沖縄

沖縄旅行の移動手段はレンタカーとバス観光どっちがいい?

更新日:

この記事では、沖縄での移動手段をレンタカーと路線バスにした場合のメリット・デメリットをあげてまとめてみました。
沖縄旅行の際にどの移動手段がいいか決めかねている人は参考になればと思います。

こんにちは!旅生活中のkasumiです。

沖縄は見どころがたくさんあり、旅行をする時は移動手段の選び方に迷いますね。

意外と広く、北部の方まで行くにはけっこう時間もかかるんですよ。
だから沖縄旅行での移動手段選びはけっこう大事!

スポンサーリンク

沖縄旅行の移動手段は何がある?

まず、沖縄には電車がないので移動手段が絞られます。

大まかに「自分(達)で運転するもの」と「自分(達)で運転しないもの」

自分(達)で運転→レンタカー

自分(達)で運転しない→タクシー・観光バス・路線バス・ゆいレール(那覇市内のみ)

沖縄旅行で路線バスで観光する場合

沖縄には電車がない分、県内を走るバスは充実しています(本州に比べて)。

私も沖縄に住んでる時、大半は路線バス利用してました。

沖縄路線バス観光のメリット

  • レンタカーよりは安い
  • 夜も皆で飲みに行ける(ただし、遅い時間にバスはないので、帰りはほぼタクシー(沖縄タクシーは内地に比べて安い)
  • バス停まで歩く中で、車じゃ見つけにくいお店を発見したりしやすい
  • レンタカーより歩くから痩せやすい(笑)
  • ポイント地点をのんびりゆっくり回れる

路線バスなど地元のものを利用することで、地元の人の目線に近い立場が体感できますよ~。

あとは、観光して回って疲れてるときに自分で車を運転しなくていいのが楽

 

沖縄路線バス観光のデメリット

  • 乗り換えやバス停の位置を調べる手間がある
  • バス到着時刻の遅れはしょっちゅう(島時間を体感できる)
  • お土産を買うと荷物が重くて大変
  • 北部などの遠方へは時間がかかる(那覇から日帰りは厳しい)
  • たくさんの観光地を一度に回るには時間が足りない
  • 車内は飲食禁止なので買ったものを食べたりできない

目的地を1,2個に絞って、その周辺をゆっくり散策できるので、車が入れない裏路地や車だと見逃しちゃいそうなお店も発見しやすい。
意外な穴場とか発見しちゃうことも(*^^*)

のんびり流れる島時間をゆっくり楽しみたい&楽しめる人向け

ただ、バスが遅れるのを待つ時間さえ惜しい!

時間に遅れるのは許せない!などというのんびり待てる心のゆとりがないと、ストレスになっちゃうかも。

 

一部観光バスツアーという選択もあり

路線バスじゃなくて、有名観光地を巡る「観光バスツアー」もあり。

現地で一部だけツアー参加するのもラクチンです♪

Mappleアクティビティは、まっぷるやことりっぷを出版する昭文社が運営。
現地オプショナルツアーでは、首里城や美ら海水族館を回る観光バスを予約できます。

最初の検索窓に「沖縄 観光バス」と入力するとずらっと候補が出てきます。
※ゴールデンウィークの予約は1月から入り始めるので、大型連休の予約は早めがおすすめ!

【Mappleアクティビティ公式サイト】で探す

 

たびらいアクティビティからも沖縄観光バスの検索&予約ができます。
沖縄に特化した現地オプショナルツアーが豊富。

【たびらいアクティビティ公式サイト】で探す

 

スポンサーリンク

沖縄旅行でレンタカーをかりて観光する場合

自分(達)で運転するレンタカーは、何でも”自由”にプランがたてられるけど、その分自己責任でカバーしなければならない部分が大きいです。

新しくできたお店はナビに入ってないことも多く自力で探さなければならないこともあるので、ガイドブックについてる地図とかは持って行った方がいいですよ。

レンタカー観光のメリット

  • あちこち寄り道できる
  • 暑い中バスを待ったり歩かなくていい
  • お土産に重いものを買っても大丈夫
  • 北部や南部などのバスの便数が少ないとこでも行きやすい
  • 夜も遊びにいける(運転手は飲めない)

レンタカー観光のデメリット

  • 道がわからなくなると困る(ナビにも出てこないとかたまにあります)
  • 朝や夕方は、渋滞が多い(特に那覇周辺だけど、主要道路が少ないため那覇で渋滞するとずっと続く)
  • シーズン中の美ら海水族館へは渋滞覚悟。運転手は疲れるかも。
  • シーズン中は駐車場探しが大変(国際通り付近は特に)
  • 朝は那覇付近のバス専用レーンに注意(間違って走行すると罰金)
  • 車の運転が荒い人が多いのでちょっと怖い(アメリカ軍のYナンバーに注意)
  • 渋滞を見越しておかないと、帰り道空港まで時間がかかって飛行機に乗り遅れる(けっこういるよね)

レンタカーは渋滞で飛行機に乗り遅れないように

レンタカーは、あちこち見たい!動きたい人向け

欲張りさん&わがままさんもガイドブックのお店を片っ端から寄ってみることができちゃいます。

デメリットは渋滞と駐車場探し。

あまりないことですが、私は一度恩納村から那覇空港までレンタカーで移動した際に渋滞に巻き込まれ、あやうく飛行機に乗り遅れそうになったことがあります。
通常なら1時間ちょっとでいける道のりですが、那覇で交通事故があり2時間40分かかってしまったんです。

そんなに頻繁にあることではないですが、こうしたアクシデントも見越して移動したほうが良さそうです。。。

沖縄旅行時のレンタカーの保険加入は必須

注意すべき点は、交通事故。
前述の通り運転が荒く、旅行者の交通事故が割合としても少なくないんです。

  • 初心者マークをつけた車(沖縄観光でやむを得ずレンタカー借りてる)
  • 外国の人が運転してる車(アジア系だとか、海外旅行者が運転してる)
  • Yナンバーの車(軍関係ですね。ウインカー出さずに突如入ってきたり、読めません・・)

自分が気を付けてても巻き込まれることの方が怖いです。

私は7年くらいは通勤で毎日車乗っていますし、首都高速から北海道の凍った路面も運転してます。
免許は10年以上無事故無違反のゴールド免許保持( ・`д・´)
そんな私でも沖縄の道路は怖かったです。。
名古屋や金沢も運転がひどかったですが、ここ沖縄は周りの車がすべて自由過ぎてバラバラな動きをするので、読めなくて怖かったです。
避けれないし、けっこう神経使います。
特に那覇~中部あたりの車線が多い道を走るときは注意してください。

レンタカーの保険には絶対入っておいた方がいいですよ。

レンタカーの確保は早めに

特に大型連休のレンタカー予約は早いうちから埋まっていきます。

ゴールデンウィークのレンタカー予約は年明けの1月から埋まっていくほど。

まだレンタカーを借りる日がはっきりと決まっていなくても、大まかな日を設定しておおよその金額目安とレンタカーの空き状況だけでも調べておくべき。

たびらいレンタカーでは、カーナビ・免責保障・ETC車載器・消費税込みの最安値を探せるので便利です。
(サイトによってはその「最安値」が、カーナビ料金や免責保障を含まないものだったりするので、また再検索しないといけなくて面倒なんですよね(;^_^A)

【たびらいレンタカー公式サイト】で空きを確認最安値を見る

 

スポンサーリンク

関連

-沖縄
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.