美容

日焼け止めのSPFとPAの意味と違い 賢いUVケアとは?

更新日:

こんにちは!旅生活中のkasumiです。

今、日差しの強い沖縄で生活しているため紫外線対策は必須です。

紫外線対策の1つに日焼け止めがありますが、日焼け止めのSPFとPAの意味を知っている人ってどれくらいいるんでしょうか?
そしてSPFとPAの違いも知っているでしょうか?

 

このSPFとPAの違いを知ることで、最適な日焼け止め選びができるようにもなります。
女たるものSPF値とPA値についてしっかり学んで紫外線対策に備えていきましょう♪

 

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFとPAの意味

まずSPFとPAの表示の意味について理解しておくと良いです。

SPFとPAはそれぞれ防止する紫外線の種類が違います。

 

まず、紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類あります。

紫外線の種類

UVA

地表に届く紫外線の約95%はこのUVAです。
年間通して照射量が多く、真冬でもかなりの量が降り注いでいます
浸透力も高く、光老化と呼ばれる肌への影響も大きいです。

  • 赤みや肌の炎症(サンバーン)は起きにくい
  • 日常生活での「うっかり日焼け」しやすい
  • 物質を透過しやすく雲や窓ガラスも通すため、雨の日や室内でも影響がある
  • 波長が長く肌の奥の真皮まで届くため、肌老化の原因になる
  • メラニン色素の合成を増やしてシミの原因をつくる
  • 加齢老化と比べ、硬くゴワゴワの深いシワをつくる
(ヒマラヤなどの高地で生活する人は紫外線の影響を受けやすく、20代でもこの症状があらわれることもある)

 

パワーはないけど、じわじわ~っと地味に時間かけて影響してくるイメージ。
うすーくたくさんの量が年間通して降り注いでいる

 

 

UVB

前紫外線の約5%はこのUVB。
オゾン層でほとんど吸収されるが、一部は地表まで届いている。
日本では太陽との距離が近くなる時期に量が多くなる。

 

  • UVAよりエネルギーが強く、表皮に影響を与える
  • 浴びると細胞を損傷し赤みや炎症を起こす
  • 波長が短く肌表面で吸収されるので、肌奥の真皮層までは届かない
  • メラニン色素が沈着して黒くなり、シミやそばかすの原因になる
  • 皮膚がん・白内障・免疫低下の原因にもなる

日焼けして肌が赤くなったり黒くなったりするのは
主にこちらのUVBの影響ですね。

パワーがあり、短時間で影響がでやすいイメージ
季節によって降り注ぐ量は変化する

 

スポンサーリンク

 

 

日焼け止めの表示 SPFとPAの違い

SPF

UVBの防止効果を表す

数値は日焼け防止のパワーではなく、
「日焼けが始まるまでの時間を何倍遅らせられるか」の目安。

SPF50だと50時間効果が続く、とかではないんですね。

「何もつけないときの何倍の紫外線を浴びると肌が赤くなりはじめるか?」という考え方で出されています。

 

日焼けが始まるまでの時間は個人差があり、
だいたい15~20分(人によっては10分や25分)。
SPF30なら、その時間を30倍遅らせられる、ということ。

人によって違うので、

日焼けまで10分のAさん 10分×SPF30(30倍)=300分(5時間)

日焼けまで20分のBさん 20分×SPF30(30倍)=600分(10時間)

日焼けが始まるまでの時間は個人差があり、
それはその人の体調や免疫力だとか
いろいろ影響してくるだろうからはっきりはわからないですよね。

さらに、紫外線量も季節・時間・天気によっても変わりますし・・

あくまでも理論上の目安ってことになります。

 

PA

UVAの防止効果を表す

+の多さが効果の高さを表してます。(4段階)

UVAは年間通して降り注ぎ、
雲や窓ガラスも通すので、冬でも室内でも対策必要。

 

 

日焼け止めのSPF値が高いほど肌負担大?

上記で、日焼け止めのSPFとPAについて書きましたが、
それを見てみると
必ずしも数値が高ければいいってもんじゃない・・
とわかりますよね。

「絶対に焼けたくない」
「シミやしわをなるべく作らずキレイでいたい」

と強く思うあまり、
いつもSPF最大値の日焼け止めを塗っていませんでしたか?

 

数値が高いと防止力も高い気がしがちなのですが、
かえって肌への負担が大きくなるそうです( ;∀;)

 

私は高校時代から1日も欠かさず日焼け止めを塗り続け、海が好きでダイビングもするのですが
30過ぎても白肌キープしてます。

高校時代はメイクをしてなくて日焼け止めだけ。
大学生になってからメイクをはじめましたが、
その後美容部員時代は休日もメイクをし、日焼け止めもばっちり塗っていました。

そしてこの時は”しっかり紫外線対策しよう”
と思うあまりSPF50をよく使っていたんです・・。

 

でもSPFっていうのはUVBの防止効果でしたよね??
太陽の影響が少なくなる冬や室内ではSPFは高い数値である必要はないんですよね。

しかも、紫外線を防止する効果が高い分、
肌への負担も大ってことです。

塗ってるときもですが落とすときも負担になりやすい。

 

 

 

以前はSPF50以上の表記がされた日焼け止めもありましたよね。

でも、「数値が高い方がいい」と勘違いする人も多く、肌負担も高いのに
メーカー側もこぞって数値の高いものを売り出していたため法律で50以上の表記ができなくなりました。

 

「効果が高そう」と勘違いして
やみくもに高い数値の物を使い、肌への負担を大きくすることがないように(>_<)
(かつての私です・・)

 

生活シーンに合わせて日焼け止めのSPF選びをすると良いですね♪

 

-美容
-,

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.