美容

紫外線で髪が茶色になる理由とダメージのケア方法

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

今沖縄にいるのですが、
日差しが強くやっぱり本土より紫外線も強いなと実感しています。

髪が傷みやすいのは水の影響もあると思いますが、
紫外線の影響もありそう・・・。

これを機に、
紫外線対策についてまとめてみています。

今回は髪の毛の紫外線対策について。

肌が紫外線のダメージを受けるなら、
当然髪の毛にも影響ありますよね。

そこで気になるのが、

  • 紫外線が髪にどんなダメージを与えるのか
  • 紫外線の影響で髪の毛が茶色になることもあるのか
  • 紫外線ダメージを抑えるための髪のケア方法

一挙にまとめてみました!

しっかりケアして
沖縄でも美髪キープしたいと思います♪

スポンサーリンク

紫外線で髪が茶色になる理由

紫外線で髪が茶色になるってのはよく聞きます。

ダメージを受けるからってのはなんとなく分かるんですけど
どうして紫外線ダメージで髪が茶色になるのか?
順番に書いていきます。

 

「紫外線を浴びると髪にダメージを受ける」
と言うのはその通り。

どんな髪のダメージがあるかというと・・

  • 頭皮の乾燥(フケ・かゆみ)
  • カラーの色落ち
  • キューティクルの破壊(パサパサになる)

これ、頭皮が乾燥したりキューティクルダメになったり、
長期間続くと髪が細くコシがなくなったり・・・
ハゲたりもしやすそうですねえ。

 

紫外線で髪の毛に影響があることは知っていたのですが、
日焼けして髪が茶色になるのもそう。

紫外線の強い夏場ほど髪の毛がパサパサする上に、
髪の毛の色素が薄くなってるな~
と感じることはありました。

てことは、肌の日焼けと同様に
紫外線あびた髪も「水分(潤い)不足」になるんですね。

じゃあ、どうして紫外線ダメージで髪が茶色になるのか?
ですが、まずは
肌の日焼けの仕組みを知ると分かりやすいと思います。

髪と肌の日焼けの違い

紫外線によって日焼けすると、
肌は黒くなるのに髪の毛は茶色になっていきますよね。

これは肌と髪の細胞の違いにあるんです。

 

髪の毛は死んだ細胞で、肌は生きてる細胞。

 

肌のように細胞が生きていれば、
ダメージを受けても修復したり”自分で治そう”とします。

紫外線ダメージを受けた肌は、
治そうとしてメラニン色素を作って黒くします。

肌が黒くなるのは、肌を守ろうとする働きなんですね。

 

でも、髪の毛は死んだ細胞。
ダメージを受けても修復することができないんです。

肌は紫外線のダメージを受けても水分補給され再生されますが、
髪の毛は水分がなくなっても補給できません。
細胞が死んでちゃ水分を蓄えられないですしね。

だから髪の毛が紫外線ダメージを受けると、
水分を奪われたままなので色も薄くなったまま
ということ。

元々黒色の髪がダメージを受けても
新たにメラニン色素を作って黒く戻すことはできないんですね。

 

つまり、

物理的なダメージを受けた髪の毛は修復不可能

 

ってこと。

 

元通りには戻らないってことですね。

((((;゚Д゚))))

 

紫外線による日焼けや、
アイロンの熱などのダメージはそのまま。

 

髪は死滅細胞でできているので、
ダメージを受けても治癒できないそうです。
見た目だけトリートメントで整えても、
中身はスッカスカの状態の髪。
(美容師さん曰く、触るとビニールみたいな人工的な触り心地だそう)

 

・・・てことはなおさら

ダメージ受ける前に対策しなきゃならないですよね・・!

 

紫外線による髪のダメージをケアする方法

さて、髪の毛は物理的ダメージを受けると修復できないというので、
ダメージを受けないよう対策しなければ・・!
(元通りにはならないってこと。
見た目や手触りを何とかするためにトリートメントは有り。)

 

紫外線ダメージを受けた髪をケアする方法は

  • 紫外線を浴びない
  • 紫外線を浴びた髪を手入れする

の2つですね

 

対策1:紫外線を浴びない

帽子をかぶる・日傘をさす

もう最初から紫外線を浴びない事!

当たり前だけど基本的なこと。

肌と同じように、
直射日光にできるだけ当たらないようにすることも大事なことです。
日傘も有効ですね。

 

UVカット効果のあるヘアスプレーを使う

肌への日焼け止めと同じ感覚ですね。
日中はUVカット効果のあるヘアスプレーをつけるだけでも〇。

ヘアスプレーだけでなく、
洗い流さないトリートメントなど様々な種類がでています。
ボリュームが出てまとまりよくしたいならミルクタイプがおすすめ

 

対策2:紫外線を浴びた髪を手入れ

美容院でのトリートメント

きちんと美容院で専用のトリートメントをしてもらうのも手です。

効果は1ヶ月ほど持ちますが、
セルフに比べると価格はやや高め。

でもお金がかかるけど、その分だけ効果も高めです。

 

ただし、カラーやパーマ後すぐの
美容院メニューのトリートメントはやめた方が賢明。

 

セルフケアのトリートメント

自宅では基本、毎日するといいです。

日焼けして乾燥した髪の毛のキューティクルは開ききっていて、
その隙間からたんぱく質が流れ出てしまい
傷みの原因になってしまいます。

だから、日焼けして色が変わった髪は
トリートメントで補修すると良いです。

 

おすすめはケラチン配合のトリートメント。
きちんとしたいいものはドラッグストアではまず販売されてません。
普通、安くないので・・
安い場合は”何か”あると思ったほうがいいかも。

おすすめは、多数の著書でも有名なかずのすけさん推薦の

ナプラケアテクトHBカラーテックのシャンプーとトリートメント↓↓↓


ナプラ ケアテクト HB カラー シャンプー S 300ml+トリートメント S 250g 計2個 お試しセット|ナプラ ケアテクト シャンプー トリートメント ケアテクト S しっとり ヘアケア サロン専売 美容室専売【あす楽対応】【送料無料】

 

 

スポンサーリンク

まとめ

やっぱり紫外線対策は、肌だけでなく髪にも必須ですね。

私が自分で実感していることですが、
セルフケアよりもプロの手を借りる事。

やっぱり美容院で定期的にケアしてもらうと手触りが全然違います。

さすがのプロ!

でも、お財布事情などでそうしょっちゅう行けないよ~って時は、
日中のUVカットスプレーとトリートメントを習慣化するだけでもだいぶ違います。

髪の毛が手入れされていないと、
それだけでみすぼらしく見えちゃうんですよね。
きちんと手入れされた髪の毛なら、
ラフな格好しててもキマルというか・・

それだけ人の印象を左右する大事なパーツなので、
紫外線からも守って美髪キープしていきます♪

スポンサーリンク

関連

-美容
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.