TRAVEL DAYS

元BA・HealthAdviserから”暮らす”旅を続けるノマドワーカーへ。旅や美容健康のお役立ち情報を発信

https://kasumi0-0.com

沖縄

沖縄北部観光コース|ビーチと絶景ポイント、夕日スポット

更新日:

私が回った【沖縄北部観光コース】
観光スポットごとのおすすめビーチや絶景ポイント、夕日スポットも載せてます。
移動の所要時間、帰りの那覇空港までの道中でのおすすめお土産スポットもまとめました。

こんにちは、kasumiです。

沖縄北部は海の透明度が違いました。
道路は海沿いなので、ドライブコースとしても最高!

今回は1日観光コースを載せてます。
朝から観光するプランなので、1日目に那覇空港に着いてから、2日目以降のプランにおすすめ。

沖縄北部観光したら帰るなら、那覇空港までのお土産スポットも参考にどうぞ。

翌日も沖縄に滞在するなら、おすすめの夕日スポットにも是非。

スポンサーリンク

沖縄北部観光1日モデルコース

  • 8時半美ら海水族館
    エメラルドビーチ
    (移動5分)
  • 11時半備瀬のフクギ並木
    備瀬崎ビーチ
    ランチ
    (移動30分)
  • 14時半古宇利島
    古宇利大橋
    古宇利オーシャンタワー
    古宇利ビーチ
    (移動10分)
  • 16時半ティーヌ浜のハートロック
  • 18時アマジャフバルの夕日スポット
  • 那覇空港までのお土産スポットと隠れビーチ

美ら海水族館もフクギ並木も古宇利島も、じっくりのんびり回るとどれもそれぞれ1日はかけられます。
全部1日で周ろうとするとこんなルートかな、と考えてコースをまとめました。

好みでスポットを省いたり追加したりしてみてください。
(*'ω'*)

 

美ら海水族館

美ら海水族館と近くのエメラルドビーチは沖縄観光でも1番人気ですよね。

イルカのショーが見れたり、ジンベエザメのいる巨大水槽は見もの!

美ら海水族館は朝の訪問がおすすめ

美ら海水族館は朝8時半から。
夕方まで入館できるけれど、行くなら混雑の少ない朝がおすすめです。

10時過ぎからバスでの団体客がゾロゾロ増えるので、お昼くらいは一気に混みあいます。
できれば昼前には美ら海水族館を脱出(笑)したいところ。

那覇方面から美ら海水族館目指してくる車が多いので、道中の渋滞もすごいんです。
抜け道とか無いので、渋滞からは逃れられません。

それに朝の水槽はにごりが少なく、魚がきれいに見えますよ。

美ら海水族館の混雑を避ける効率いい回り方と裏ワザ

美ら海水族館の全ての割引お得技と無料サービスこっそり教えます

沖縄北部のビーチ①エメラルドビーチ

美ら海水族館に来たらセットで行きたいのがエメラルドビーチ!
ここのビーチはほんとキレイです(^^)
白い砂浜〜透き通った海〜

 

スポンサーリンク

備瀬のフクギ並木

美ら海水族館から車で5分(もかからない)ほどの距離にフクギ並木があります。
フクギ並木の散策は、木陰なので夏でも涼しいのが◎

ランチができるお店やカフェも点在してるので、お昼ご飯もフクギ並木周辺で済ませるといいかも。

レンタサイクルもあるので(子供用もあり)、自転車でも徒歩でもどっちでも好きな周り方で。
夏は虫除けスプレー必須!です。

沖縄北部のビーチ②備瀬崎ビーチ

フクギ並木近くにあるビーチは備瀬崎ビーチです。
砂浜もあるけれど、岩場の磯遊びの方がおすすめ。
干潮時には海の生き物の観察がしやすいです。
ゴツゴツした岩場なので、脱げにくくて濡れても平気なサンダルがおすすめ。

備瀬のフクギ並木の散策ポイントと駐車場情報
備瀬崎のビーチについても載せてるので参考にどうぞ。
関連記事

備瀬のフクギ並木ひとり散歩|駐車場と散策ポイント

 

古宇利島

沖縄北部、今帰仁村にある離島の1つで、橋で渡れます。
海は透明度が高くてキレイだし、絶景ポイント、夕日スポットもあります。

沖縄北部の絶景ポイント:古宇利大橋

古宇利大橋からの眺めは絶景ポイント!

古宇利大橋を渡る手前に駐車場があるので、そこに車を停めればじっくり写真を撮ることもできます。
橋がかかってから一気に旅行客が増えたみたいですね。
古宇利大橋を車で渡るのはほんと爽快!

古宇利オーシャンタワー

古宇利島にある展望台です。
古宇利島がぐるっと見渡せてここもある意味絶景ポイント。

レストランやお土産ショップ、世界中の貝を集めたシェルミュージアムも見ごたえあります。

最終入園は17時半。
大人800円

最終入園時間に間に合いそうなら、先にハートロックを見てきてもいいかも。

沖縄北部のビーチ③古宇利ビーチ

橋を渡ったらじきに駐車場があるので、まずは車を停めて古宇利ビーチへ降りてみては。
遠浅なので泳ぎやすいです。
マリングッズのレンタル、シャワー・トイレもあります。

シーズン中なら海の家も出ているし(寒い時期はやってません)私はブルーシールのアイスを堪能しました。

沖縄北部の絶景ポイント:ティーヌ浜のハートロック

古宇利島の名所?になっているハートロックもおすすめ。

角度によって2つの岩が重なって♡の形に見えるんです。
・・・私が行ったときは人が多くて♡形の写真は撮れませんでした。

ティーヌ浜のビーチは砂に深く足がとられるので、ヒールのあるサンダルはやめた方が賢明です。
ビーチに出るまでが岩場の階段を下ってくので注意。
ビーチサンダルくらいなら行けます。

ティーヌ浜のハートロックへ行くなら事前に知っておくといい情報
場所と駐車場の情報、ティーヌ浜の様子まとめ
関連記事

ティーヌ浜のハートロックの場所と駐車場は事前確認がお得!

