【鎌倉】古民家で花畑みたいなスパイスカレー|旧ヤム邸

横浜・湘南

鎌倉の長谷にある旧ヤム邸にてスパイスカレーを堪能してきたので、感想レポまとめました。
アクセス、メニュー、お店の雰囲気も画像付きでご紹介します。
鎌倉の旧ヤム邸に行かれる方は参考にどうぞ。

スパイスカレーにハマって食べ歩いているkasumiです♪
今回は古民家×スパイスカレーという、古都鎌倉らしい雰囲気も味わえる店内でスパイスカレーを楽しめました。

注文を受けてから、一つずつ作り上げるため、少々時間がかかることもありますが、少し待ち時間があっても食べたくなる美味しいカレーなのです。

スポンサーリンク

旧ヤム邸かまくら荘とは?

お店の正式名称は「旧ヤム邸かまくら荘」です。

大阪に店舗を構えるスパイスカレーの名店「旧ヤム邸」、こちらの鎌倉店舗として2021年7月にオープンしています。

オリジナルのスパイスと鎌倉野菜を使用した創作和風カレーは珍しく、ちょっと変わり種を食べてみたい人は好奇心をくすぐられるメニューです。もちろん味も◎

店内は、アンティークの調度品が並ぶ暖炉の間や、日当たりの良いテーブル席、アトリエのような2階席など、様々です。

何度も通って、どの席も制覇してみたい。

長谷|旧ヤム邸へのアクセス

旧ヤム亭かまくら荘へのアクセスは、江ノ電「長谷駅」から歩いて3分と便利です。
観光で大仏を見たついでに立ち寄れる便利な場所にあります。
同じ通りの並びにも雰囲気のある古民家のカフェやお店が点在するので、寄り道しつつ散策ができます。

住所:神奈川県鎌倉市長谷1丁目14−18
電話;0467-22-0526
休み:火・水曜・他不定休あり
営業時間:[月〜金]11時〜14時半(L.O.)17~19時半(L.O.)
[土日祝]11時〜19時半(L.O.)
14時半〜17時の間は“カレーおやすみ時間“

旧ヤム邸のスパイスカレー

旧ヤム邸のスパイスカレーは、オリジナルブレンドのスパイスを使った薬膳カレーです。

彩りと盛り付けを目で楽しみ、おかずを混ぜて食感の違いを楽しみ、スパイスは風味や香りを楽しめる・・・まさに五感をフルに使って味わうカレーと言えます。

特に盛り付けの美しさは芸術ものですね。器の派手さに上手く馴染む彩り豊かなカレーは、見た時のテンションを上げてくれます。これぞ眼福。

使われている器は沖縄の「やちむん」でしょうか?
沖縄に住んでいた時によく目にした模様と質感で懐かしく感じました。
カレーの彩りに負けない存在感ながら、少しだけ彩度を落とした色合いで上手く食事を引き立てています。

ちょっとしたお盆の上の芸術を目で楽しんだら、いよいよスプーン片手に食べすすめましょう。
カレーの食べ方にルールなどありません。・・・が、旧ヤム邸のスパイスカレーがもっと美味しく楽しくなる“おすすめの食べ方“があります。

【旧ヤム邸スパイスカレーの楽しみ方】
①好きな方向からおかずごと食べ進める
②別皿のとろろ、アカモクを混ぜて食べる
③そばちょこカレーも混ぜて食べる
④お皿の上の全ての具材とご飯を一緒に食べる

初めは少しずつ味を変えながら好きなおかずとご飯を食べて、徐々におかずやカレーを足して、最後に全混ぜして味わうのですね。

お店の説明がきには「最後(フィナーレ)はすべての具材とご飯が渾然一体となり、まさにスパイスの宇宙(スペース)へ・・・」と、芸術家のようなコメント書きがありました。

個人的にこの食べ方好きですねー。

テーブルに説明書きが用意されているので、テーブルに着いたらそれを参考にしましょう。

市販のルゥを使ったカレーで言うと、辛さは「中辛」くらいでしょうか。私はちょうど良かったのですが、隣のテーブルの女性は「辛い」と途中でギブアップしていました。

まろやかな口あたりの「日本カレー」に比べると、ややスパイスの辛味が強いので、辛いものが苦手な人は注意してください。

飲み物は辛味を和らげるラッシーがおすすめです。

鎌倉・旧ヤム邸のメニュー

旧ヤム邸かまくら荘のメニューを参考までにご紹介します。

メニューはシンプルに月替わり・週替わりのカレーのみ。好きなカレーとご飯、トッピングを好みで選び、自分好みにカスタマイズして注文します。

カレーはそばちょこにカレーが入った「今月のそばちょこカレー」と2種類の週替わりのカレーからチョイス。そばちょこのカレーはスープのようにサラリとしたカレーです。

シンプルに1種類のみでもいいですけれど、風変わりで興味をそそるカレーばかりなので、個人的には2種類のあいがけや欲張りに全のせを注文したくなります。

ご飯も「もっちりした白米」か「玄米」、「バスマティライス」から好みを選べます。より本格的なカレーを味わいたいなら、バスマティライスで!

どんなカレーがある?

旧ヤム邸かまくら荘のスパイスカレーが興味を惹くのは、写真映えする彩りと盛り付けだけではありません。

およそ“一般的な“カレーのメニューにはない、具材の組み合わせ。「え?どんな味がするんだろう?」と、メニュー名だけで複雑な味の想像をかき立てられ、つい試してみたくなってしまうのです。

そんなスパイスカレーのメニューをずらりと載せてみました。

メニューを読みながら味の想像をしてみて♪

キャラウェイ香る青のりとゴマのカンキツ鶏キーマ
インカの目覚めと煮込むスパイシー牛豚キーマ
豆苗を使った和風明太子鶏キーマ
ピーマンの旨味と苦味といかしたスパイシー牛豚キーマ
味噌ココナッツチキンカレー
根菜と煮込む明太マヨ鶏キーマスパイスニラポテのせ
ほうれん草とダルのスパイシーポークキーマブロッコリーと金柑のココナッツ炒め添え
さらっとトマトチキンカリー
あさり出汁で作るひじきと豆腐のヨギーな鶏キーマ
ジャガとコンニャクのスパイシー牛豚キーマ
ココナッツとナスのチキンカリー
キャベツと煮込むミルクチキンカリー
あおさと人参の甘酒鶏キーマ
黒大根とソーセージのビンダルーポークキーマ
ソーセージと青のりで作る黒酢和風鶏キーマ
ひよこ豆入り赤味噌と小豆のスパイシーポークキーマ
胡麻と根菜のスパイシー山椒ポークキーマ
とうもろこしとバターナッツのチキンカレー
粗挽き空堀和風鶏キーマ
ゴーヤとすり胡麻のスパイシー牛豚キーマ

 

【ドリンクメニュー】
ビール
山椒ハイボール
深煎りコーヒー
旧ヤムマサラチャイ
旧ヤムカルダモンチャイ
ラッシー
マンゴーラッシー
桃ラッシー
辛口ジンジャーエール
ノンアルコールビール

カレーにセットのドリンクは、ラッシー・チャイ・コーヒーの中から選べます。

子供用のカレーもあるのでお子様連れでも行きやすいですよ。

鎌倉の旧ヤム邸まとめ

スパイスカレーブームで、あちこちにこだわりのカレー屋さんが増えてきましたね。

盛り付けや彩りなど、見た目にもこだわったスパイスカレーがたくさん登場していますが、旧ヤム邸のカレーは別格でした。

まさに皿の上の芸術。

古民家でいただく、というのも雰囲気相まって美味しさに拍車をかけているのかもしれません。

古民家×スパイスカレーを味わいに、ぜひ旧ヤム邸かまくら荘へ。

横浜・湘南
スポンサーリンク
この記事を書いた人
kasumi0

美容部員→健康アドバイザーを経て好きな場所に住む旅生活・ノマドワークスタイルへ。他ウェブサイト多数運営中。

kasumi0をフォローする
kasumi0をフォローする
TRAVEL DAYS

コメント