつ目当てに、行列ができるほどの人気甘味屋となっているのです。

茶房雲母の待ち時間は?

茶房雲母は人気店の為、観光シーズンや土日祝日はある程度待ち時間があると覚悟していきましょう。

私は日曜のお昼前に行った為、かなり混雑している曜日&時間帯でした。

待ち時間は1時間10分。

外で並んで待ちました。

ちなみに平日であったり、時間をずらせば、そこまで並ぶことないようです。

友達が平日に行ったときは、待ち時間が15分だったそうです。

私は正月のバーゲンセールもレジに並ぶのが嫌で買うの諦めるくらい「並んで待つ」のが苦手なんですが、今回はこの白玉あんみつ目当てで来てたので腹を括って並びました。

でも並んでいるとやっぱり期待感高まりますね。

本読みながら待つこと1時間ちょっと。

やっと店内に入れ、宇治白玉あんみつを頼みました。

これが茶房雲母の白玉あんみつ!

1時間以上の順番待ちをクリアし、やっと席につき、宇治抹茶白玉あんみつを注文。

抹茶蜜と口直しの漬物、そしてお花を載せたお盆が準備されました。

多分今、白玉茹でてる・・・。

お花が添えてある、細やかな心遣いにうれしくなります。

料亭のように順番にお膳が整えられていくようで良いですね。

そして、はじめにほうじ茶、食べ終わるころに昆布茶が運ばれてきます。

お茶のタイミングも有り難い。

白玉あんみつきたーーーーー!!

 

白玉、大きい・・・・!!!

 

黄色っぽいのがサクランボなんですが、比較すると大きさが分かるかと。

他の店で使う白玉粉の4倍の量を使用しているというだけありますね。

スプーンから零れ落ちそうな白玉を口いっぱい頬張るとあったかくて柔らかい、ふわんっふわん。

噛むとむちっとした食感。

白玉の下には寒天と豆が入っています。

塩気のある豆に、抹茶蜜が絡んだあまじょっぱさは最高。

スイカに塩、じゃないですけど甘いものと塩けのものを同時に口に入れるのって美味しいですよね。

そして私、白玉あんみつにあんずが入ってるのが大好き♪

色の華やかさといい、果物の甘酸っぱさがいいアクセントなんですよね。

口直しのお漬物もおいしく頂き、食後に出された昆布茶を飲みながら一息。。

鎌倉|茶房雲母の白玉あんみつまとめ

おいしいものを味わって食べるのは、やっぱり幸せですね。

お腹も心も満たされました。

・・・というかホントにお腹いっぱい。

ランチ抜いててよかった。

お店からこんなトンネルが見えてるので、こっち方面に散策してみます。
歩いて消化。

ここから歩いて銭洗弁天に行ってもいいですしね。
銭洗い弁天の地図や口コミはこちら(楽天たびノート)

 

茶房雲母の白玉あんみつ。鎌倉に出かけた際は是非、食べてみてください!

【茶房雲母】
住所:神奈川県鎌倉市御成町16-7
時間:平日は11時~18時。土日祝は10時半~18時
休み:無休
駐車場は狭くて小さいので、車で行くのは難しいです。

《近くの観光スポット》
紫陽花寺ともいわれる「長谷寺」の地図や口コミはこちら(楽天たびノート)

源頼朝が創建した「鶴岡八幡宮」の地図や口コミはこちら(楽天たびノート)

横浜・湘南
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント