沖縄

沖縄で買ったアテモヤのおいしい食べ方

更新日:

こんにちは!旅生活中のkasumiです。

沖縄に滞在中ですが、
せっかく沖縄にいるなら南国の果物を食べてみよう!
ということで・・・
恩納村にあるおんなの駅でいろいろ買ってきました。


森のアイスクリーム「アテモヤ」と、カニステル、パパイヤの3つ。
写真はまだ買ったばかりの状態です。
ここから追熟して食べごろになるのを待ちます。

 

パパイヤ以外は食べたこともないし、
そんな果物があるなんて初めて知りました。

まったく食べたことも無いので、
食べ方はおろか食べごろの時期、
味もどんな味なのか想像がつきません。

どうせならおいしく頂きたいので、
この機会に「食べ方」「食べごろ時期の見極め方」を調べてみました。
食べてみて味の感想も。

今回はまず、森のアイスクリームといわれる
アテモヤを食べてみました。

 

アテモヤっていったい何?

アテモヤとは?

アテモヤは、
世界三大美果の南米アンデス原産のチェリモヤ(という果物)と
熱帯産のバンレイシ(という果物)の交配種。

アテモヤの名前も2つの果物からとったもので、
バンレイシの別名「アテ」と
チェリモヤの「モヤ」をとっています。

木から硬い状態で収穫し、収穫後に常温で追熟させて食べる果物。
旬は12~3月

 

テレビでも紹介されました

2017年3月には 笑ってこらえて!
で恩納村のアテモヤが紹介されたそう。
所さんのダーツの旅じゃないですか!

2017年2月にも RBC THE NEWS「沖縄大好き再発見」で
恩納村のおんなの駅のアテモヤがテレビで紹介されたそう。
”木になるアイスクリーム”だって。

そのキャッチコピー、聞いただけでそそられる。

 

アテモヤをおいしく食べよう

まったく初めて見る果物の場合、
どのくらいで食べたらいいのか検討もつきません。

買ったばかりの頃は黄緑色でちょっと硬め。
匂いもあまりしません。
追熟して食べるのが普通なんだそうです。

 

 

アテモヤを追熟させてみた

追熟は、必ず常温(室温20℃以上)で追熟させること
だそうです。

スポンサーリンク

冷やすと熟さないので、
買ってすぐ冷蔵庫に入れちゃだめですね。

旬の時期は12~3月だそうですが、
2月~3月半ばは寒かったものの
室内なら20度以上はあります。

 

しばらく部屋に放置して
買ってから1週間後、このように黒っぽくなってきました。

あ、なんかちょっと不気味。

触ると少し柔らかいし、甘い匂いも漂ってます。
どうやらこれくらいが食べごろらしい。

  • 少し黒っぽく変色
  • 全体的に少し柔らかい
  • 甘い香りがする

 

アテモヤのおいしい食べ方

これくらいになったら、
いよいよ食べるために 冷蔵庫へIN!
冷やして食べた方がおいしいみたいですよ。

縦半分に切って、スプーンですくって食べます。

※追熟させる前に冷蔵庫へ入れないように。
必ず熟してから冷蔵庫へ入れる事。

 

アテモヤの味は?

アテモヤは 森のアイスクリーム と呼び名がつくくらい甘い!です。
糖度は20~25度。

 

本当、甘い!おいしい
何に例えたらいいのか・・
例えようのない味なんですけど、

バニラに酸味を少し足したような??
ライチに似てるけど、よりまろやかな甘み。
ただ甘ったるいのかと思いきや、ちょっと酸味もあって食べやすい。

 

中心部はくにゃっとした弾力ある食感でしたが、
外側はもう少し柔らかめ。
柔らかくなった洋ナシみたいな食感。
ナタデココをもう少し柔らかくしたような感じかな。

 

黒豆のような外観の種が、
オセロやおはじきみたいに
カランカラン音たててお皿に落ちるのが面白いです。

 

さいごに

沖縄に来たら南国フルーツをお土産に買って帰る人も
少なくないですよね。

もし12月~3月に沖縄へ旅行されるのであれば
この時期が旬のアテモヤを食べてみてはいかがでしょうか?

旬が12月~3月と書きましたが、
私は4月上旬に食べました。

森のアイスクリーム アテモヤ

一度味わってみてください♪

 

スポンサーリンク

-沖縄
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.