【沖縄中部観光コース】寄り道ビーチやショップ紹介

沖縄

私が回った【沖縄中部観光コース】移動の所要時間とルートをまとめました。

コース中にあるおすすめビーチや寄り道ショップ、夕日スポットも紹介してます。
沖縄中部中心に旅行する方は参考にどうぞ~。

こんにちはkasumiです。

沖縄北部観光コースに続き、中部の観光コースも作ってみました。
中部の西海岸沿いに宿泊する人には、那覇空港から1日かけてホテルに向かえるのでおすすめ。

中部はアメリカンヴィレッジや港川外国人住宅街など、アメリカを感じられるスポットが多いですね。
後半は絶景ビーチが続く道なので、気になったビーチに寄り道してくのがおすすめです。

沖縄中部観光1日モデルコース

ざっと大まかなコースはこちら。
コース中のおすすめビーチ、寄り道ショップも自由に組み合わせられるようにしてます。

 

[su_list icon=”icon: caret-down” icon_color=”#ee8456″]

  • 10時半:港川外国人住宅街
    (移動20分)
  • 12時:北谷アメリカンヴィレッジ
    (移動25分)
  • 14時:読谷村やちむんの里
    (移動15分)
  • 16時:残波岬
    (移動20分)
  • 17時:おんなの駅
    (移動20分)
  • 18時:万座毛

[/su_list]

万座毛で夕日を見るなら、夏場は19時半が日没時刻なので19時くらいに着くのがおすすめ。

 

港川外国人住宅街

個性派カフェやショップが集まっていて散歩しながらショッピングが楽しめるエリア。
各ショップのオープン時間はバラバラだけど、食事系のお店は11時以降に開くところが多いです。
ただし、遅いと駐車スペースがなくなるので11時前には到着した方がいいです。

例えばこんなお店があります。

【oHacorte】手作りフルーツタルトのお店
【COCOROAR CAFE】オープンテラスのあるハワイアンカフェ。タコスやロコモコが食べられる。
【琉球拉麺 スパイスカレー】沖縄そばの麺を使ったオシャレなラーメン屋さん。女性にも人気。
【OKINAWA CERRADO COFFEE Beans Store】一人一人の好みに合わせたコーヒー豆と淹れ方を提案するコーヒーショップ。イートインあり。
【Ring RingBell Closet】ヴィンテージのアメリカン古着店
【PORTRIVER MARKET】良いものにこだわったライフセレクトショップ。

 

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●港川外国人住宅街の駐車場事情とコインパーキング利用談[/su_note]

 

寄り道パン屋【宗像堂】

沖縄天然酵母パンの先駆け的存在。
アーサのフォッカチャ、山原島豚ソーセージベーグルロール、伊江島全粒粉バゲットなど。
バナナコクルレが一番人気。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●宗像堂のバナナコクルレ目当てに行ってみた[/su_note]

 

美浜アメリカンヴィレッジ

アメリカンヴィレッジ

アメリカ西海岸風の建物が並ぶカラフルなショッピングタウン。
観覧車に乗るときれいな海が見えますよー。

アメリカのファッションアイテムや雑貨のショップがたくさん。
食事するお店もたくさんあります。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●アメリカンヴィレッジで食べたいタコスとホットドック[/su_note]

 

住所:北谷町美浜15-69
電話:098-926-5678
時間:10時〜翌2時
休み:無

 

おすすめビーチ:北谷サンセットビーチ

名前の通り夕日がキレイなサンセットスポットです。
アメリカンヴィレッジに行ったついでに立ち寄れるビーチといえばココ!

 

寄り道パン屋:プラウマンズランチベーカリー

地元民にも人気すぎる丘の上の一軒家カフェベーカリー。
ここのパン、ほんと美味しすぎます。
お昼前には売り切れることもあるので注意。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]
沖縄のプラウマンズランチベーカリーは場所と駐車場に注意

プラウマンズランチベーカリーのブランチに行ってきた

[/su_note]

 

寄り道スポット:イオンモール沖縄ライカム

イオン沖縄ライカム

沖縄県内最大級のショッピングモール。
沖縄の海をイメージした巨大水槽では、カラフルな熱帯魚が見れます〜。
沖縄の伝統芸能やライブも毎日のように開催されてるので、観光客が訪れても楽しめます。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]
イオン沖縄ライカムのハンモックカフェランチを体験[/su_note]

 

読谷村やちむんの里

沖縄の焼き物「やちむん」を焼く登り窯を中心に焼き物工房が集まっている場所。
工房やギャラリーをのんびり散策できます。

住所:読谷村座喜味2677
電話:098-958-6494

 

寄り道カフェ:カフェ七色の風

海は見えないけれど、自然の中にある緑を感じられるカフェ。
彩り豊かでヘルシーなランチプレートはおすすめ。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●私有地の奥にある沖縄の隠れ家カフェ【七色の風】[/su_note]

寄り道パン屋:水円

古民家を改装した人気のベーカリー。
石臼で挽いた小麦粉と自家製天然酵母、水、塩だけで作ったシンプルなパン。
カフェスペースもあります。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●【沖縄読谷村のパン屋水円】アクセスとおすすめパン[/su_note]

寄り道ビーチ:ニライビーチ


参考:https://www.alivila.co.jp/

ホテル日航アリビラ前の天然ビーチです。
透明度も高く、慶良間諸島も見えます。

星の砂が見つかるビーチとしても密かに有名。

残波岬

高さ30mの絶壁が2kmほど続く岬。
夕日スポットとしても人気。

空撮の写真があったので載せてみました。
手前右側に「ざんぱビーチ」があるんです。

住所:読谷村宇座1933
電話:098-958-3041

 

寄り道ビーチ:ざんぱビーチ

残波岬の南側にあるビーチです。
透明度が高くておすすめの公共ビーチ。

おんなの駅

南国フルーツや地元民お手製おやつ、豚の加工品、ジーマーミ豆腐など珍しい沖縄食材もお土産用に買えます。
普通のお土産お菓子(ちんすこうとか紅芋タルト)から琉球グラスまでひと通りは揃ってるので便利。
店の外はフードコートみたいになっていて、色んな沖縄グルメを気軽に味わえますよ。

おんなの駅の目の前にもきれいな海が広がってるので、眺めが良い場所です。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●【おんなの駅の食事まとめ】アクセスとおすすめグルメ
【沖縄のお土産に】道の駅で見つけた南国フルーツ6選
【おんなの駅のパン屋アチココ】場所とパンメニュー
旅行者も借りられる絶景の沖縄図書館
[/su_note]

 

寄り道ビーチ:ムーンビーチ


参考:https://www.palace-okinawa.com/moon/

三日月形の砂浜のビーチで、おんなの駅から車で5分(もかからないくらい)
ここはホテルのビーチなので、施設利用料500円がかかります。

 

寄り道ビーチ:リザンシーパークビーチ


参考:https://www.rizzan.co.jp/

白砂が800m続く天然のビーチで、浅瀬で波が穏やか。
泳ぎやすいビーチです。

リザンシーパークビーチから万座毛までは車で10分ほど。

万座毛

象の鼻みたいな形の岩が特徴の沖縄の景勝地。
遊歩道があるので歩きやすいです。
反対側の万座ビーチ側には大小の「夫婦岩」が見えます。

昼間も海がキレイだけど、夕日もキレイな人気のサンセットスポットなんです。
日没時間は東京と比べると20分〜1時間くらい違います。
夏は19時半くらいが日没時刻。
冬は17時半くらい。

住所:国頭郡(くにがみぐん)恩納村恩納2451
電話:098-966-1280
無料駐車場あり。

 

沖縄旅行の予約はどこでする?

沖縄旅行の航空券や宿泊予約をまとめてするならエクスペディアがおすすめ。

複数の航空会社と宿を比較して最安値を探せます。

期間限定セール・直前割・クーポンなど割引が多いので、航空券と宿をセットで予約するなら一番安くなることが多かったです。

私は飛行機と宿のセット予約では一番利用してるかも。

エクスペディア公式サイトはこちら。

 

まとめ

沖縄中部だと前半ショッピング、後半ビーチ三昧な感じですね。
ビーチはやっぱり北に行くほど透明度も高くてきれいなので、ニライビーチあたりから北のビーチがおすすめです。
上にはのせなかったけど、真栄田岬の青の洞窟もきれいですよ。

[su_note note_color=”#fef7ca” radius=”6″][su_label type=”warning”]関連記事[/su_label]●沖縄のお盆渋滞をできるだけ回避する3つのコツ
沖縄旅行の持ち物とリスト[/su_note]

 

 

コメント