生活

ビターチョコってカカオがどれくらいのもののこと?

更新日:

チョコレートを買おうとしてたらカカオ72%とかの「ハイカカオ」なんてのが目についたのだけれど、

「ビターチョコレート」とか「ブラックチョコレート」とどう違うの??

今更だけど、よく見たらチョコレートって種類いっぱいあるのね⁈

「ビターチョコレートはカカオ何%くらいのものなんだろう?」
という疑問から、

チョコレートの種類やカカオの配合量なんかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ビターチョコレートに入ってるカカオの割合はどれくらい?

まず、ビターチョコレートってのが何なのか調べてみました。

ビターチョコレートとは
  • ミルク(乳製品)が入らないカカオマスが40%~60%の苦みが強いチョコレート。
  • カカオ分70%~90%の低糖のチョコレートを言う場合もある
  • ミルク(乳製品)や糖分が少なくて苦みが多いものをビターと言う場合もある
  • ビター以外にもブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートと呼ぶ場合もある

・・・・てことは、

カカオマスが40%~60%くらいのものをビターチョコレートって言うんですね。

 

そしてビターチョコレートとブラックチョコレートの違いは、呼び方だけ同じもの

 

・・・・そうは言っても他のチョコレートのカカオマスの配合量が分からない。

 

そこで今度は他のチョコレートのカカオマスの配合量についても調べてみました。

カカオマスはチョコレートの原料になるもので、カカオの胚乳を発酵・乾燥・焙煎して砕いたもの。
これに砂糖やカカオバター、もしくは植物油を混ぜてチョコレートにするんですね。

チョコレートの苦みの部分はこのカカオマスによるものです。
だから配合量が多いほど苦みも多い。

 

ちょっと表にしてみました。

ホワイトチョコレートミルクチョコレートビターチョコレートハイカカオチョコレート
カカオマス0%20~40%40~60%60%以上

こんな感じですね。

ホワイトチョコレートには苦みのあるカカオマスが使われてないもの。

最近出てきたハイカカオチョコレートや高カカオチョコレートは、60%以上カカオマスが使われているものなんですね。


 

まとめ

  • チョコレートのビターはカカオマスが40%~60%くらいのもの。
  • ビターチョコレートとダークチョコレート、ブラックチョコレートの違いは呼び方だけで同じもの
  • カカオマスの含有量で苦みに違いが出て、チョコレートの種類が変わる

 

スポンサーリンク

まとめ

甘すぎるものが苦手なので、
個人的にはハイカカオの70%くらいのチョコレートはミルクチョコレートより好きです。

90%までいくとさすがに苦いですね・・。

私は珈琲とかビールもそうですが、苦すぎるのもダメなんです(´-ω-`)

70%前後のカカオの割合が一番食べやすいかな。

スポンサーリンク

関連

-生活
-,

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.