沖縄

沖縄で出会った不思議な果物カニステル。早く熟させる裏ワザ

更新日:


ようこそ たび@らいふへ
旅生活中のkasumiです。

沖縄果物シリーズ続いてます。
今回は「カニステル」

ほんと不思議な食感の果物なんですよね。
半分に切ってみて「これが果物??」
と戸惑いました。

そんなカニステルの食べ方・追熟の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

沖縄で見かけるカニステルとは?

カニステルは南米産の果物で、
別名が「エッグ フルーツ」

名前の通り、ゆでた卵の黄身のような食感なんです。

カニステルの名前の由来は「canister」
大砲の散弾の形に似てることからこの名前なんだとか。
怖い:(;゙゚'ω゚'):散弾ってこんな形なの?

沖縄では1月頃から店頭に並び4月くらいまでが旬のようですが、7月にもありました。

カニステルの食べ方

カニステルは店頭に並んでる時はまだ熟しておらず、固くて食べられません。
固いまま食べるとまずいそうですよー。
表面にツヤがあるものを選ぶといいです。

常温でしばらく置いておくと熟してきて、
表面は黄色く、押すと凹むくらい柔らかくなります。

皮のすぐ内側まで食べられるので、
触ってみて皮のすぐ下まで柔らかくなってきていればOK。

スポンサーリンク

表面の皮がめくれたり、ヒビ割れたようにめくれてきていても食べごろです。
めくれたところから皮をむいて食べてもいいですし、半分に切ってスプーンですくって食べてもいいです。
真ん中に大きめの黒い種があるので、それは取り除いてください。

 

カニステルの味は・・・?

中身はほんとにホクホクしたお芋!
蒸したサツマイモやカボチャみたいな食感です。
もしくはゆで卵の黄身。

味も、お芋にほんのり酸味を足した感じ。
ちょっと青臭みがあるときも・・。

「おいしい?」って聞かれたら

「そうでもない。」

( ̄∀ ̄)

当たりはずれあるみたいなので、おいしいものもあるんだとか。

でも「完熟したら蒸し芋?!」みたいな
面白いギャップのある果物なので、変わり種好きな人は試してみて欲しいです。

ネタとして気に入りました(^ω^)

早く食べたい時のカニステル完熟方法裏ワザ

買ってきてなるべくすぐに食べたい時もありますよね。
そんな時は熟成を早めるために、塩を使います。


ヘタの部分に塩をのせておきます。
塩は少し水で湿らせて、乾かないようにするといいです。

こうすることで熟すのが早くなり、
2〜3日で食べられるようになりますよ。

気づいたら表面に割れ目がぐるっと何周も入ってて、慌てて食べました(笑)

まとめ

カニステルはおいしくはない!
おいしくはないけど、面白さと興味本位で食べてみるにはおすすめな果物でした。

おいしくないっていいながら、
また買っちゃったしね。。

スポンサーリンク

-沖縄
-

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.