ご縁は自分で作るもの

コロナ禍の出会い

【神戸】ひとところカフェ|1人でも落ち着ける隠れ家カフェ体験レポ

神戸

神戸で人気の「ひとところカフェ」に行ってきました。
場所やメニュー、ランチ、店内の様子をまとめたので参考にどうぞ。
一人でも落ち着ける隠れ家カフェや友達と長居したいカフェを探しているならおすすめ!

kasumi
kasumi

「カフェひとところ」は、神戸プチ移住中のカフェ巡りで1番のお気に入り♪この時体験したスリランカカレーがきっかけで、横浜に行ってからしばらくスパイスカレー屋さん巡りをしていました。

 

カフェひとところは、食事良し、居心地よし(長居できる)、店員さん愛想良しの女子人気高めなカフェです。1人でも友達や恋人とでも食事を楽しめてくつろげる・・

今回は、ひとところカフェのアクセス、店の雰囲気や混雑状況、メニュー、ランチ内容、ディナー、要予約の夜カフェ会についても写真付きで紹介します。

神戸元町(栄町)あたりに行かれた時は立ち寄って見てください。

スポンサーリンク

【神戸】ひとところカフェのアクセス

ひとところカフェは、”隠れ家カフェ”と説明されていることもあり…少しわかりにくい場所にあります。

神戸JR元町駅の西口から南京町(海側)へ向かい歩いて5分ほどの距離。

南京町から海側へ少し歩いき、栄町通りを過ぎ、乙仲通りの一本手前。細くて静かな路地にあるビルの3階にあります。

路地に看板が出ていますが、写真の通りわかりにくいです。

写真上真ん中あたりに「ひとところカフェ」と小さな文字で書かれた看板、そして、階段左脇の足元にも手書きの看板があります。この看板を唯一の頼りにたどり着きましょう。

【ひとところカフェ】
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通2丁目2-12
電話:070-5342-1056
営業時間:[月~金]11:30~23:00,[日]11:30~21:00
休み:不定休

ひとところカフェの混雑状況

私がひとところカフェへ向かったのは、(世間は)春休み中の平日昼間。

1度12時過ぎにお店に到着したのですが、お店のドアの前には「満席」の貼り紙。ランチタイムは混雑するようですね。すでに満席とは・・。

この日は周辺をウィンドウショッピングしていたらあっという間にご飯を食べないまま時間が過ぎてしまい、再度ひとところカフェへ足を運びました。

時刻は午後14時過ぎ。

1人だった為、唯一店内奥の「おひとりさま席」が空いていたようで、すぐに座ることができました。

他の席はいまだに満席。ランチタイムをずらしても満席状態が続いているほど人気ぶりがうかがえます。

ちなみに、私が食事中も次々と客は入れ替わり、食事を終えて私が帰る頃(約1時間後)も満席状態は変わらずでした。

客層は20代〜30代くらいの女性客とカップル客ばかりです。

神戸栄町や元町あたりはショッピングを楽しめる界隈なので、1人で歩いてる女性も多く見かけましたが、ショッピングの休憩にふらっと一人でも入りやすいカフェです。

ひとところカフェの店の雰囲気

表の入り口を入ると勾配の急な階段があり、登ると右側に「ひとところカフェ」入口のドアがあります。

ドアを開けると、アパートの一室のような空間が広がっていました。・・・というか、アパートの一室をお店として改装したんですよね。

壁にはマスキングテープで留められたドライフラワーやメッセージのガーランドが飾られ、窓上部にはガーランドライトが吊られています。全体的にベージュ・茶系の色味でまとめられたナチュラルな雰囲気の内装。

女友達の家に遊びに来たような、気取らないゆるさが感じられてくつろげます。

kasumi
kasumi

よく見ると天井からぶら下がる電球の形も全部違うんですよ。

部屋作りの参考になるようなアイディアが散りばめられています。

店内はそんなに広くはないので、大人数向きではありませんが、気のおけない友達とおしゃべりするには長居できてぴったりな空間です。

ひとところカフェは1人で行ってもくつろげる

ひとところカフェには一人客も多かったです。一人客も居心地が良いような席の工夫がされていました。

ひとところカフェの席のタイプを参考までに記しておきますね。

  • 窓際右奥:一人用の席。ソファだからくつろげる
  • 窓際中央:2人がけのカウンター席。(引出しのついた木の机と椅子)
  • 左奥 :一番人気のベッド席。靴を脱いでベッドでおしゃべり
  • 店中央:ミシン代をリメイクした4人がけの木のテーブル席が2つ。椅子は革張りのスツールやスチールスツール
  • 右壁側奥:2人がけのテーブル席。テーブルは低め。
  • 右壁側手前:壁に向かって置かれた2人掛けのソファ席

店内のほとんどの席は壁に向かって座るように配置され、視線が交わりにくいようになっています。

店内は想像していたより狭い空間でしたが、その狭い空間いっぱいに、色んなタイプの席が用意されています。通路はほとんどありません。席と席の間を縫うようにして移動します。

けれど、それだけ隙間なく席が並んでいるのに、一度席につけば周りを気にすることなくゆっくりできました。シーンと静かなわけではなく、周りの話し声でわりと賑やかなのですが、”自分の空間でくつろげる”という・・不思議な感覚。

ひとところカフェのメニュー

ひとところカフェの『おうちごはん定食』は、6種類の定食メニューから好きなものを選べました。定食メニューにチャイか焼き菓子を選べます。

追加料金でチャイと焼き菓子両方セットにしたり、全ドリンク(チャイ以外も含む)から選ぶことも可能。どれも体に優しそうなメニューです。

参考までに、ひとところカフェのメニューを紹介します。

※メニューの内容は変更等ある場合があります。

豆腐グラタン定食 精米したての直火炊き五穀米・みそ汁・漬物・豆腐グラタン・塩豚のもやし和え
いなか定食 精米したての直火炊き五穀米・みそ汁・漬物・塩豚もやし和え・ネギささみザーサイ
カルボナーラ定食 バター・クリーム不使用。卵黄とオリーブオイル、パルミジャーノレッジャーノを使った濃厚カルボナーラ
本日のパン・カニアボカドサラダ
ジェノベーゼ定食 自家製フレッシュバジルソースとカニ・アボカド・オリーブ・玉ねぎの自家製ソースを和えた野菜たっぷりクリーミーパスタ
本日のパン・アイオリポテト
混ぜカレー定食 胸肉を使ったインドのチキンカレー・カニアボカド・海老アイオリポテトサラダ・カイエンペッパー・本日のパン

ドリンクメニューも豊富です。

どのドリンクメニューもほっこり落ち着ける味わいのものばかりでした。

チャイも用意されています。ひとところカフェのチャイは、インド・スリランカ原産のブレンド茶葉をたっぷり使ってミルクで煮込んだもの。ホイップやコーヒーフレッシュではなく、自然の純生クリームを使っている点も嬉しいですね。

《クリーミーチャイ:hot/ice/夏だけfrozen》

  • こがしキャラメルココア
  • はちみつシナモン
  • ヘーゼルナッツ
  • クリーミーシュガー
  • 豆乳(ミルクも入ってる)

《その他のカフェ:hot/ice》

  • スタンダードチャイ
  • シナモンチャイ
  • マサラチャイ
  • ストレートティ

《焼き菓子》
ひとところカフェの焼き菓子は、コストに拘らず、コクのある味や身体に優しい自然由来の純生クリーム/バターを使用しています。1日数量限定の「ひとところのかぼちゃケーキアイス添え」が気になったのですが、この日はすでに売り切れでした。残念。

  • クルミとキャラメルのチーズケーキ
  • 季節のあったかスコーン生クリーム添え
  • はちみつカスタードプリン
  • あつあつカラメルバナナマフィン
  • たっぷりパウンドケーキ生クリーム添え
  • ひとところ風フレンチトースト

