生活

チョコレートのビターってカカオがどれくらいのもののこと?

投稿日:

チョコレートを買おうとしてたらカカオ72%とかの「ハイカカオ」なんてのが目についたのだけれど、「ビターチョコレート」とか「ブラックチョコレート」とどう違うの??
今更だけど、よく見たらチョコレートって種類いっぱいあるのね⁈

「ビターチョコレートはカカオ何%くらいのものなんだろう?」
という疑問から、

チョコレートの種類やカカオの配合量なんかをまとめてみました。

 

チョコレートのビターに入ってるカカオはどれくらい?

まず、ビターチョコレートってのが何なのか調べてみました。

ビターチョコレートとは
  • ミルク(乳製品)が入らないカカオマスが40%~60%の苦みが強いチョコレート。
  • カカオ分70%~90%の低糖のチョコレートを言う場合もある
  • ミルク(乳製品)や糖分が少なくて苦みが多いものをビターと言う場合もある
  • ビター以外にもブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートと呼ぶ場合もある

・・・・てことは、
カカオマスが40%~60%くらいのものをビターチョコレートって言うんですね。
そしてビターチョコレートとブラックチョコレートの違いは、呼び方だけ同じものなんですね。

 

・・・・そうは言っても他のチョコレートのカカオマスの配合量が分からない。

そこで今度は他のチョコレートのカカオマスの配合量についても調べてみました。

カカオマスはチョコレートの原料になるもので、カカオの胚乳を発酵・乾燥・焙煎して砕いたもの。
これに砂糖やカカオバター、もしくは植物油を混ぜてチョコレートにするんですね。
チョコレートの苦みの部分はこのカカオマスによるものです。
だから配合量が多いほど苦みも多い。

 

ちょっと表にしてみました。

ホワイトチョコレートミルクチョコレートビターチョコレートハイカカオチョコレート
カカオマス0%20~40%40~60%60%以上

こんな感じですね。
ホワイトチョコレートには苦みのあるカカオマスが使われてないもの。
最近出てきたハイカカオチョコレートや高カカオチョコレートは60%以上カカオマスが使われているものなんですね。


リンツ Lindt タブレット エクセレンス・70%カカオ ダークチョコレート【 チョコレート バレンタイン リンツチョコレート バレンタインチョコ 義理チョコ ギフト チョコ お菓子 リンツチョコ プチギフト バレンタインチョコレート バレンタインデー 会社 板チョコ】

リンツのタブレットチョコレート。
タブレットチョコって大好き(・´з`・)

まとめ

  • チョコレートのビターはカカオマスが40%~60%くらいのもの。
  • ビターチョコレートとダークチョコレート、ブラックチョコレートの違いは呼び方だけで同じもの
  • カカオマスの含有量で苦みに違いが出て、チョコレートの種類が変わる

甘すぎるものが苦手なので、個人的にはハイカカオの70%くらいのチョコレートはミルクチョコレートより好きです。
90%までいくとさすがに苦いですね・・。
珈琲とかビールもそうですが、苦すぎるのもダメなんです(´-ω-`)
苦手なのはホワイトチョコレート。
なんだかのどがべたつく感じがして好きじゃない(;´Д`)

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

こんにちは! 旅生活中のkasumiです。 沖縄にプチ移住している間に私が行ってみたヘルシーランチのお店をまとめました。 野菜もちゃんと摂れて、健康に良く、からだに優しいランチが味わえる(*´ω`) ...

2

私の今回のプチ移住生活先の神戸はカフェ天国でした♪ おしゃれな洋館のカフェから、アパートの1室にひっそりあるような落ち着く隠れ家カフェまでよりどりみどり♪ そんなおしゃれカフェの中で、特に私が気に入っ ...

-生活
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.