【表参道)ブラウンライスでランチ♪メニュー・アクセス|画像付き

東京

こんにちは、kasumiです。

今回は、ずっと気になっていた表参道のカフェ、ブラウンライスのランチを食べに行ってきました。

ずっと気になっていたのだけど、プチ移住中で東京になかなか寄れなかったのでやっとです。

店内の雰囲気やメニュー、ランチの内容をまとめました。

スポンサーリンク

表参道のブラウンライスとは

「ブラウンライス」というと、英語で「玄米」の事を指しますが、今回ご紹介するのは、ニールズヤードレメディーズが運営するカフェ「ブラウンライス」です。

バランスのいい健康食として注目されている和食を見つめ直して「おいしく食べて体と心を慈しむこと」を提案しています。

《ブラウンライスの3つのコンセプト》

  1. 食材は皮まで全て使って素材の栄養を丸ごといただく。
  2. 器や調味料まで手作りで、一つ一つに手間暇かけた食事を提供。
  3. 食材は生産者を直接訪ねて選び、毎日新鮮な野菜を届ける。

ここ数年で、ランチに玄米を用いるお店が増えたり、食材を余すところなく利用する試みが広まってきたように思います。

日本古来の食事の知恵が見直されてきているようですね。

体にいいから突然ヴィーガンになったり、糖質制限をし出したり、極端に走る健康の選択肢も増えていますが、たまにはファストフードを食べつつ普段は玄米、などのように、全体的なバランスを考えて自分で選べる選択肢が増えるのは良いことじゃないかなと思います。

【表参道】ブラウンライスへのアクセス・行き方


ブラウンライスは、表参道駅から歩いて3分ほどの距離にあります。

【ブラウンライス】
住所:東京都渋谷区神宮前5-1-8 1階
電話:03-5778-5416
時間:ランチ11時半~17時,ドリンクL.O17時半

ブラウンライスへの行き方

表参道駅のA1出口から大通り沿いに少し進み、ロハス通りへ左折。じきに右側にブラウンライスの看板が見えてきます。

グリーンがバランスよく配置された小道を進むと、右側にブラウンライスのお店があります。奥はニールズヤードレメディーズの店舗に繋がっていました。

ブラウンライスの店内の雰囲気

写真は外のテラス席。緑がいっぱいで気持ち良く、天気のいい日は外のテラス席も良さそうです。

店内の席は、中央に相席ができる大きなテーブルがあり、窓際と店内奥に2人席が配置されています。一人で来た場合でも、大テーブルなら食事がしやすそうです。

入口正面奥のカウンターの隙間からは、スタッフさんが調理している様子が見え、届いたばかりの大量のキャベツを刻んでいました。(舞台裏が見える!)

お店の店主?のような男性のスタッフが、店内の客一人一人に声をかけて回っており、細やかな気遣いが行き届いていました。海外からの客には英語で対応。ランチの説明や感想などを聞いていたようです。(よほど美味しかったのか、がお客さん絶賛していました。)

ブラウンライスの混雑状況

私がブラウンライスへ行った日は、日曜日の午後。ランチ時を少し過ぎていましたが、さすがに日曜の表参道・青山は人が多く、ブラウンライスの店内もほぼ満席でした。

お店に到着した際、私を含め3組の待ちがありましたが、一人客だったので10分も経たないうちに席へ案内してもらえました。

待っている間は、緑いっぱいのテラス席に近い場所にいられるので、待ち時間も気持ちよく過ごせそう。

ブラウンライスのランチメニュー

ブラウンライスのランチメニューは、野菜と玄米中心のシンプルな食事です。

  • 一汁三菜ランチ
    週替わりの主菜・副菜2品・漬物の御膳ランチ。
    玄米と味噌汁つき。
  • 旬野菜のセイロ蒸し膳
    産地直送の新鮮な季節野菜のせいろ蒸し。
    季節の合わせダレと共に。
    玄米・味噌汁・副菜・漬物付き
  • 季節野菜のカレー
    玉ねぎとトマトの甘みを引き出して、オリジナルブレンドのスパイスで煮込んだべジカレー。
    付け合わせ2品つき。

1日と15日は、玄米ご飯が小豆入りになるというので、日にちが合えば小豆入り玄米の日を狙って行きたいですね。

ご飯のお代わり・大盛りは自由。

《デザートメニュー》

  • 豆腐のレモンケーキ
    三之助豆腐にレモンを合わせたレアチーズ風ケーキ。
    下はオートミール生地
  • 自家製豆腐のアイスクリーム
    三之助豆腐のアイス。
    ※フレーバーは変更あり
  • 白玉入りかぼちゃのお汁粉(期間限定)
  • ベリーのチョコレートケーキ(期間限定)
    カカオ生地にピスタチオクリーム、
    オレンジリキュールのクリームとベリーを挟んだショートケーキ

※メニュー内容は私が行った当時のものであり、変更等ある場合があります。

ブラウンライスのランチ

私が頼んだのは一汁三菜ランチです。この日の一汁三菜ランチの中身はこんな感じでした。

  • 島豆腐のカツ
  • 茎ブロッコリーとキノコのナムル
  • ジャガイモの塩麴グリル

メニューにはジャガイモのグリルがありましたが、変更になったようです。

前菜には、彩りが良くブーケみたいなリンゴ、玉ねぎ、豆のマリネが運ばれてきました。細かく刻んだディルが散らしてあり、味のアクセントになっています。

メインは島豆腐のカツ。沖縄に居た頃よく食べていた島豆腐。こんなところでまた食べられるとは。

島豆腐は普通の豆腐より固めの食感で崩れにくく、カツに向いていそう。この島豆腐のカツは、衣が薄くカリカリに揚がっていて好みの食感でした。

ご飯のお供になる昆布の佃煮、茎ブロッコリーのナムル、味噌汁、どれも優しい味わいです。

kasumi
kasumi

チェーン店もたまにはいいけれど、基本的には濃い味付けが苦手なので、こういう薄味の和食を出すおしゃれな店が増えてくれると嬉しいな~。

【表参道】ブラウンライスのランチまとめ

野菜メイン、和食、玄米、などのランチを出すヘルシーカフェが増えていて、全国どこに行っても見つけます。

沖縄の笑味の店みたいなおばあちゃんの手作りランチもあれば(かなり手がこんでるけど!!)
蔵前の結わえるみたいに男性受けも良さそうなボリュームありの玄米ランチも。

ブラウンライスは、ランチの内容自体はとってもシンプルです。

気になるのが、ランチのお値段。

ブラウンライスでは、土日のランチは値段がプラス500円。

表参道だからか、健康なランチにもお金がかかります。。。

地方の同じような玄米ランチ(+裏の畑で採れたての新鮮な有機野菜)でも千円しないとこもあるので、やっぱりお値段は都会値段と思っていくべし。

都会だと健康な食事にもお金がかかります。

それでもブラウンライスでのランチは「表参道のおしゃれなカフェでヘルシーなランチを食べてる自分」というシチュエーションには満足できるので、場所代と思えば雰囲気にも酔いしれますよ。

東京
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント