【沖縄】水円のパン口コミレポ|アクセス・メニュー画像付紹介

沖縄

読谷村にある天然酵母パンが人気のベーカリー「水円」に行ってきたので、パンの口コミレビューを画像つきでまとめました。アクセス方法と店の雰囲気、おすすめメニューも合わせて紹介します。水円に行く際の参考にどうぞ。

沖縄の読谷村にある天然酵母パンの店 水円。
カフェスペースもあって自家製スープやドリンクや購入したパンをその場でいただけるのが良かったです。

あいているのが木・金・土・日曜日なので、気をつけないと閉まってます
( ;∀;)キヲツケテ〜

スポンサーリンク

【読谷村】水円へのアクセス

車で那覇方面から行く場合は、沖縄南ICで降り、58号線の喜名の交差点を左折します。
12号線沿いを走り、やちむんの里を通りすぎ、三叉路からある看板を辿っていきましょう。

この交差点で右斜め上の坂道を上っていきます。
看板を見逃さずに!

自販機横に看板があります。このままもう少し直進。

バスでのアクセス

水円へバスで向かう場合の行き方は、「座喜味」バス停で下車します。
29番系統 読谷線(喜名廻り・久茂地経由)
62番系統 中部線

どちらも本数が少ないので注意!

kasumi
kasumi

私は58号線沿いの喜名バス停から歩きましたが、普段歩きなれてる人は喜名バス停から行く方がバスの本数もありますよ。(1時間に2本くらい)

座喜味城跡方面へ向かって歩いて行くと看板があります。

寄り道して座喜味城通り散策もおすすめ

水円に向かう途中にある座喜味城通りには、沖縄そばの店や、ぜんざいのカフェが出ています。この通りを寄り道していくのがおすすめです。まるみぬ茶屋では護佐丸そばを堪能したり、鶴亀堂ぜんざいで沖縄のぜんざいを食べるのもいいですね。

道端にシーサーが並ぶ坂道を登り切り、振り返ると眺めのいいひらけた景色が見えます。

座喜味城通りからパン屋水円に行くには、鶴亀堂ぜんざいのお店から坂道を下っていくと、右側にあります。

看板があるので、そこをさらに降りてちょっとした森の中へ入っていきます。

この先にちゃんと水円のパン屋がありますよ。

【パン屋水円】
住所:〒904-0301 沖縄県中頭郡読谷村字座喜味367
電話:098-958-3239
休み:月・火・水曜日
時間:10:30〜日暮れまで

【読谷村】水円の雰囲気

水円は、木々に囲まれた民家風のお店です。ブレーメンの音楽隊を模した手作りの看板が雰囲気あります。「森の中のパン屋さん」ですね。

店の外には青い布が敷かれた木のテーブルセットがあります。店内にもイートインスペースがあり、カフェメニューが用意されているので、家まで待ちきれない場合はカフェスペースを利用しましょう。

店内のイートインスペースは、

  • 長テーブル席
  • 窓際のカウンター席
  • お座敷席

と3つの席があります。

昔ながらの民家を改築した、ほっこり和むお店です。あちこち人の手が入った温もりが伝わります。

水円のカフェメニュー

水円のカフェメニューを参考までに紹介します。

※メニューは変更等ある場合があります。

  • コーヒー
  • カフェオレ
  • チャイ
  • ブラックティー
  • アールグレイ
  • ココア
  • 自家製ジンジャーエール
  • コーディアルシロップソーダ
  • ポタージュスープ

私が行った時は、金美人参のポタージュスープと島大根のポタージュスープがありました。

上記はメニューの一部です。他にも変わった飲み物がありました。気になる人は実際にお店でチェックしてみてください。

水円の天然酵母パン

水円のパンは、自家製の酵母を使った天然酵母パンです。酵母には やんばるか宮崎県の無農薬玄米と、読谷村の紅芋、きび糖、小麦粉で10年ほどかけ継いでいるものを使用しています。

粉は 宮崎県、熊本県、北海道の石臼挽きの粉の他に、お店で挽いた粉も使い、材料は 粉、酵母、水、沖縄の海塩 と、とてもシンプルです。余計なものを混ぜていない”本来のパン”の味が楽しめます。

生地自体はずっしり重みがあり、少し酸味のあるハード系のパンです。黒糖やベリーの甘みがマッチします。

水円のパンメニュー

水円のパンメニューを載せておきます。

  • 全粒粉の小さなバゲット ¥230
  • 黒糖チーズパン ¥260
  • 黒糖パン ¥220
  • マイヤーズラム酒ラムレーズンのパン ¥250
  • イチジクとライ麦パン ¥240
  • ジンジャーとナッツのパン ¥250
  • カレンズとサルタナレーズンのライ麦パン¥250
  • タンカンとオーガニックチョコレートのマフィン ¥400
  • バナナと野ぶどうのベジケーキ ¥380

※パンの種類や値段は変更等ある場合があります。

kasumi
kasumi

私が買ったのは黒糖チーズパンとジンジャーナッツパンを買ってみました。
黒糖チーズパンは、部屋で開けてみたら包みのセロファンにチーズの油分がべったりついていてパンが湿っていたのが残念。
ジンジャーナッツは、生姜の辛みがピリッとしっかり効いてておいしかったです。

前日のパンは15%オフで売られていました。イートインではなく持ち帰り用のパンは、ツバメのマークのついた紙袋に入れてもらえます。

お店の「ありがとう」というメッセージカードと、「日がたったパンのおいしい食べ方」の説明書きが添えられます。嬉しい心遣いですね。

日がたったパンのおいしい食べ方

パンは、日がたつと水分が抜けて硬くなってしまいます。硬くなったパンも美味しくいただく方法がパン屋水円さんから頂いた説明書きにのっていたので書き加えておきます。

《硬くなったパンを美味しく食べる方法》
硬くなったパンをスライスし、霧吹きなどでお水をパッと吹きかける
フライパンやオーブンでサッと蒸し焼きするように温める
蒸してもおいしいですが、蒸しすぎに注意しましょう。
トースターを使う場合も、水を吹きかけてサッと焼くとむっちりした食感が戻ります。

冷凍保存も可能です。冷凍保存したパンを食べる時は、自然解凍し、上記の温め方で温めれば美味しくいただけます。

天然酵母パンやハード系の素朴なパンが好みなら、他の沖縄パン屋をまとめた記事も併せてどうぞ。

⚫︎沖縄のパン屋まとめ
天然酵母パンや全粒粉パン、超人気店のパン・・おすすめのベーカリーをまとめました。

沖縄
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント