幻の島へ石垣島から日帰りツアーで行ってきました【旅行記】

石垣島・離島

石垣島から出発する幻の島とシュノーケルの日帰りツアーに行ってきました。
上陸した幻の島の様子も写真つきで紹介します。
幻の島ツアーに参加したい人は参考にどうぞ!

こんにちは、kasumiです。

とっくに石垣島からも帰還してしまったのですが、そういえば幻の島の記事を書いてないなと今更ながら書き留めておきます。

感想は・・・「天国みたいだった・・。」

あまりにキレイな場所で終始テンション上がりっぱなしでした。生涯、忘れられない場所になると思います。

スポンサーリンク

幻の島とは?

幻の島とは、潮が引いたときにだけ現れる竹富島と小浜島の間あたりにある無人島のことです。正式名称は浜島(はまじま)。潮が引いたときだけ三日月形の砂浜が現れるので、「幻」の島という名称なんですね。

周囲を遮るものが何もなく、ただ白い砂浜と透き通った海だけを堪能できます。贅沢!

幻の島へ上陸!

朝、マンション近くまでツアースタッフの方が迎えに来てくださり、他の場所でも参加者を乗せた後、石垣島の港へ。

ツアー会社の所有する船に乗り込んで出発しました。

船の中で簡単にツアー内容の説明を受けている間にどんどん近づいてきます。

熱中症対策で船の中に冷たいお茶も用意されていました。

ありがたい。いや、ほんと暑いもの。

島が近づくにつれてどんどん海の色が変わっていってドキドキも最高潮!

遠くに見えてる陸地は石垣島です。

上・陸~!!

すでに他のツアーの小型船がいますね。

これでも時期外れなので空いてる方です。

大型連休中はもっといるらしい。

パラオで幻の島に行ったときも船から水の中におりて島まで歩いて上陸だったけど、ここでも同じ。

水温は冷たくはなく、むしろ暑かったから気持ちいいー。

こっちはツアーでレンタルしてたデジカメで撮った写真。

幻の島にいたのは1時間くらいかな?その間、好きに写真撮ったり遊んだりしてました。

私たちはトリックアートをツアースタッフさんに撮ってもらったり、寝そべってみたり・・。

ほぼ全員写真撮る時間になってましたね。

 

水中カメラレンタルもあり

今回、申し込んだアクティビティツアーでは、幻の島での水中カメラを貸し出してもらえました。

水中カメラどころかデジカメすら持っていない私達は、お借りした水中カメラで写真を撮りまくりました。

写真のデータを後で郵送してくれる仕組み。ありがたい。

こんな感じの水中写真がとれました。幻の島の後のシュノーケルのときの。

魚がいっぱい~。

 

ちなみに幻の島は日陰が無いので、日焼け止めは必須。ラッシュガードも着てきて正解でした。素肌さらしてると、夏でもないのに痛い。

幻の島の場所・石垣島からの行き方

幻の島の場所は、石垣島から西方面に10kmの沖合。小浜島と竹富島の間から少し北に向かった場所に位置します。

 

潮が満ちると島自体が沈んでしまうため、飛行機や大型のフェリーなどではいけません。石垣島などから出ているアクティビティツアーに参加して小型のボートで向かうことになります。

幻の島へ上陸するアクティビティツアーは、石垣島だけでなく、小浜島、竹富島からも出発する船が出ています。石垣島からなら船で30分ほど。小浜島と竹富島からなら15分ほどで幻の島に行けます。

幻の島ツアーの予約方法

今回、幻の島のツアー予約はまっぷるツアーでしました。

ちょっとでも気になったら参加がおすすめ!

▼ 幻の島へのツアーを見てみる ▼

石垣島・離島
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント