ビターチョコってカカオがどれくらいのもののこと?

生活

チョコレートを買おうとしてたらカカオ72%とかの「ハイカカオ」なんてのが目についたのだけれど、

「ビターチョコレート」とか「ブラックチョコレート」とどう違うの??

今更だけど、よく見たらチョコレートって種類いっぱいあるのね⁈

「ビターチョコレートはカカオ何%くらいのものなんだろう?」
という疑問から、

チョコレートの種類やカカオの配合量なんかをまとめてみました。

 

ビターチョコレートに入ってるカカオの割合はどれくらい?

まず、ビターチョコレートってのが何なのか調べてみました。

[su_note note_color=”#fef8df”]ビターチョコレートとは
[su_list icon=”icon: check-square” icon_color=”#fd6f04″]

  • ミルク(乳製品)が入らないカカオマスが40%~60%の苦みが強いチョコレート。
  • カカオ分70%~90%の低糖のチョコレートを言う場合もある
  • ミルク(乳製品)や糖分が少なくて苦みが多いものをビターと言う場合もある
  • ビター以外にもブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートと呼ぶ場合もある

[/su_list]
[/su_note]

・・・・てことは、

カカオマスが40%~60%くらいのものをビターチョコレートって言うんですね。

 

そしてビターチョコレートとブラックチョコレートの違いは、呼び方だけ同じもの

 

・・・・そうは言っても他のチョコレートのカカオマスの配合量が分からない。

 

そこで今度は他のチョコレートのカカオマスの配合量についても調べてみました。

カカオマスはチョコレートの原料になるもので、カカオの胚乳を発酵・乾燥・焙煎して砕いたもの。
これに砂糖やカカオバター、もしくは植物油を混ぜてチョコレートにするんですね。

チョコレートの苦みの部分はこのカカオマスによるものです。
だから配合量が多いほど苦みも多い。

 

ちょっと表にしてみました。

ホワイトチョコレート ミルクチョコレート ビターチョコレート ハイカカオチョコレート
カカオマス 0% 20~40% 40~60% 60%以上

こんな感じですね。

ホワイトチョコレートには苦みのあるカカオマスが使われてないもの。

最近出てきたハイカカオチョコレートや高カカオチョコレートは、60%以上カカオマスが使われているものなんですね。

まとめ

[su_list icon=”icon: check-square” icon_color=”#fd6f04″]

  • チョコレートのビターはカカオマスが40%~60%くらいのもの。
  • ビターチョコレートとダークチョコレート、ブラックチョコレートの違いは呼び方だけで同じもの
  • カカオマスの含有量で苦みに違いが出て、チョコレートの種類が変わる

[/su_list]

ちなみに私は甘すぎるものが苦手なので、個人的にはハイカカオの70%くらいのチョコレートはミルクチョコレートより好きです。

[su_note note_color=”#ffffff” text_color=”#976846″ radius=”8″]

《他チョコレート関連の記事を読む》
海外のバレンタイン習慣ならチョコ0男子の憂鬱は無かった?
今年のバレンタインデーは家でまったり過ごす【ディナーメニューと過ごし方】[/su_note]

コメント