美容

日焼け止めの違う種類を重ね塗りしたら効果は変わる?

更新日:

こんにちは!旅生活中のkasumiです。

今は日差しの強い沖縄にいます。
紫外線も気になる季節になってきました。

紫外線対策に日焼け止めを使う人は多いですが、使い方を誤るときちんとした効果を得られません。
絶対に焼けたくないからと違う種類の日焼け止めを重ね塗りしてる人もいますが、

「違う種類の日焼け止めを重ね塗りしたときの効果の出かた」をよく分かってなかったら
重ね塗りした日焼け止めも無駄になってしまうこともありますよね。


「SPF値の違う種類の日焼け止めを重ね塗りした場合の効果の違い」
をまとめました。

違う種類の日焼け止めを重ね塗りした時の効果の違いを知って、
賢く、スマートに、最小限の苦労で日焼け止め対策しちゃいましょう♪

 

さらに、化粧しながら日焼け止め効果を最大限発揮させるための注意点もまとめました。

日焼け止めは、「塗ったらそれで安心」じゃありません。
さらにもう一工夫することで、白肌キープできますよ。

 

スポンサーリンク

日焼け止め違う種類を重ね塗りした時の効果の違い

「日焼け止めを重ね塗りする時に、違う種類の日焼け止めをつけたら効果がどのように変わるのか?」
これを具体例でそれぞれ見ていきたいと思います。

  • SPF値は同じでも別々のアイテムを重ね塗りした場合
  • SPF値が違うものを重ね塗りした場合
  • SPF値もPAも違うものを重ね塗りした場合

例1)SPF15の3つの日焼け止めアイテムを重ね塗り

SPF値は同じだけど、それぞれ紫外線防止効果のある
化粧下地、ファンデーション、パウダー
の3つを重ね塗りした場合、日焼け止め防止効果はどうなるのか?

⇒SPF15+SPF15+SPF15=SPF45にはならない。
SPF15のまま。

足し算効果にはならない

 

例2)SPF15とSPF30の日焼け止めを重ね塗り

SPF値の違う種類の日焼け止めを重ね塗りすると効果はどうなるのか?

⇒SPF30

数値の高い方の効果になる

 

例3)SPF15/PA+++とSPF30/PA+の日焼け止めを重ね塗り

SPF値もPAも違うものを重ね塗りしたらどうなるのか?

⇒SPF30/PA+++

数値の高い方の効果になる

 

 

日焼け止めを違う種類で重ね塗り効果のしくみ

前章で具体例を見て頂きましたが、

日焼け止めを重ね塗りした効果は、単純にSPFの足し算ではない んですね。

ここでちょっと日焼け止めのSPF値とPA値の意味を見ていただくと、

スポンサーリンク

SPFの意味

SPFの数字は単純に日焼け防止のパワーではなく、
日焼けの炎症が起きるまでの時間を何倍遅らせるか」の意味です。

例えば、SPF50 なら、
『何も塗らないと1分で炎症が起こり始めるとしたらSPF50は50倍遅らせる』、
つまり50分後に炎症起こる、という感じ。

 

だから例1でSPF15の日焼け止めをいくつ重ねても
どれも15倍遅らせる効果しかないからSPF15の効果のまま

ってことですね。

例2のSPF15とSPF30は、
日焼け時間を15倍遅らせるものと30倍遅らせるものを重ね塗りしたら
30倍のものを塗ってるのでSPF30で数値の高い方の効果。

 

メイク直しでなくほぼ同時刻に塗ってるなら、
「後から塗った方」でもなく「数値の高い方」ですね。

例3もPAも同様の考え方ですね。
2種類使う事でSPFとPAどちらも数値の低い方を補えますね。

SPFとPAの意味を知って肌負担を減らす日焼け止めの使い分けができるようになろう

 

ただしこれは、
日焼け止めを1平方cmあたり2mg皮膚に塗った場合で考えられているそう。
1平方cmあたり2㎎ってそうとう厚塗りですよね?!
実際には皆もっと薄くのばしてるだろうし・・・。

しかも業界で自主的に決めた基準であって、
メーカーによって差があるから あくまでも 目安 でしかないってことに注意です。

1番大事なのは重ね塗りじゃありません。
同じ時間にいくつも塗り重ねることより日焼けしにくい方法があります。
それは、こまめに日焼け止めを塗り直すことです。
日焼け止めの塗り直し方

 

 

日焼け止めを重ね塗りする時の化粧の注意点

日焼け止めを重ね塗りすることのメリットは、
汗や皮脂で効果が落ちるのを防ぎ、単品使いよりも日焼け止め効果は得やすくなることにもあります。

さらに、化粧するときにちょっと注意するだけでより日焼け防止効果を得やすくなりますよ♪

 

日焼け止めを重ね塗りする時の化粧の注意点

こまめに塗りなおす

やっぱり日焼け止めを使う時はこまめな塗り直しが大事です。
私は高校生の時から365日日焼け止めを欠かさず塗ってましたが、外に出る前に必ず塗り直してました。
(体育の授業で外に出る前、下校前、など)
おかげで30過ぎても白肌キープできてます。
最初に重ね塗りするより大事だと私は思ってます。

汗や皮脂、外部からの刺激で知らず知らずのうちに日焼け止めも落ちてしまっています。
たとえSPF値の高い日焼け止めでも、「朝塗ったらもう安心!」じゃないんです。

 

「日焼け止めを塗っているけど焼ける」という人はこの”塗り直し”を見直してみるといいかも。

化粧直しや日焼け止めのきれいな塗り直し方

 

軽くメイクオフして汗や皮脂が混ざらないようにする

化粧直しする時は、
乳液などで軽くふき取ってから新たに日焼け止め(効果のあるアイテム)を塗るといいです。

汗や皮脂が肌に残ったままだと化粧崩れを起こしやすくなるし、肌への刺激にもなります。
最悪、まだらになったり脂焼けすることも。。

全顔でなくても、焼けやすい頬のあたりや皮脂崩れしやすいTゾーン、
額付近などの部分的なところだけでもいいと思います。

 

まとめ

 

  • 日焼け止めを重ね塗りしてもSPF数値の足し算の効果ではない
  • 重ね塗りすることで汗や皮脂で効果が落ちるのを防ぐから単品使いより日焼け防止効果は得やすい
  • 効果を持続させるためにこまめな塗り直し必要
  • 塗りなおすときは一度軽くふきとってから

正しい日焼け止めの重ね塗りでうまく紫外線防止対策して白肌キープ&老化防止しちゃいましょう♪

スポンサーリンク

-美容
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.