 

沖縄北部の夕日スポット:アマジャフバル農村公園

古宇利島で一番高い位置にあるそうで、夕日がきれいに見えた場所です。

駐車場もあるので上まで車でいけるんですが、道中が迷路みたいで苦労しました。
看板が出ているので、それを頼りに探していく感じです。

下から登ってきても看板は振り向かなきゃ見えないし(意味ない)
ナビはあまり頼りにならないので、カンで上の方を目指しました。
夕日が沈んじゃう!!と内心ヒヤヒヤしましたが、無事見れて良かった。

沖縄北部帰りに立ち寄れるお土産スポット

那覇空港までの道中に立ち寄ることができるおすすめのお土産スポットも紹介します。
全部、近くにきれいなビーチがあるので、時間があれば立ち寄るのもおすすめ。

お菓子御殿恩納村店

派手な門構えで通りからも目立ちます。
ちんすこう、紅芋饅頭など定番の沖縄お菓子が揃います。
シーサー、琉球ガラス、泡盛も取り扱いあり。

カフェも併設されていて、紅芋のケーキなどが食べられますよ。
カフェは毎週木曜休み

恩納店の横の階段を下りるとビーチに行けます!
伊江島も見えてここも密かな絶景ポイント。

【お菓子御殿恩納店】
住所:沖縄県恩納村字瀬良垣100番地
電話:098-982-3388
時間:8時半〜19時半(8・9月は20時迄)
休み:無休

ココロバ(珊瑚や貝を使ったセンス抜群なアクセサリーショップ)

鉱物や珊瑚や貝、植物の種を加工して作った1点もののアクセサリーショップ。

セレクトショップに置かれていそうなおしゃれなデザインのアクセサリーばかりです。
男性には藻玉やマッコウクジラのキーリングがおすすめ。

通販もなく、店舗販売のみ。
沖縄に行った時しか買えないので近くにいたら立ち寄るのがおすすめ。

ココロバの場所やアクセサリーを詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ
貝や植物などの素材の調達から加工まですべて行う1点もののアクセサリーは記念になります。
関連記事

沖縄でしか買えないアクセサリーの1点ものはココロバで!

 

おんなの駅

お菓子、食べ物から泡盛、ちょっとした雑貨まで、一通りの沖縄土産が揃います。
ちんすこうなどの定番沖縄土産だけでなく、パパイヤ、マンゴーなどの南国フルーツも買えます。

時期によってはスナックパインやパッションフルーツ、アテモヤもあって、個人的に好きなのでおすすめ。

ミミガーやもずく、海ぶどう、スイーツ系のジーマーミ豆腐があったら即買い!

紅芋は沖縄以外へ持ち出し禁止なのでお土産には買えません。注意。

おんなの駅の目の前も海がキレイな絶景ポイント。
この前の道はおすすめのドライブコースなんです。

おんなの駅についてさらに知りたい方はこちらの記事も読まれています。
おんなの駅で食べられる沖縄グルメや店内で買えるおすすめお土産をまとめました。
関連記事

沖縄おんなの駅の食事まとめ|アクセスとおすすめグルメ

 

沖縄北部旅行は那覇空港までの渋滞に注意

古宇利島から那覇空港までは、高速で1時間半。
一般道だと2時間ほど。

けれどそれは渋滞にはまらずスムーズにいった場合。
特にシーズン中は夕方の渋滞がすごいので、下手すると飛行機に間に合わなくなります。

私一度、飛行機に乗り遅れそうになったので〜(;´д`)
かなり時間余裕もって出たのに、交通事故渋滞も重なって2時間半以上かかりました。
計3時間くらいだったかな…。

沖縄の渋滞について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。
私がプチ移住中に学んだ”沖縄の渋滞を避けるコツ”と渋滞体験談
関連記事

沖縄のお盆渋滞をできるだけ回避する3つのコツ

 

まとめ

沖縄北部はとにかく海や自然がキレイ。
なので離島やビーチ中心に巡るのがおすすめです。

名護パイナップルパークとかもありますが、学生の時友達と行ってみてイマイチだったので省いてます。

最初の写真のビーチは「笑味の店」へ行く途中のビーチ。
大宜味村だったと思うのですが、どこだったか忘れました・・。
SUPの波乗りもできて楽しかった♪

今回はルートからちょっとそれるので外しましたが、時間があれば笑味の店でのランチ、個人的にすごくおすすめです。
海外からも来客するほど、今や貴重な「長寿村の食事」を体験できます。
手が込んでてホッとする食事なんですよ~。

笑味の店の詳細はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

関連

-沖縄
-

Copyright© TRAVEL DAYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.