沖縄

珊瑚や貝のアクセサリーが1点物で現地でしか買えないから買っとくべき!

更新日:

こんにちは!
旅生活中のkasumiです。

沖縄生活を一旦一区切りし、
荷物を入れ替えるために一度本州に戻りました。

その際沖縄のお土産に、前々から目をつけていたアクセサリー屋さんで
おしゃれでかわいいアクセサリーを買ってきました(*´∀`)♪

ネット販売はしておらず、そのお店でしか買えません。
そしてすべて手作りで、一点もの

とっても希少なアクセサリーなんですよ!
人とかぶらない物を探してる人にもピッタリ

ネックレスやブレスレット、ピアス、キーホルダーなど。
女性だけでなく男性にもおすすめのものがあります。

以前こちらの記事で紹介したお店です。

スポンサーリンク

沖縄のお土産かわいい

やってきたお店は、沖縄県の恩納村にあるアクセサリー屋さん

「cocoloba」さん

水色×白のお店がかわいい。

こじんまりした店内には、
センス良く手作りのアクセサリーが並んでいます。
このお店のディスプレイやレイアウトも唸るものがあります。

 

このcocolobaさんのアクセサリーは、
貝や植物などの自然素材を使ったオリジナルデザインのアクセサリーです。
なんと材料の貝や鉱石、植物の入手から
それらの素材の加工や研磨もすべて工房で行っているそうなんです。
( ゚Д゚)< スゴイ・・・

貝は漁師さんから買い取ってるそうです。
漁師さんは貝の"中身"だけが必要なので、”殻”の部分を買い取ってるのだとか。

ただ最近はあまりいい貝がなく、
質の良いものを入手するのが難しくなってきてるそうなんです。
それだけにたまに巡り合える良質の貝や石は貴重。
そんな貴重な素材を使って作られたアクセサリーもすべて1点ものなので、
「ピーン!」ときたものはお買い上げしちゃうといいかも。

二度と出会えない、ほんと”一期一会”のアクセサリーです。

 

男性に似合いそうな藻玉のキーホルダーやネックレス。
キーホルダーは、ごつめの艶消し金具に大きな藻玉がついてます。

藻玉というのは、世界最大のマメ科の植物。
中のマメだけぽろっと落ちて漂流した先で芽を出すそう。

「海岸沿い歩いてるとたまに出会えますよー。探してみてください。」
見つけたらラッキーなんだとか。
レジカウンターの後ろに大きなさやごとの藻玉があったので、思わず聞いてしまった。。

 

こちらはマッコウクジラの歯を使ったキーホルダー
男性でも女性でも使えそう。

沖縄のお土産にcocolobaのアクセサリーを買いました

2回目にお店に行った時には
ネックレスとブレスレット、ピアスを購入しました。
どれにするかものっすごく悩みましたけどね。

ターコイズのネックレス

ゴールドの極細チェーンに磨き上げられた
ターコイズの石が1つ。
シンプルだからこそターコイズのツヤや色が際立ちます。

このタイプのネックレスは、
ルチルクォーツやピンクオパールなど
石の色違いでありました。

色違いで揃えて重ね付けもいいかも。。。

 

繊細なタッセルが美しいブレスレット

ブレスレットはオニキスのものを。

このブレスレット、先端につけられた極細タッセルがポイントなんです。
動くたびシャラシャラ揺れて、手首に色っぽさを演出してくれます。

 

 

夜光貝のピアス

このピアス、夜光貝を丹念に磨き上げてツヤッツヤに仕上げてるんです。
光の加減で輝き方が変わり、なんと織物表情をみせてくれる夜光貝。

スポンサーリンク

ピアスだけじゃなくて、ネックレスやブレスレットにもなっていましたよー。
大ぶりの夜光貝のネックレスはシンプルなのにすごく存在感あって見惚れちゃいます。

この夜光貝のピアスとオニキスのブレスレット、
どちらも白と黒がありセットにできるのですが、
私はブレスレットは”黒”が良く、ピアスは”白”が良かったので別々の色にしました。

 

 

 

購入時に手入れの仕方を教えてもらえます

大事に長く使えるよう、購入時に手入れの仕方の説明をしてくださいます。

自分でお手入れしているものって愛着湧きますし、
気に入ったものは手入れしながら長く使いたいですもんね。

 

ブレスレットに使われてるのは錆びない素材だから、水で丸洗いしちゃっていいんだとか。
毎回使用後に水で洗って汗やほこりを洗い落とし、拭いて乾かすといいそう。

夜光貝は水に濡れないように、お手入れは眼鏡ふきなどの布で拭いてあげます。

ほうほう・・・。こうすればいつまでもキレイなまま身につけられるのね。
( ..)φメモメモ・・・

 

 

手作りだからこそ修理も可能・・!

cocolobaさんのアクセサリーは、材料の研磨や加工もすべて工房で行っている完全オリジナル。
だからこそ、修理もここでできるんです。
お店まで出向かずとも、郵送での(封筒)やりとりになるので、あまり送料もかからないそう。

「ピアスが片一方なくなっちゃっても、もう一つ同じものを作ることもできますからね」

・・と。
うわー、それは嬉しい・・(*´Д`)

 

 

包装も1つずつ丁寧です。
ブレスレットとネックレスはジッパー付きの袋に入ってます。
その上からはカーキ色の薄紙が巻かれ、つや消しゴールドのマスキングテープがとめられてます。
シックな包装ですね〜。

最後はcocolobaさんの店名の入った袋に。
厚めの油紙っぽい紙袋です。
(額縁トレイは撮影のための私物です~)

 

沖縄のお土産を買ったアクセサリーショップの場所

こんなにステキなアクセサリーを作っているお店cocolobaさんの場所を紹介しますね。

沖縄県の恩納村というところにあります。
那覇方面からだと、美ら海水族館へ向かう58号線の途中です。
ただ、「恩納南」交差点を過ぎてから、万座毛方面へ向かう道へとちょっとそれたところにあるんです。

瀬良垣ビーチの近くですね。
一番下にcocolobaさんへの住所を記載しましたので、ナビにいれていくのがいいです。

お店は坂道の上にひっそりと建っているので、
(那覇方面からきたら)道路の左側にある看板を見落とさないように。
看板の右側を見ると、坂道の上に水色と白の建物が見えると思います。
駐車場はお店の前に2台分あります。

まとめ

自然素材を使ったcocolobaさんのアクセサリー
その素材が一番活きるようなデザインにしているのだとか。

1点ものでネット販売もしておらず、沖縄の現地でしか買えないので余計に希少価値高いですよね・・(;゚Д゚)
だからこそ、「これだ!」と思うものに出会ったときはその一期一会、大事にしないとですね。

 

もともと宮古島にいらっしゃったというオーナーご夫婦。
宮古島に居た10年ほど前は、あまり島内に人がいなくて、ビーチも貸し切り状態だったとか。
「車にシュノーケルのセットをつんでおけば、どこでもすぐにシュノーケルできますよ~。」
なんて話してくださって気さくな方でとっても話しやすく、すてきな人柄の方でした。

お客さんにもアクセサリーにも、温かく愛情持って接する人なんだな~。
丁寧に丁寧に作られたアクセサリー、私も大事にします。

今、旅のお供に身につけてます~。

 

《こちらの記事もぜひ♪》
以前のcocoloba紹介記事→「ネットじゃ買えない珊瑚や貝の可愛いアクセサリーを沖縄土産に」

【お店情報】
cocoloba(ココロバ)
住所:〒904-0404沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣826
電話:098-966-8480
営業時間:11:00~18:00(13:00~14:30は休み)
休み:不定休
駐車場:有(2台)
HP:http://cocoloba.ti-da.net

-沖縄

Copyright© たび@らいふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.