平日だとお得なセットメニューあり♪

平日の15時までの利用で、「カフェごはんひとくち焼き菓子セット」を注文すると、すべての定食が300円引きになります。お得なセットメニューなので、平日の15時までに行けたなら注文してみるといいですね。

ちなみに焼き菓子は、「ひとくち焼き菓子セット」とあるように、通常サイズではなく一口のミニサイズになります。小さなおやつを色々食べたい人にはおすすめです♪

ひとところカフェの近くには食べ歩き天国の南京町がありますが、食べ歩きをしてそこまでお腹がすいてない時は、ひとくち焼き菓子セットにしてもいいのではないでしょうか。

ちょうど平日、15時までに来店できたので、私はひとくち焼き菓子セットを頼みました。

ひとところカフェのランチ

私が頼んだランチは「混ぜカレー定食」です。

世界最小のパスタ「クスクス」を使ったスリランカスタイルのカレーがこちら。

デザートについてくるこの日の焼き菓子は、バナナのマフィンでした。

周りのおかずを好みで混ぜながら食べます。副菜は味や食感が異なり、混ぜる部分によって味が変わるので、とても楽しく食事ができました。子供は好きそう。

カレーの上に乗せられた具材は

  • パパドという豆や米粉から作る極薄クラッカーみたいなもの。チーズっぽい味で割ってカレーに混ぜるとおいしかった
  • 半熟玉子
  • 漬物
  • 揚げポテト
  • スパイシースライス玉ねぎ
  • 三つ葉のサンバーラ

カイエンペッパーは辛さが足りない時に好みで足せます。辛いのが好きじゃない人は、もちろん混ぜなくてもOK。

クスクスは同じ味付けだといつも途中で飽きてしまうのですが、味を変えられるので飽きずに最後まで美味しくいただけました。

kasumi
kasumi

個人的にこの“味を混ぜる作業“が楽しかったです。

酸味や辛味などの味覚や食感を変えて楽しめて、ひと口ひと口味わって食べちゃいました。

“食べる”行為そのものをゆっくり楽しむことができてお腹も心も満たされました♪

バナナのマフィンはギュッとした重めの生地で、上にはキャラメルソースがかかっています。ねっとりしたバナナの食感で、ほんの少しの量でも十分満足感を得られました。

キャラメルソースは甘ったるいのかと思いきや、ほんのり苦味のあるソースでした。バナナのマイルドな甘みとマッチ!

ひとところカフェはディナーも要チェック!

ひとところカフェでは、事前に予約をすれば夜カフェ会もできます。友達の誕生日パーティーや記念日に利用したいですね。

2時間飲み放題付きの“ホットプレートでみんなで作る家パーティー“「家パ」という夜カフェ会のプランもあります。他にも、「チーズフォンデュパ」「なべパ」「バラエティタコパ」「オムパ」など、バラエティ豊かな夜カフェ会のプランが楽しそうです。

料理はおまかせの『夕食ごちそう会』もあるので、用途に応じて利用できていいですね。

みんなでワイワイ・・だけではなく、1名からOKの『おうちの夜ごはん』もあります。ランチメニューと同じように、家でくつろぐように体に優しい夜ごはんが食べられるメニューです。

アルコールと焼き菓子、カフェドリンクのついた「夜ごはんセット」もあります。夜まで遊んで、夕食と少しのお酒を楽しんでから帰るのもいいですね。

ひとところカフェまとめ

ひとところカフェは、ランチの内容もお店の雰囲気も、どちらも好みでした。

  • 恋人・友達同士でもおしゃべりに夢中になって長居できる
  • 1人でもくつろげる
  • 自分の体を労わる優しいランチが食べられる
  • 色んな味覚や食感を味わえて”食事すること”を楽しめる

休日はランチタイムもカフェタイムも、いつも人がいっぱいです。多少は待つ覚悟をしていきましょう。

《近くの観光スポット》
神戸南京町の地図や口コミを見る【楽天たびノート】

神戸
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント