TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

https://kasumi0-0.com

神戸

神戸のマヒシャが居心地良すぎ!味もハイグレードな紅茶カフェ

更新日:

紅茶好きを唸らせるティールームマヒシャ。
店内の雰囲気も良く、落ち着けて居心地が良い!最高!
神戸の元町を中心に展開される紅茶専門のカフェに行ってきたので、場所やメニュー、店内の雰囲気を写真つきで紹介します。
マヒシャに行かれるかたは参考にどうぞ。

 

こんにちは、kasumiです。

神戸プチ移住中に気に入ったカフェの一つが、紅茶カフェtea room mahisa(ティールームマヒシャ)です。

コーヒーが飲めない私にとっては、美味しい紅茶専門のカフェはオアシス!

しかも店内の居心地抜群!落ち着く~。

茶葉にもこだわりがあり、濃い目の紅茶にたっぷりミルクを注いだミルクティーが絶品。

紅茶が好きな人はもちろんですが、ゆっくり腰を落ち着けられるカフェが好きな方にはおすすめしたいです。

スポンサーリンク

ティールームマヒシャの場所

マヒシャは神戸市内に複数店舗があるので、近くのお店に行くといいです。

  • tea room mahisa元町店
  • 三宮店
  • 岡本店
  • tea room organ

今回紹介する三宮店は地下にあり、照明を落とした落ち着いた雰囲気の店内でした。

【tea room mahisa(ティールームマヒシャ)】三宮店
住所:神戸市中央区下山手通2丁目1-12エイコービルB1
電話:078-333-7451
時間:13時〜23時
休み:無休

近辺に姉妹店があるので、混雑してる時はほかのお店に行けば空いてるかも。

店舗ごとに営業時間が異なるので注意!

tea room organ
住所:神戸市中央区三宮町2-5-11 2F
電話:078-333-5319
時間:11時半〜20時

元町店
住所:神戸市中央区三宮町3-2-2 伊藤ビル2F
電話:078-332-7590
時間:11時半〜19時半

岡本店
住所:神戸市東灘区本山北町3-6-9
電話:078-451-8411
時間:12時〜20時

 

マヒシャ三宮店があるのは地下

私が最初に入ったマヒシャ三宮店は、大通り沿いの地下にありました。

時刻は13時。

午後は紅茶に浸ろうと思ってオープン時狙って三宮に来たのです^_^

大通り沿いだけど、看板は案外ひっそり。

階段で地下に降りると照明を落とした"隠れ家"な空間がありました。

どこか昔の純喫茶みたいなんだけど、インテリアや置かれてる家具は今どきのカフェっぽくもあります。

マヒシャ店内の雰囲気

お店の方に断って入口からお店の中を撮らせてもらいました。

地下なので自然光の明るさはありませんが、暖かみのある照明で落ち着いた雰囲気。

地下の隠れ家ですね。ビストロのお店っぽくもある。

店内は奥行きがあって縦に長い間取り。

入口すぐのところにカウンターがあり、その奥に左右に分かれて席が配置されてます。

それぞれの席のテーブルやイスはデザインが異なっているけれど、色味が統一されていてまとまってる!

席配置が絶妙で落ち着く距離感

店内は決して広いわけではないけれど、となりのテーブルと適度な距離感が保たれていたり、ところどころに配置された衝立で囲われて、さりげなくプライベート感もあり。

けれど孤立感はない、計算された席配置です。

この距離感、ちょうどいい。

友達同士でおしゃべりするのもいいし、1人でも周りを気にせずゆっくりくつろげる空間です。

店内には買い物途中かな?1人で来てる人もけっこういました。

子供もいいだろうけど、騒ぐ雰囲気のお店じゃないかなあ。

スポンサーリンク

マヒシャの紅茶メニュー

マヒシャさんは、茶葉もこだわった紅茶専門店。

あえて濃いめの紅茶にたっぷりミルクを入れて楽しむスタイルです。

メニューにはどこの茶園で採れた茶葉なのかまで記載してあって、相当なこだわりっぷりがうかがえます。

わからない人にはまったくわからない(;´Д`)←

メニューは、ミルクティーで楽しむ用の濃い目の紅茶やストレートで飲む用の紅茶などに分かれていました。

《ミルクティーで楽しむ濃い目の紅茶》

こちらはミルクを入れて楽しむのにおすすめな、濃い目の紅茶メニュー。

通常の2倍の茶葉が贅沢に使われてます。

  • アッサム(ディコム茶園 春摘み)
  • アッサム(マジュリグル茶園 夏摘み)
  • ドアーズ(レアバリ茶園)
  • ウバ(バドゥラ茶園)
  • キャンディ(クレイヘッド茶園)
  • ニルギ(タイガーヒル茶園)
  • ルフナ(セイロン低地産)
  • ケニヤ(カンガイダ製茶工場)

《ストレートティーで楽しむ紅茶》

ストレートでさっぱりと楽しむ紅茶メニュー。

  • ダージリン(キャッスルトン茶園 ファーストフラッシュ)
  • シッキム(チミ茶園 夏摘み)
  • ダージリン(クオリティーブレンド)

《チャイ・ロイヤルミルクティー》

スパイスと合わせたチャイで楽しむのにおすすめな紅茶メニュー。

冬に飲みたい・・。

  • ロイヤルミルクティー
  • シナモンミルクティー
  • ジンジャーミルクティー
  • アニスミルクティー
  • 黒胡椒とカルダモン
  • ハニースペシャル
  • ラムスペシャル
  • ハニー&シナモン

《紅茶に合うケーキとスコーン》

ケーキも紅茶に合うものばかりのメニューです。

  • ヴィクトリアサンドウィッチケーキ
    自家製のベリージャムをサンドしたケーキ。ジャージーバニラアイスが添えられます
  • スコーン
    クロテッドクリームかホイップクリームを添えてもらえます
  • ダンディキャロットケーキ
    ドライフィグとダンディマーマレードを使ったしっとりしたスコットランドの伝統菓子
    レモンクリームチーズを添えていただきます
  • チョコチーズケーキ
    ホワイトチョコとクリームチーズ、フルーツの酸味を効かせたチーズケーキ
  • カボチャのケーキとアイスクリーム
    黒蜜ソースがかかったカボチャケーキにアイスクリームが添えられます。

他にもアイスチャイやアイスロイヤルミルクティーもありました。

それぞれの紅茶の名前の下に、どんな味わいの紅茶か説明書きがしてあるので、それを読んで気になったものを頼めばOKかな。

私が頼んだ『アッサム ディコム茶園』は、”春摘みながら力強さとコクを感じさせる紅茶。上品な渋みとコク、後味の良さが特徴。mahisaらしいトロミを感じる紅茶です。ミルクをたっぷり入れてください”、とありました。

メニュー表の説明を読みながら、ピンときた紅茶をオーダー♪

マヒシャのミルクティー、つくってみます

運ばれてきた紅茶はこんな状態にセットされます。

冷めにくいようにティーコゼーをかぶせたポットとお代わりのお湯が入ったポット、ミルク。

紅茶を美味しく飲むコツというカードもテーブルに置いてくれたので、それを見ながらミルクティーを淹れるのです。

  1. まず、そのまま静かにお待ちください。
  2. スプーンでポットの中を軽く混ぜます(十字を切る程度)
  3. カップに注いでミルクをたっぷり入れてお召し上がりください。
  4. ミルクは使い切るくらいがベストバランスです。
  5. ティーコゼーをかぶせておくとお茶が冷めにくくなります。

ミルクティーの作り方が書かれたカードを見ながら、やってみました。

ミルクを注ぐ

カップに紅茶を注ぐと、ふぁっとたちのぼる紅茶の香り。

目を閉じて漂う紅茶の香りを楽しんでたいけど、冷めちゃうので、ここでミルク投入。

ミルクは全部使い切るくらいたっぷりめに入れた方が美味しいってあるけど、一杯あたりの目安がわからない(。-_-。)

まずは一杯入れてみて、そこから自分好みの分量を見つけてく感じかな。

私は紅茶をカップ半分より少し上くらい、ミルクもたっぷりめに淹れるのが美味しかった。

紅茶に合わせたケーキも美味♡

紅茶のお供に選んだケーキも美味しかったです。

私はかぼちゃのケーキを注文。

かためのプディングみたいなケーキで、これがまた紅茶に合う〜。

上にのってるクリームも植物性でほっ。

動物性の生クリームが苦手(もたっとした感触がゾワゾワする)なので、ささやかだけどこれは嬉しい。

神戸のマヒシャまとめ

神戸のマヒシャは、落ち着いてゆっくり過ごせる店内で、美味しい紅茶を堪能できる名店でした。

ミルクティーとかぼちゃのケーキ(アイスクリーム添え)で1220円。

ランチの値段だけれど、この雰囲気とこだわりの紅茶を味わえる希少感には妥当かもしれない。

もっとゆっくりしたいけど、混雑時は長居できないので残念です。

メニューやテーブル上に『混雑時の長居・自習等はご遠慮ください』旨が書いてあります。

相当人気なのがうかがえますね。

でも、滞在時間が短いとしても何度も行ってしまう。

紅茶の世界に魅せられたカフェでした。

スポンサーリンク

関連

-神戸
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.